Entries

GS750のキャリパーピストンをアルミ製に交換~キャリパーピストンの慣性力を低減するとどうなるのか


現時点において、私は、GS1000、GS750、Z1000LTDという3台のマシンを自分が乗るためのものとして所有して運用中です。
これらは、私自身が乗って楽しむためのものであると同時に、各種の実験やテストの用に供しています。
現在の私は、「ファクトリーまめしば」という、部品開発及び販売を主たる仕事としていますが、それは単なるひとつの結果に過ぎず、私の本当の関心ごとは、どうしたら気持ち良く走れるオートバイを造ることができるかという目的に向かって、様々なアイデアを考案し、それを実験するということにあります。
販売することになる商品もまた、その結果のひとつに過ぎないというところです。

先日、コアなGS750乗りである加工屋さんの高井さんが、GS750のノーマルキャリパー用アルミピストンを試作しましたので、早速試してみることにしました。
こんな、GS750のノーマルキャリパー用ピストンなんて、需要量からすれば商品として成立するかどうか、はなはだ疑問を抱かざるを得ないものですが、そんなことはどうでもいいのです。
ただ、作って実験してみたいというだけのことです。
ブレーキキャリパーピストンを重い鉄製から軽量なアルミ製に置換すると、どういう効果が得られるのか、それが知りたいだけ・・・

GS750のノーマルキャリパーはこんなものです。
これは、GSX1100Sのキャリパーと互換性があるのですが、実は、GS750のノーマルキャリパーの方が、はるかに能力が高いというのはほとんど知られていない事実です。
現に、このキャリパーをGSX1100S用と交換してみたことがあります。
もちろん、後継機種、それもはるかに排気量も大きな車両のキャリパーですので、能力向上を企図しての交換だったのですが、期待は見事に裏切られてしまいました。
タッチ、剛性感、制動力、そのいずれをとっても、GS750用の方がはるかに優れています。余談ですが、ブレーキローターも同様です。
これまたサイズ互換のあるGSX1100S用ローターは、熱歪が大きくて、とても使えたものではありません。
そういうことも、実際に試してみなくてはわからないことなのです。

P5170029.jpg





これが、高井製作所の高井さんが製作したアルミピストンです。
表面にはカシマコートをかけた上でバフ研磨しています。
当然ですが、ノーマルピストンとは比較にならない軽量ぶりです。

P5170027.jpg






これは、GS750のノーマルピストンですが、鉄製にクロームメッキ処理がされています。
カシマコートとクロームメッキの摩擦係数に大差はありませんので、これを先のアルミピストンに交換して得られるのは、軽量化による効果が主たるものになるというのが私の見立てです。

P5170030.jpg






早速ピストンを交換し、エア抜き作業を行いました。
当然ですが、パッドやローターはそのままですし、フルードも同じ銘柄を使いました。そうでなければ比較テストになりませんからね。

P5170031.jpg






さて、交換作業を完了しましたので、テスト走行に入りましょう。
組んでしまえば全く見えなくなってしまいますが、そんなことはどうでもいいことです。

P5170032.jpg







キャリパーピストンを軽量化して得られる効果といえば、多くの人は、バネ下重量の軽量化によるハンドリング向上かと思われるかも知れませんが、そんなものは微々たるものでしょう。
私が目論むのは、軽量化することでブレーキ入力に対するキャリパーピストンの動作レスポンスが高まり、それによってブレーキタッチがリニアになり、制動コントロール性が高まるのではないかということです。

マスターシリンダーによって生じたブレーキ液圧がキャリパーピストンに伝達されることによってピストンが動き出し、それがパッドをローターに押し付けることによってブレーキは作動しますが、この時、キャリパーピストンが重ければ、動き出し難く止まり難いという傾向になります。つまり、自重による慣性力がピストンの動きのリニアリティーを阻害するということです。
これが軽ければ軽いほど、その動きは慣性力の影響を受けなくなりますので、わずかな液圧の高まりにも軽く動き出し、液圧を緩めた際のキャリパーピストン自体の減速もリニアになり、それによってキャリパーシールによるロールバック量の正確性も向上するはずです。これらは全て、ブレーキタッチやコントロール性を高める方向に働くに違いありません。

まあ、机上の理論ではそういう傾向になるはずですが、それが実際のブレーキにおいて、有為差を生むほどの効果を発揮するのかどうか、これこそが実験テーマというわけです。
ブレーキメーカーはとっくにテスト検証していますし、レーシングキャリパーや近年の純正キャリパーの多くはアルミピストンを採用していますので、そんなこと今さら実験するまでもないことなどという声も聞こえて来そうですが、自らが体験するというのは重要なことです。
「なるほどやっぱりそうか」という当然の結果であっても、実体験と伝聞の間には、「0」と「1」の違いがあるものです。

結果は、予想どおり・・・
タッチ、コントロール性、制動力のいずれも向上しました。
ブレーキレバーのアジャスターノッチを1クリック戻したくなるほどの違いでしたので、これは相当な違いということです。
おまけに、これまでは頻繁なブレーキ鳴きに悩まされ、半ばあきらめてもいたところですが、これも大きく軽減しました。
そして、もともと少なかった引き摺りも、さらに減少させることができました。
さて、ここまで効果的ということがわかりましたので、次はZ1000LTD用も試してみたくなりましたね。
実験は続きます。






この、実にマニアックでほとんどニーズも期待できないスペシャルパーツ、どうしても欲しいという奇特な方がおいでなら、こちらにお問い合わせください。

http://blogs.yahoo.co.jp/igetaya2024





CR-Mキャブレターの導入をご検討の場合は、ファクトリーまめしば宛にメールにて見積もり請求をください。詳細なお見積りを作成させていただきます。
その後の流れは下記のとおりです。

ご注文確定~CR-Mキャブレターの製作~装着作業日程の摺合せ~午前中にご来店~当日中に作業完了~帰路は楽しくシェイクダウン&ツーリング

なお、日帰りが困難な遠方の場合、ファクトリーまめしば3階宿泊所のご利用も可能です。
この場合、夜のお食事&乾杯メニューが付録で付いてきますし、同行のご家族やご友人同伴も可能です。
折り合いが良ければ、翌日には近隣の富士&箱根界隈をご案内差し上げましょう。

こんなの、ヨソでは聞いたことないでしょ・・・





ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
7位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ