Entries

ブレンボラグビーをテストする~その1


これまで、自分のマシンについて、リアキャリパーにはブレンボラグビーを愛用しています。
GS1207とZ1000LTDにはすでに装着済ですし、これから製作するGS944についても同様です。

GS1207
RIMG0762.jpg

RIMG0763.jpg


Z1000LTD
P9030967.jpg


GS944
PC032714.jpg



Zなどの旧車に多用されるのは、APレーシングのCP2696ですが、私はどうもこれが好きになれません。
大きなピストン径や高いボディー剛性によって、その制動力自体は優れていますので、レーシングユースには適していると思いますが、ダストシールを持たないことや、鳴きが出やすかったり、エア抜きがやり難かったりなど、ストリートユースへの適合性としては、ちょっと嫌な点が目立ちます。
また、APレーシング製キャリパー全般の特性として、タッチがソリッドでシャープな傾向になります。これは、マスターシリンダーの選択によって、ある程度緩和することはできるものの、基本的特性に変わりはありません。
ブレーキタッチについては最終的には好き好きあるところですが、2696を装着しているマシンの多くは、ブレーキレバーに触れた瞬間にカツンと効力が立ち上がってしまうものになっているのが現実ですので、ちょっと扱いづらいと感じてしまうのです。

これまで、リアキャリパーとして使ってきたブレンボラグビーを、フロントに試してみることにしましょう。

PA061250.jpg

PA061254.jpg

PA061255.jpg






もともとこのキャリパーは、ドゥカティ750F1、モトグッツィルマン、BMWK100など、その他多くの欧州車に純正キャリパーとして使われていたものですので、ストリートユースへの適合性は万全です。

このように、しっかりとしたダストシールを装備しています。

PA061252.jpg






パッドピンも、スプリングテンションによって抑えられていますので、ブレーキ鳴きもありませんし、カタカタとパッドが踊る音もしません。

PA061256.jpg






また、多くの欧州車に純正キャリパーとして使用されてきたことで、幅広いパッドの選択肢があるのも魅力です。
ほとんどのパッドメーカーが各種のコンパウンドを用意していますし、ブレンボ純正パッドですら3種類を入手することができます。

これは、最も効きが穏やかな標準パッドです。
ジワッとした効力立ち上がりで扱いやすいものですので、リアキャリパーには最適でしょう。

PA061251.jpg





これは、ブレンボ純正の、カーボンセラミックとシンターメタルです。
カーボンセラミックは、標準パッドよりも高い制動力を得ることができると同時に、ウェット性能などにも優れていますので、フロントには良いのではないかと思います。
そして、高いミューが得られるシンターメタルでは、より高い制動力と耐フェード性能を得ることができるはずです。

PA061258.jpg

PA061259.jpg






その他にも、ベスラ、EBC、SBS、フェロード、ブレーキングなど、多くのパッドメーカーが様々なコンパウンドのものをラインナップしていますので、好みのブレーキ特性を得ることができるはずです。

取り付けに際して必要なキャリパーサポートについてですが、基本的な取り付けピッチやオフセット値はCP2696と共通なのですが、ふところの深さがちょっと異なりますので、CP2696用として製作されている社外品サポートのうちのいくつかでは、ローターと干渉してしまう場合がありますので、ヤハリラグビー専用品を製作する必要がありそうです。
その製作も含めて、実際の着手はもう少し先のことになりますが、上記の各パッドの実走テストを含めて、このブレンボラグビーの検証をやってみようと思っています。
定番となっているCP2696と並んで、好みや用途に応じた選択肢が増えるのは良いことですからね。

いずれはキット化することも視野に入れていますが、まずはテストが先です。
ちなみに、CP2696よりも幅が狭いですので、ホイールとの干渉も避けやすいですよ。






ピストン径は、CP2696の41.3mmに対して38mmとやや小径になりますので、絶対的効力としてはわずかながら劣るのかも知れませんが、ストリートユースでは十分でしょう・


ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
2位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ