Entries

Z1000LTDの初期化&ライトチューニング その28~フロント周りの組み付けを完了


1台のオートバイと向き合うとき、それがGSであろうとZであろうと、いや、車種の如何にかかわらず、考えるべきことに違いはないのです。
車体周りやエンジンなどをはじめとする、全ての構成部品と基本的構造について、何ら違いはない・・・
全ては、ガソリンエンジンを積み、2つの車輪を持ったオートバイという乗り物なのです。
私は、そういう目線でオートバイと向き合っているだけ・・・

オートバイのフロント周りについて、個々の構成はそれぞれの構造がありますが、先の視点に立てば、それは全て同じなのです。
テレスコピック形式のフロント周りを構成する各部品は、どういうものであるべきなのか、そして、それを組み付けるにあたって、どういうことに配意すべきなのか・・・
さらには、ノーマルの状態からさらに合理的な構造にすることはできないのか・・・

私は、カワサキZのフロントアクスル構造に疑問を持ち、もっと剛性を稼ぐために合理的な構造、分解組立時において、正確に再現性を持った構造・・・その結果、オリジナルのフロントアクスルキットを考案して製作しました。
その構造は、私が独自に考案したものではありません。
もっと近代になって、オートバイのフロントアクスル周りがどのように進化したのかを検証することによって、その構造を模した上でZにボルトオンできるキットとして製作したに過ぎないのです。
目的は、アクスルシャフトとフロントフォークアウターの結合剛性を高めることと、フロントフォークの整列やホイールセンター調整を用意かつ正確に、さらには再現性を持たせるという点にあります。つまり、Zのアクスル周り構造は、こういう点において前時代的ということです。

ファクトリーまめしば製フロントアクスルキットを組み付けた状態です。
このキットの本質は、クロモリ鋼で製作したシャフトではなく、結合剛性を高めるための、超々ジュラルミンA7075削り出しのクランプにあります。
この構造を取ることによって、走行フィーリングは明らかな向上を得ることができるのです。Zのアクスル構造を取る限り、シャフトだけ強くしても無意味なのです。

また、段付き摩耗によって当たり面が波打つようになってしまっていたブレーキローターは、研磨によって修正しました。
絶対的な制動力はもちろんのこと、リニアなコントロール性を得るためには、ローターの摺動面は完全にフラットでなければなりません。
旧車のブレーキが、効きもさることながら、あいまいなタッチになってしまっているのは、こういうところにも大きな原因があります。
ブレーキが効かないとか、引きずりが大きくて押し引きが重いという原因も・・・

PB152524.jpg

PB152522.jpg

PB152523.jpg






基本は、左右のフロントフォークのセンターにホイールが位置し、そのホイールに装着されているディスクローターも左右均等位置にあるということです。それがあって初めて、キャリパーセンター云々となります。
何も難しい話ではないと思います。そうあるべきだなどということは、誰にでもわかることです。
ならば、それを愚直に実現するだけ・・・
実行あるのみということです。

まず、ホイールを右フロントフォークのセンターに持ってきます。

PB152518.jpg







その状態で、ディスクローターも左右均等に位置するかを確認します。

PB152517.jpg






今回、このマシンでは、左右0.1mm以下まで追い込むことができました。
書いてしまえば簡単なのですが、何も考えずにフロント周りを組み立てても、絶対にセンターには入りません。
入るように調整するのです。
その調整幅を持たせた上で、調整作業そのものを容易にしたのが私のアクスルキットということです。

これらの作業を緻密に行い、然るべき組み立てをすれば、旧車のフロントホイールもこの程度は回るようになります。
パッドも新品、まだ当たりが付いていない状態でこれですので、走って馴染めばもっと軽く回るようになります。








キャリパー取り付けボルトをはじめ、車体周りを構成する全てのボルトには、グリスで潤滑するのがセオリーです。
いくら高価な部品を多用して、見た目にはスペシャルなものになっていても、こういう基礎的なことをおろそかにしてはなりません。
技術やノウハウなどという類の難しいことではありません。作業者の意識レベルの問題です。
こういうところに配意できない組み手は、全てにおいておろそか・・・一事が万事ということです。

PB152519.jpg






フロントフェンダーの締め付けは、左右フロントフォークの平行出しをしたあとに行うのがセオリーです。その順番を誤れば、フォークはまっすぐにはなりません。

PB152520.jpg







このとき、フェンダー先端とタイヤのクリアランスは、接触マージンを取りながらも最小になるように調整します。
この隙間に走行風が入ると、操縦安定性を阻害します。
細かいことの積み重ねが重要・・・

ノーマル状態でけっこう空いているのだからそれで問題ないと考えるのも良いですが、私の基準はそこにはありません。本来どうあるべきかを考え、必要な修正をするというのが私のスタンスです。

PB152525.jpg






ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ