Entries

能登半島の輪島にて、マダイのフカセ釣りをしてきました


今年の連休の弾丸ツーリングでは、能登半島輪島にある漁師の宿「城兼」にお世話になりました。ここを経営しているのは、漁師でもあるZ1R乗りの生臭坊主さんなのですが、その際、「良いところを案内しますので、今度は釣りに来てくださいよ。」などとお誘いをいただきましたので、先日の20日から21日にかけて、ご意見番tsuruさんとともに行って参りました。
なにせ、生臭坊主さんを含めて、本職の漁師さんが手取り足取りサポートして釣らせてくれるというのですから、釣りに関しては素人同然の私たちでもなんとかなるのではないか・・・という淡い期待を込め、片道600kmの道のりを走破したのです。
まあ、楽しそうなことには貪欲ですからね。

20日の午前中に出発し、中央高速を経由して松本IC、安房峠を超えて東海北陸道から能登半島へと赴いたのです。
その日は、生臭坊主さんの漁師料理を堪能しながら旨い酒とコアなバイク談義で盛り上がり、温泉にひたって翌日早朝に備えて英気を養いました。

さて、生臭坊主さんの漁師仲間の方が出してくださった漁船に乗って、いざ出発です。
このお二方が、私とtsuruさんにつきっきりでサポートしてくれます。
まさに、大名釣行・・・贅沢な遊びです。

P6210298.jpg






輪島港から出航し、これから秘蔵のポイントへと意気揚々と向かいます。
さて、どんな結果を得られるものか・・・

P6210299.jpg






生臭坊主さんも、これからの仕事に備えて腹ごしらえ・・・

P6210300.jpg







さて、ポイントへと到着し、いかりを下ろしますが、これの選定にあたっては、魚群探知機での魚影や潮の流れ、そして風の強さや風向きなど、様々な要素を考慮した上で、最終的にはカンと経験に基づくものなんだそうです。
その様子についても、細かく説明していただき、改めて本職漁師の凄さを実感することができました。
これまたプライスレスの興奮モノ・・・
本職の仕事ぶりを解説付きで目の当たりにすることなんて、そうそう体験できることではありません。

P6210301.jpg






さて、ワークスライダーなみのフルサポート状態で開始です。

P6210303.jpg






言われたとおり、教えられたとおりにやったら、あらら、ちょっと小ぶりながらもいきなりマダイが釣れてしまいました。

P6210306.jpg







その後は、2~3キロクラスのマダイを中心に、ほぼ入れ食い状態・・・
タイって、こんなに簡単に釣れるものなの???

潮流に任せて仕掛けを流していると、いきなりひったくるように道糸が走り、間髪を入れずにガツンと合わせた直後に、ガンガンガンッと強烈な手ごたえが・・・
しばし格闘のあとに上がってきたのは、実に美しくもでっかいマダイでした。

P6210308.jpg






アタリはほどほどに、「これは2キロクラスかな・・・」なんてにわか仕込みでも判断できるほどに数を釣ったころです。
これも2キロクラスの手ごたえだななどと思いながら巻き上げて行く途中、いきなりターボブーストがかかったかのごとくドラグをきしませながら道糸が走りました。
釣竿を握っている左手がジンジンしびれて力が入らなくなり始めたころに、上がってきたのは、見事なマダイと精悍なハマチ・・・ターボブーストの犯人は、途中から食付いてきたコイツだったのです。
いやいや、エキサイティングで楽しい・・・

P6210314.jpg






さて、だいぶたくさん釣ったし、アタリもちょっと遠のいたなどと思っていたところへ、またまたとんでもない勢いで道糸が持って行かれ、そのまま竿先が水面に突き刺さるように引っ張り込まれたのです。
これは今までのヤツとはけた違いだ・・・
いくらリールを巻いても、ドラグが滑って出て行く量の方が多い・・・
必死でしたので、途中のことはあまり良く覚えていません。
やっとの思いで引き上げたのは、見事なブリでした。
こいつのパワーはとんでもないものでしたよ・・・いやはやびっくりしました。

P6210319.jpg







たっぷりと堪能した結果、こんなにたくさんの魚をゲットしました。
まさに大漁!!

P6210321.jpg







最後は、城兼の前で記念撮影
生臭坊主さん、そしてお仲間の漁師さん、本当にありがとうございました。
大した釣り経験もない私たちですので、まさかこんな釣果を上げられるなんて、夢にも思っていませんでした。
楽しかった・・・

P6210322.jpg





生臭坊主さん、今度は、Z1Rで小田原に来てくださいね。
伊豆、箱根、富士の界隈を、イヤというほどご案内いたします。







カワサキZ系用のカシマコート済アルミ製キャリパーピストンのご予約を受け付けしております。
ノーマルキャリパーにこだわりつつもブレーキパフォーマンスを追求したいというマニアックな逸品となります。
予約の詳細内容については、こちらをご覧ください。

Z系用アルミキャリパーピストンの予約受付について




CR-Mキャブレターの導入をご検討の場合は、ファクトリーまめしば宛にメールにて見積もり請求をください。詳細なお見積りを作成させていただきます。
その後の流れは下記のとおりです。

ご注文確定~CR-Mキャブレターの製作~装着作業日程の摺合せ~午前中にご来店~当日中に作業完了~帰路は楽しくシェイクダウン&ツーリング

なお、日帰りが困難な遠方の場合、ファクトリーまめしば3階宿泊所のご利用も可能です。
この場合、夜のお食事&乾杯メニューが付録で付いてきますし、同行のご家族やご友人同伴も可能です。
折り合いが良ければ、翌日には近隣の富士&箱根界隈をご案内差し上げましょう。

こんなの、ヨソでは聞いたことないでしょ・・・





ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
2位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ