Entries

GPZ900RにウオタニSP-2を装着


カワサキGPZ900Rのノーマル点火系はデジタル制御のフルトランジスタ方式ですので、一般的には十分なものと考えられています。
そしてこのマシン、別段に点火系の問題を抱えているわけではありませんので、きちんと機能しています。
オーナーのお話では、CR-Mキャブレターを装着したいということだったのですが、それに先立って、ウオタニSP-2の装着をお勧めしました。
なぜなら、レーシングキャブレターのパフォーマンスをフルに発揮させるためにも、セッティングマージンを大きく取るためにも、まずは点火系に投資しておくことが有効だからです。

点火系チューニングについては、見た目に何も変わりませんので、どうしても食指が動かない傾向にあるのは否めないところですが、あらゆる意味において重要です。
たとえば、ボアアップなどのエンジンチューニング、そしてレーシングキャブレターなどは装着し、その他のドレスアップパーツなどは投入し、外見上はバリッとしたチューンドマシンになっているのに、点火系はノーマルのままなどというケースが散見されますが、それは実にもったいなくも残念な状態と言わざるを得ません。
しつこいようですが、それほどに点火系チューニングによって得られるメリットは大きいのです。
多くの人が知らないだけ・・・

さて、早速始めましょう!
タンクやサイドカバーなどを外します。

PB032449.jpg






このマシン、ノーマルエアクリーナーボックスが装着された状態では、ユニットを装着するスペースを確保するのが悩ましいですね。
メインハーネスの取り回しを少し変更して、なんとか確保することができました。

PB032450.jpg







SP-2の取扱い説明書にも明記されていますが、点火プラグは抵抗入りを使い、さらにプラグギャップを1.3mmほどに広げます。
ショップにて装着されたものですらこれをやっていないケースが少なくないのは本当に残念なことです。
抵抗なしのプラグは、デジタル制御のイグナイタユニットに対してノイズによる悪影響を及ぼす可能性があります。たとえば、カワサキZやスズキGSなどの、ノーマル点火系がポイント式のマシンについては、純正指定が抵抗なしタイプとされていますが、これはノイズ干渉のおそれがないからです。しかし、これらのマシンにデジタル制御のSP-2を装着したならば、必ず抵抗入りにする必要があるということです。
また、プラグギャップを拡大することは、まさに点火系チューニングの目的そのものです。換言すれば、プラグギャップを広く取るために点火系を強化するということです。
それくらい重要なこと・・・
ただ、イリジウムプラグの場合、広げる作業には注意が必要です。
作業工具が細い中心電極に触れてしまうと、まず100%折れます。プラグメーカーが、イリジウムプラグのギャップ調整をしないように指定している理由は、不用意なユーザーが、マイナスドライバーなどでこじるようにして作業することで中心電極を折ってしまうおそれがあるというものに過ぎません。

PB032451.jpg






プラグコードにはNGKパワーケーブルを使います。
私の知る限り、高機能性、そして耐久性や信頼性において、これに勝るものはないと断言しましょう。

PB032452.jpg

PB032453.jpg







さて完成です。
が、残念ながら、見た目はなにも変わりません。

PB032454.jpg







しかし、その効果は圧倒的です。
この違いがわからない人はいないはずです。
クラッチミートして走り出した瞬間に体感するはず・・・
そして、この日の外気温は摂氏10度、冷間始動であるにもかかわらず、チョークも引かずに一発始動し、直後のアイドリングも、わずか600rpmでビタリと安定しています。








ウオタニSP-2の装着については、点火系に関して多くの知識とノウハウをもって確実な作業を行います。
また、設定にないものも流用組み合わせによって可能になる場合もあります。
先日も、ヤマハXJ400D用をあつらえたりもしました。
そして、カワサキZ系やスズキGS/GSX系では、オリジナルマッピングのファクトリーまめしばスペシャルバージョンも用意していますので、ぜひお問い合わせください。





ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ