Entries

Z1000LTDの初期化&ライトチューニング その67~フレーム補強を完了


先日、Z1000LTDのフレーム補強をすることについて記事を書きました。

Zフレームの考察と他車との比較

その後、数人の方から、
「やはりZはフレーム補強をした方が良いのでしょうか」
といった旨のお問い合わせをいただきましたが、それは、乗り手がどういうマシンにしたいのか、それをどのように使いたいのかによって決せられることです。
私は、一般論として、Zにはフレーム補強が必要だという話を展開するつもりはありませんし、全てのZに必要だとも考えていません。
また、今回私が行った補強レベルで、基本的な性格や味わいまで変わってしまう、まるで別物のようになるなどということもないはずです。
なにせ、GSやカタナ、若しくはZ1000Jのノーマルフレームレベルにするという程度に過ぎないのですからね。

さて、ファナティックハートの安藤さんによって行われていた補強作業が完了しましたので、その仕上がりについてご紹介しましょう。

また、これから塗装に出さなくてはなりませんが、その下処理として、各部のスムージング作業も行いました。
量産フレームの溶接ビードは、お世辞にもきれいとは言えませんので、それをきれいにならすことで、塗装後の仕上がりクォリティーを格段に向上させることができるのです。

P8090657.jpg

P8090675.jpg






ヘッドパイプ下側をしっかりと支えつつ、ダウンチューブの剛性を稼ぐためには、ここにパイプを追加するのが効果的です。ブレーキング時などでは、縦剛性の向上を実感できるはずです。

P8090658.jpg

P8090665.jpg






ノーマルのヘッドパイプ下ガゼットは不要になるので切除します。これによって、シリンダーヘッドへの風通しを良くする効果も得られます。
そして、ここにはオイルクーラー用の取り付けブラケットを製作してもらいました。

P8090667.jpg






ヘッパイプ上とトップチューブには、バーリングしたガゼットを追加します。
そして、サイドレールとの間には、パイプを追加して補強します。
これによって、フレーム上側のねじり剛性を向上させることができます。

P8090660.jpg






ダウンチューブを左右連結するようにパイプを追加します。
これも、ねじり剛性を向上させるためには有効なものです。

P8090663.jpg






トップチューブとサイドレールの腰部分にもガゼットを追加します。これも、フレーム上側のねじり剛性向上に効きます。

P8090661.jpg






ここもセオリーと言える場所です。
駆動力を受けるピボット周りの剛性向上は、加速時の車体安定性を向上させてくれます。

P8090662.jpg






同じく、ピボット上も左右にパイプを追加します。
ここもセオリーですね。

P8090664.jpg






GS1000ノーマルをベースにしたスイングアームは、Z用よりもはるかに内幅がありますので、160サイズのタイヤまで許容します。
ただ、ちょっとクリアランスがギリギリになりますので、マージンを確保してやることとしましたが、補強パッチをわずかに削るだけで、メインパイプはそのままです。
Zのノーマルスイングアームの場合、メインパイプを大きく切り込むように逃げを作らなくてはならないのですが、そうすると、ちょっと剛性低下が心配になりますね。

P8090666.jpg






タイヤをあてがってみましたが、これで十分なマージンを確保できました。

P8090670.jpg








ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ