Entries

Z750D1にウオタニSP-2(Ver.FM)を装着セッティング


相模原市にお住まいのSさんは、長年にわたってZ750D1を愛車としています。
もう、手垢が染みついて体に馴染み切っている愛車ですので、すっかり仕様も決まって幾星霜・・・
しかし、ファクトリーまめしばにおいでいただくようになって以来、マシンの進化は急速に再加速してしまいました。
CR-Mキャブレターの投入に始まり、フロントアクスルキットなども装着させていただきました。
つまり、ファクトリーまめしばの各種パーツの効果に確信を持っていただくに至っているということです。

PA071265.jpg







そして先日、MSAの投入についてご相談くださったのですが、それは却下させていただきました。
なぜなら・・・
現状の点火系は、ダイナSなのです。
このダイナSという点火システムは、安価で装着も容易なせいか、ZやCBなどにおいて多用されているところですが、残念ながら、全くお勧めできないものです。
ポイント式と比較した場合、唯一のメリットは、ギャップ調整などのメンテナンスが不要になるという一点のみ、その他に良いところはひとつもありません。
まず、肝心の点火能力については、ポイント式となんら変わることはありません。
つまり、チューニングパーツ足りえないということです。
そして、大きな問題点は、通電時間制御が全く行われておらず、イグニッションオン時に2個の点火コイルには、常時バッテリーからの電流が流れっぱなしという点にあります。
これによって、運転中の消費電力は、アベレージで7Aにも達しますので、とんでもない電気食いです。
ただでさえも発電能力や充電能力が不足がちな旧車においては、たとえば、夜間にヘッドライトを点灯して走らせていると、充電されずにバッテリー上がりを起こしがちになります。
また、ダイナSはコイルがパンクしやすいという話を耳にしたことがあるかと思いますが、これも、この大きな電流消費によって、コイルへの負担が過大であることに起因します。
これらを総合的に勘案すれば、ノーマルのポイント式の方がはるかに良いものでしょう。

そして、MSAというのは、確かに有効なチューニングデバイスなのですが、所詮は後付けの付加物ですので、そのパフォーマンスは、基本的な点火システムの持つ能力に依存します。
つまり、チューニングの順序としては、MSAの前にウオタニSP-2ということです。

これがダイナSのピックアップ部分です。

PA071260.jpg






ウオタニSP-2は、マイクロコンピューターによるデジタル制御進角ですので、ピックアップローター&ピックアップもこのようなものに置き換わります。
ノーマルのポイント式やダイナSの場合、進角制御は機械式の遠心ガバナーによりますので、ある特定の回転数に達したときに、このガバナーが遠心力任せにパカッと開いて進角するという、いわばスイッチオンオフ的な2段階切り替え式みたいなものです。
そこでウオタニSP-2は、プログラムによって進角制御を行っていますので、どのような進角カーブも自由に描くことができますし、スロットル開度も制御ファクターに加えた3次元マップ制御なども自由自在となります。

PA071261.jpg






ウオタニSP-2を装着するにあたっては、点火プラグは必ず抵抗入りのRタイプを使い、プラグギャップを1.3mmまで拡大しなくてはなりません。
これは、SP-2の説明書にも明記されているのですが、ショップ等で装着されたものであっても、この絶対的約束事が守られていないケースが少なくないのは残念なことです。

プラグコードは、私が最も信頼するNGKパワーケーブルを使います。

PA071262.jpg

PA071263.jpg






今回の車両については、ユニットの配置場所がありませんでしたので、シート下にアルミプレートでブラケットを製作しました。
こうしておけば、次にMSAを装着するときにもここを使うことができますね。

PA071264.jpg






装着を完了後、オーナーのSさんにも確認試乗をしていただきましたが、
「もう、自分のマシンじゃないみたいな加速をするようになった・・・これまで、点火系をナメていました・・・」
と大満足をいただきました。


ご存知のとおり、私はウオタニさんに特注のスペシャルマッピング品を製作していただき、これをファクトリーまめしばオリジナルバージョンとしてデリバリーしています。
これは、ノーマルエンジンからハイコンプハイチューンドエンジンまで幅広く対応するために、全く異なる2つのカーブをプログラミングし、それをダイヤルで切り替え選択dけいるようにしています。
それによって、現在はノーマルエンジンでも、いずれ将来にエンジンチューニングなどを行った場合でも、そのまま継続使用することができます。
また、スペシャルな3次元マップもプログラミングしていますので、キャブレターにTPSを装着すれば、より現代的で緻密な点火時期コントロールを行うことができるのです。

価格は、下記のとおりです。

・Z用SP-2(Ver.FM)  79,000円
・GS/GSX用SP-2(Ver.FM) 73,000円

・NGKパワーケーブル 4本 11,200円
・装着工賃 15,000円~

在庫は常時確保していますし、装着作業については、約半日で行うことができますので、日帰り作業も可能です。
往路と復路、見た目は何一つ変わらないものの、走ってはまるで別物のように変貌した愛車をお楽しみいただけることでしょう。

PA071266.jpg






※ 10月9日から10月10日の二日間、某所に雲隠れしますので、ファクトリーまめしばは休業となります。









ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ