Entries

強制開閉式キャブレターに使ってはいけないスロットルパイプ


オートバイという乗り物は、スロットルワークによってリアタイヤのトラクションをコントロールすることで操るものです。
そのためには、スロットルのオンオフとエンジンが生じる駆動力の増減を、いかにリニアにシンクロさせるかが重要なこととなります。
わずかに開けることによってドライブチェーンの上側を張り、そこから、あたかも右手で路面を掴んでいるかのごとくトラクションをかけていく、そして、ここでわずかに抜きたいという場合、右手を微細に絞ってトラクションを緩めて抜くのです。
これは、ライダーならば誰しもが行っていることでしょう。
そこで、このリニアリティーを担保するものは、適切なキャブセッティングが重要になるのは当然のことですが、それと併せて、スロットルパイプからキャブレターリンケージまでの操作伝達系のフリクションを可能な限り排除することも重要です。
加えて、スロットルパイプとキャブレターリンケージのレシオの設定も、このコントロール性をセッティングする上において欠かせない要素となりますが、これは、スロットルパイプの巻き取り径を変更することでセッティングすることができます。

これらのことは、過去にも記事に書いてきたことですが、もうひとつ、まだ書いていなかったことがあります。

スロットルパイプには、強制開閉式キャブレターに使うべきではないものがあります。
強制開閉式キャブレターというものは、開ける方向だけではなく、閉じる方向も右手でコントロールするべきです。
どういうことなのか・・・

当たり前のことですが、スロットルを開ける方向は、キャブレターリターンスプリングの反力に逆らって右手でひねって開けますね。
しかし、閉じる方向について、キャブレターリターンスプリングの反力任せにするべきではありません。
戻し側スロットルワイヤーを使って、右手で任意の開度に積極的に戻すべきなのです。
これは、意識して行うことで、シフトフィーリングすら良くなることを知るべきです。
負圧キャブレターやインジェクションの場合は、バタフライバルブを使っていますが、これは、開閉する際のフリクションが極めて少ないですので、リターンスプリング任せに無意識に戻してもさほどの問題は起こりません。また、TMRやFCRのように、スロットルバルブがベアリングによってフローティング支持されているものも、まあまあルーズでも良いかも知れません。
しかし、CRやVMのように、スロットルバルブがキャブレターボディーと直接摺動しているキャブレターの場合、リターンスプリングのレートを相当に上げない限りは、戻す方向も戻し側スロットルワイヤーを使って戻してやらない限り、本来のコントロールは難しくなります。

これは、ホンダ純正品に良くあるタイプのスロットルパイプですが、戻し側ワイヤーのタイコを取り付ける穴が長穴になっているのがわかりますね。
ホンダ以外のメーカーではあまり使われていませんが、こういうタイプは、強制開閉式に使ってはいけません。
なぜならば、この長穴の分だけ、右手で戻す操作と戻し側スロットルワイヤーの動きにラグが生じるからです。
それが、どれほどにトラクションコントロール性を阻害するのか、ほとんどの人は認識していないに違いありません。

P8190760.jpg






これは、社外品の汎用スロットルキットなどに良く使われているタイプですが、レースユースや強制開閉式キャブレターでの使用も考慮されたこれら製品は、長穴になどなっていませんね。
しかし、汎用性を高めるために、扇状になっている幅が広く取られていますので、これをノーマルスロットルホルダーに組み合わせることができない場合も少なくありません。

P8190761.jpg





しかし、探せばあるものです。

P8190753.jpg






これは、カワサキ純正部品ですが、巻き取り径は32mmです。
CRキャブレターをストリートで使うには、最も適した巻き取り径となります。
また、Z系各マシンの純正スロットルパイプは重くて滑りも渋い鉄製ですが、樹脂製のこれに交換するだけで相当にフリクションを低減することができます。
部品番号:46019-1077

P8190754.jpg






これもカワサキ純正部品ですが、巻き取り径は36mmです。
32mmよりも、もうちょっとハイスロットルレシオにしたいのであれば、これを使うと良いでしょう。
部品番号:46019-0060

P8190759.jpg






どちらも1000円ちょっとの安価な部品ですが、これによって得られるコントロール性は、長穴タイプでは絶対に得られないものなのです。
なあに、そんなに難しく考えるようなことではありません。
右手に込めた意思を、より確実にキャブレターリンケージに伝達する方が良いに決まっているという、ごくシンプルな話に過ぎません。












ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ