Entries

Z1R-1のフロントホイールを19インチに換装する


その流麗なカフェレーサースタイルで一世を風靡したZ1R-1ですが、その反面、安定性に欠けるハンドリングは、ヨーロッパではクレームリコールものの不評を買ったりもしました。
まあ、メーカーが作ったカスタムマシンですので、きちんとしたハンドリングに煮詰めるという部分においては、ちょっと問題があったということなのでしょう。

キャスター角が立ったZフレームのディメンションはそのままに、フロントホイールを18インチにインチダウンしつつもステムオフセットは60mmのまま、おまけにフロント周りにはハーフカウルや豪華なメーターパネルなどの重量物が載り、それらの結果は盛大な切れ込み感や高速でのウォブルが止まらないなどのデンジャラス操縦性という代償を負うこととなったのです。
このことは、さすがのカワサキも問題と捉えたようで、マイナーチェンジされたZ1R-2では、フロントホイールを19インチにしつつ、ステムオフセットも50mmへと変更し、安定成分を増加させることとなりました。
つまるところ、Z1R-1は、きちんと走らせるためのマシンバランスという点においては、完全なる失敗作だったということです。

しかし、こんなことは、現在におけるZ1R-1の価値をいささかも失わせるものではありません。
他に類を見ないほどの流麗なZというだけで、その魅力は輝きを失ったりはしない・・・

近隣の座間市に在住するAさんは、実に美しいZ1R-1を愛車としていますが、今回、そのフロントホイールを19インチにしてみたいというリクエストをいただきました。
私自身も関心がありましたし、私のZ1000LTDから取り外した19インチホイールもありましたので、それを装着して実験してみることとしたのです。
結果は、ある意味ではやる前からわかっています。
ステムオフセットはそのままと言え、フロントホイールを大径化することで、フロント周りの復元力は増加し、それは安定性の向上という効果を生むに決まっているのです。

マフラー以外は完全フルノーマル、グッドコンディションのZ1R-1です。

P7250509.jpg






この状態でテストランしてみました。
車体周りは素晴らしい整備状態で、大きな問題はありません。
しかし、街中を流しているだけでも、フロント周りが常にキョトキョトとどちらかに行きたがるという不安定さを否定することはできません。
裏山テストコースのワインディングも走ってみましたが、思いっきり腰を後ろにずらして、タンデムシート上に乗るくらいの後ろ荷重を求められますし、下りコーナーでハードにブレーキをかけると、そのままインに切れ込んでフロントから持って行かれてしまいそうなフィーリングです。
これがZ1R-1のハンドリング・・・
とてもではありませんが、乗りたいとは思わないレベルなのです。

さて、基本的に無加工ボルトオンですので、交換作業自体は容易です。
これでフロント19インチになりました。

P7270518.jpg






フロントフェンダーとのクリアランスも大丈夫ですね。

P7270519.jpg






ついでにフロントフォークのオーバーホールもしましょう。
油面は、左右で大きく異なっていました。
素性の知れない旧車では珍しいことではありませんので、入手したらチェックするべき事項です。

P7270511.jpg






フォークオイルは、まるでコールタールのように真っ黒でドロドロの状態でしたので、内部の洗浄も行ってリフレッシュさせました。
これは、チューニング云々以前の初期化基本整備です。

P7270512.jpg






さて、これからテストランに出かけましょう。

P7270520.jpg

P7270522.jpg






峠道から街中、そして高速道路までの幅広いシチュエーションで様々な走り方をしながら、幾度かの前後サスリセットをしながら微調整をしました。
結果は、目論見どおりです。
ステムオフセットはそのままとはいえ、Z1R-1のネガティブ要素である安定性不足は相当なレベルで改善しました。
これなら、私も乗る気になるというものです。
あとは、ノーマルキャブレターと点火系がやや怪しい感じですので、ここはCR-M33&SP-2(Ver.FM)を投入したいところですね。
きっと、その変貌振りには、Aさんも腰を抜かすほど驚くこと請け合いです。
そして、今回のフロント19インチ化による車体安定性向上は、パワー&レスポンスアップしたエンジンをしっかりと受け止めてくれるはずです。








ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ