Entries

XJR1200用CR-M33TPS仕様をワンオフ製作


宮城県在住のSさんから、愛車であるXJR1200にCR-Mキャブレターを装着したいというご相談をいただきました。
私はこれまでにも、GPZ900Rや油冷マシンなどにも製作し、FCRやTMRでは得ることができないフィーリングパフォーマンスを実現してきました。
とにかく、柔らかく太いトルクをスムーズに得ることができますし、キャブレターに急かされることのない、開けやすい特性を実現します。
このフィーリングを知ってしまうと、TMRやFCRなどの、常に先に行きたがるキャブレターの手綱を引いていなければならないような、どこかせわしなく落ち着きのないレスポンスが鬱陶しいものとさえ感じてしまうのです。
最後は用途と好みということになるのかも知れませんが、常に掌中にあるという従順なCR-Mキャブレターは、これでなくては得られないフィーリングを持つというのは事実なのです。

さらに、Sさんと口径選択について綿密に打ち合わせを行いました。
良いと思われるのはCR-M33若しくはCR-MB35ですが、よりリニアでトルクフルかつワイドレンジな特性を求めて、あえて小径のCR-M33を選択いただきました。
そういえば、以前にイナズマ1200にCR-M33を装着しましたが、アレは実に良かった・・・

さて、XJR1200用の設定などはありませんので、ピッチ設定を含めてワンオフ製作となります。
また、TPSも装着したいということですので、これもワンオフ対応となります。
それにしても、小径のCR-M33にTPSを追加して三次元マップ点火を行えば、更なるワイドレンジ特性を得ることができますね。
私も乗ってみたいと思うくらいです。


まずは、XJR1200のキャブレターピッチに合わせるため、ドンガラ状態のボディーにて仮組みをします。
その状態にて、各ボディーのリンクレバーが適正な位置にセットできるかを確認します。

P3153683.jpg

P3153681.jpg





この時点で、TPSをワンオフ装着するため、4番のリンクレバーとボディー内壁までの幅を計測します。これにて、4番ボディーサイドの切削量を決めるのです。

P3153682.jpg






次に、4番ボディーを外した状態にて、スロットルシャフトエンドからリンクレバーまでの距離を計測します。
これで、スロットルシャフトエンドのカット量が決まります。

P3153684.jpg






スロットルシャフトを旋盤にセットし、計測によって得られた寸法にカットします。

P3153685.jpg





4番ボディーをフライス盤にて切削します。
寸法が決まれば、あとは加工するだけ・・・

P3153688.jpg






ここまでできれば、あとはいつものとおり精密に組み立てをするだけです。
各ボディーの整列を確認しますが、設定にないピッチですので、連結ステーに刻まれた合わせマークをあてにすることはできませんので、そのあたりは慎重に組み立てをしなくてはなりません。

P3153690.jpg

P3153691.jpg






並列4気筒DOHC4バルブ1200ccエンジンという前提にて、プリセットを行います。まあ、これで問題なく機能するはずです。

P3153692.jpg






TPSの装着を済ませたら、テスターを使って抵抗値にて適正レンジに合わせておきます。
これで、全閉時の出力電圧をおよそ0.8V近辺にすることができるはずです。
まあ、散々に造ってきたことによる蓄積データがあればこそできることです。

P3153694.jpg






ここまでできたら、スムーズに作動するかどうかをチェックします。
スパッと開いてパシャッと戻るのがわかりますね。








さて、組み立てを完了です。

P3153695.jpg

P3153696.jpg

P3153697.jpg

P3153698.jpg

P3153699.jpg






あとは、Sさんの手によって、マシンに仮装着をしていただき、必要なスピゴットサイズを割り出した上でワンオフ製作すれば完成となります。
特に現車を持ち込んでいただかなくても、オーナーのわずかな協力があれば、このようにしてワンオフ製作が可能となるのです。



良く、現車を見ても触ってもいないのに、どうしてセッティングできるのかなどと聞かれます。
まあ、あてずっぽうプリセットですよなどとお答えしたりもするのですが、気筒あたり排気量と気筒あたり出力、そして装着するキャブレター口径が決まれば、およそのレンジは決まってしまいます。
あとは、個々のマシンの状態やチューニング程度などを加味してアレンジするのですが、そのあたりは経験に基づく引き出しの数がモノを言うというところでしょうか。
先日も、沖縄県在住のKさんに、CR-M33を製作してお送りさせていただきましたが、私の予想プリセットのまま走行した結果が下記のとおりです。


こんばんは
先日CR-Mを購入させて頂いた沖縄県のKです。
先日取り付け作業を終了し,、昨日テストツーリングに行ってきました。
まず朝のエンジン始動のスムーズさに感動しながらスタートしたのですが、車の後ろについて40~50㌔程度で流しても全くぐずつく様子も無く、CRなのに純正のキャブより全然扱いやすい感じ!
そして走りなれた峠道ではアクセルのツキのよさに驚かされました。
ホントに扱いやすくトルクの出方がスムーズで自分の運転技術が上がったかのような感覚です。
少し長めのストレートではアクセルを開けたぶんだけ加速してくれ、気持ちいいの一言です!
今回まめしばさんのCR-Mを購入するまでにFCRなどいくつかのキャブと迷いながら最終的に購入を決めたのですが、CR-Mにして大正解でした!
素人で低レベルな質問を何度もメールさせていただいた際にも、丁寧に電話での対応などしていただき、本当にありがとうございました。今後ともブログを含めて応援していますので、引き続きお付き合いよろしくお願いします。



Kさん、こちらこそありがとうございました。
どうか、ご安全に、そしてお楽しみください。






ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ