Entries

ゼファー750にCR-M31を装着&セッティング~その1 装着編


横浜市にお住いのSさんは、界隈のゼファー乗りの親分格なのです。
ご自身の愛車であるゼファー750は好みのスタイルを実現すべくカスタムチューニングが進んだ状態なのですが、ここへきて、CRキャブレターの装着を決心しました。
選択したのは、CR-M31のブラックボディーです。
さて、これから装着経過についてご紹介することとしましょう。

P2273593.jpg






CR-M31装着にあたって、スロットルホルダーは薄型のスロットルキットを投入します。やはり、ノーマルのホルダーと比較すれば、フリクションの少なさやメンテナンス性にも優れていますので、機能を追求するためには欠かせないものです。
それに伴い、ハンドルスイッチも別体式のスマートなものに交換しますが、ここではヤマハ純正部品を使います。
そのままでは配線が異なりますので、テスターでチェックしながらカプラーの差し替え作業をする必要がありますが、面倒なだけで難しいことではありません。

P2283594.jpg






スロットルキットとハンドルスイッチの装着を完了しました。
スロットルワイヤーは、もうおなじみのファクトリーまめしばオリジナルULFスロットルワイヤーです。
すっきりと納めることはもちろんのことですが、スロットルワイヤーの取り回しも、極力スムーズな曲がりにするなど、細心の注意を払います。

P3013633.jpg

P3013634.jpg

P3013635.jpg






スロットルワイヤーの取り回しについても、車種ごとに緻密な吟味が必要ですが、ゼファー750の場合、タンク下に配置されているレギュレターを取り外し、その下にスロットルワイヤーを通すのがベストとなります。
ひと手間と工夫を怠ってはなりません。
どこをどう通せば最もスムーズになるのか、そして、障害物があるのであれば、それをどのように対処するのかを考えますが、必要であれば、ハーネスやコイルを移動することも検討します。
それくらい、スロットルワイヤーの取り回しは優先度が高いのです。

P2283595.jpg







ゼファー750にCR-Mキャブレターを装着するにあたって、私はスピゴットも専用品を製作することとしています。
シリンダーヘッドカバーやガソリンコックとの干渉を避けつつも、可能な限りキャブレター本体をエンジンに近づけるための工夫ということです。
スピゴットをキャブレター本体に装着するにあたっては、グリスを塗布してやりますが、CRキャブレターの場合、ここに液体ガスケットを塗布することは厳禁です。

P2283596.jpg






そしてこれも私の常套手段、ワイヤーブラケットも加工します。
まず、M6のメネジをドリルでさらってバカ穴にするとともに、戻り側の穴はコの字型に切削します。こうしておけば、ワイヤーの脱着性が飛躍的に高まるのです。

P2283598.jpg






さて、CR-M31を装着してみましょう。
各部のクリアランスも絶妙であるのがわかるでしょう。

P2283599.jpg

P2283600.jpg






そして、ゼファー750の場合、ガソリンコックも交換します。
よりコンパクトな自然落下式にすることでキャブレターとの干渉を回避します。

P2283605.jpg






タンクを載せて、コックとキャブレターのクリアランスを確認します。
計算済みですので、もちろんOKです。
実のところ、キャブセッティングなどよりも、こういう作業に手間暇とノウハウが必要なのです。
既存のゼファー750用よりも、さらに追い込んだベスト設定ということです。

P2283606.jpg

P2283607.jpg






加えてもうひとつ、ファンネルについては、1・4番にはショート、2・3番にはロングを使います。

P2293608.jpg

P2293609.jpg






ここまで終えたところで、スロットルの作動性を確認しましょう。
これくらいのローフリクションにしなければいけません。
軽く開いてパシャンと戻るのがわかりますね。










ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
9位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
2位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ