Entries

試乗車のGS750を844ccハイコンプチューニングする その12~ならし運転を完了


ファクトリーまめしばの試乗車兼私の足代わりとして大活躍のGS750、エンジンにSOHCエンジニアリング製69mmピストンキットを組み付けて844ccにボアアップしたところです。
その後、Z1000LTDの組み立て作業に取り掛かってしまいましたので、ならし運転もなかなか進みませんでしたが、ようやくフルに回せるようになりしたよ。

P8280909.jpg

P9020950.jpg







ところで、時折、ならし運転についてご質問をいただくことがありますが、私なりの考えを書いてみましょう。

最も大切なのは、組み上がったエンジンに最初の火入れをした直後です。
この瞬間は、これまでに摺動したことのない金属面が、初めてこすれ合うのですから、最もアタリがきつい状態ですし、カジリなどが起こりやすい最初の機会となります。
ですので、組み上げたエンジンをかける前には、点火プラグを抜いた状態で十分にクランキングさせて各部にオイルを行きわたらせてやりましょう。
そして、エンジンを始動させた直後は、1,500~2,000rpm付近の低回転域を維持します。
このときに、スロットルをあおってエンジン回転を上下させないようにします。あくまでも、低回転域の一定回転数を維持するようにするのです。
走り出してからも、なるべくゆっくりとしたスロットルワークに心掛けて、最初の100kmほどまでは3,000rpmを上限とします。
その後、200~300kmほどまでの間は、4,000~5,000rpmあたりまで優しく回すようにしましょう。

私はこれまでに様々な自分のマシンでボアアップチューニングを行い、その都度にわたって自分自身でならし運転をしてきましたが、その経験則からわかったことがあります。
エンジンを組んでから200~300kmほどを走行すると、同じ条件下での油温が10度ほども下がったりします。これは、高速道路などを使って一気にならし運転を行ったりすればわかりやすいと思いますが、明らかに油温が低下し、エンジンも如実にスムーズ感を増したりするものです。
つまり、それがアタリが付くということです。
最初は、各部の摺動面におけるアタリがきつい傾向にありますので、どうしても熱を持ちやすくなるのでしょう。それが、200~300kmほども走ると初期の馴染みが急速に進み、抵抗が低減して発熱量が少なくなるのです。
ですので、この200~300kmほどの間が最も重要ということになりますね。

たとえば、新しくなった部品がピストン&シリンダーやヘッド周りだけというのであれば、500kmもやれば十分でしょう。
ただ、ミッションギアなどまで新しくしたような場合は、もうちょっとやった方が良いかも知れませんね。
車種にもよりますが、ミッションの馴染みが落ち着いてシフトタッチなどが本来の状態になるのは、数千kmほどを走行したのちになると思いますので、それまでの間は、丁寧なシフト操作に心掛けると良いでしょう。
それをしなかったからといって、壊れてしまうなどということはありませんが、大切な愛車ですので、可能な限り良い馴染みアタリを付けてやり、その後、長期間にわたって良好な状態を維持したいものです。


さて、500kmほどを走行し、ピストン&シリンダーの馴染みは相応に進みました。
無負荷のレーシングですが、これまでとは格段にシャープでパワフルな吹けをしてくれるようになりました。







このエンジン、下記の記事をお読みいただければおわかりのとおり、ポート段付き修正など以外には、特段のチューニングらしきことは行っていません。
ただ、セオリーに従って、きちんと組んだだけのライトチューニングエンジンです。
ただ、点火系やキャブレター、そして排気系のセッティングは緻密な煮詰めを行っていますので、それによる寄与度は多大です。
つまり、組み立て後のセッティングが大切ということです。


GS750を844ccにハイコンプチューニングする




ところでこのエンジン、そこそこに回して走れるようになって気づいたのですが、ストリートユースとしては、実に絶妙な落としどころであるような気がしてきました。
1000ccクラスマシンをちょっとチューニングしたりすると、通常の街中ではおいそれと開けられない状態になります。太いトルクに乗って、どこから開けてもズイッと加速してくれるのはいいのですが、大きくスロットルを開けるという楽しみはなくなってしまったりもするのです。
そこへ、この844ccハイコンプエンジンは、程よいトルク感と軽くシャープな回転上昇感のバランスが、街乗りにはぴったりです。
1000ccクラスよりも一回り小さくて軽い車体と過不足のない元気なエンジンの組み合わせは、ちょっと近所を乗るだけで楽しいと思わせてくれます。

このGS844については、引き続き試乗車として運用しますので、関心のある方は、どうぞお申し出になってください。
40年前の空冷2バルブ4気筒マシンとは思えないフィーリングですよ。

そして、マシン全体からは、古き良き時代感と現代の洗練感が同居した、得も言われぬ不思議な感覚を味わうことができるに違いありません。
もしかすると、それは、ZやGSなどに乗る貴方にとっては、ちょっとショッキングなものかも知れませんね。
そしてそれが、ファクトリーまめしばの仕上げる方向性ということです。






ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ