Entries

試乗車のGS750を844ccハイコンプチューニングする その5~ノーマルエンジンの腰上分解とピストン組み付け


GS844のシリンダー&シリンダーヘッド、エアーペイントタカノさんによる塗装作業も完了した様子にて、明後日あたりには届く予定となっています。
これが届き次第に、すぐに組み立て作業ができるように準備を整えておきましょう。

まずは、現状のノーマルエンジンの腰上を分解します。
キャブレター、マフラー、オイルクーラー等を取り外します。

P8210789.jpg





次に、シリンダーヘッドカバーを取り外します。
カムシャフトにカジリや異常な摩耗などは見られません。

P8210791.jpg






シリンダーヘッドを取り外します。
ピストンヘッドにも全く問題はありません。

P8210792.jpg






シリンダーを取り外します。
まだ組んでから、約2年で16,000kmほどの走行ですので、各部の固着などもなく、スムーズに分解作業をすることができました。
また、事前にシリンダー周りを念入りにエアブローなどしておきましたので、クランクケース内に砂粒などが落ちることもありませんでした。
腰上のみのOH作業などでは、この点は重要なこととなります。もし、スタッド周りに多量の砂粒などが付着していて、シリンダーを抜いた途端にクランクケース内にパラパラと落ち込んでしまえば、エンジンを降ろして腰下まで分解洗浄するしかありません。

P8210797.jpg






ピストンを外し、クランクケースアッパーデッキのガスケット剥がしを行います。
このとき、クランクケース内にガスケットの削りカスなどが入らないように、ウェスをみっちり詰め込んで蓋をします。
こういう、緻密な段取り作業が大切なのです。

P8220799.jpg






さて、SOHCエンジニアリング製69mmピストンの組み付け作業まで進めておきましょう。
まず、ピストンピンをコンロッド小端部に挿入し、嵌め合いを確認します。
オイル管理などが悪い場合、コンロッド小端部が摩耗していることがありますので、これも重要なチェック項目です。
もちろん問題などありませんでした。
DLC処理を行ったピストンピンは、実にしっくりとスムーズに抜き差しできます。

P8220802.jpg






コンロッド小端部とピストンのピン穴にオイルを差します。

P8220803.jpg

P8220804.jpg





ピストンピンサークリップをこじ入れる際にピストンとスタッドボルトが当たってしまいますので、傷付けないように、スタッドボルトにビニールホースを通して養生します。
加えて、ベースガスケット、ダウエルピン、Oリングなどについては、この時点で入れておきましょう。
苦労してシリンダーを入れた後にこれらの入れ忘れに気づいても、時すでに遅し・・・

P8220800.jpg






ピストンピンサークリップを確実に嵌めます。
ちなみに、SOHCエンジニアリング製ピストンキットは、このサークリップも太くてテンションの硬いものが使われています。
その他の社外品ピストンキットでは、このサークリップのトラブルでエンジンブローなどというケースも散見されますので、注意が必要です。

P8220805.jpg






ピストンの装着までを完了しました。

P8220806.jpg






あとは、異物などが入らないようにウェスで覆って養生しておきましょう。
シリンダー&シンダーヘッドが高野さんから届いたら、一気に組み立てを進めましょうね。

P8220808.jpg











ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ