Entries

GS750用アラゴスタリアサスペンションの開発 その2~実走テストとセッティング経過


GS750には専用品としてのリアサスペンションが存在しません。
GSX1100S用が装着できないことはないのですが、サス長が相当に異なりますし、車重もエンジン出力も大きく異なりますので、その設定ではまともに機能してくれないのは当然のことです。
それでは専用品を作るしかないということで、新進気鋭のアラゴスタにて製作することとなったわけです。
前回の記事にて、試作品が完成した旨をご報告しましたが、その後もテスト走行とセッティング煮詰めを進めていました。
前回の記事はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-2167.html




この試作品、当然のことながら装着そのものはボルトオンです。
そのままでも格段に良い走行性能を発揮してくれていたのですが、いやいや、それで満足などできるはずもありません。
この手のハイパフォーマンスサスペンションをフルに機能させるためには、緻密なセッティングが必須・・・いや、それをしないともったいない・・・
これは、GS750専用品として商品化するつもりなのですが、私としては、ただ品物を渡して終わりということはしたくありません。
用途や乗り手のスキル、そして嗜好などを勘案した上で、よりマッチした状態でお渡ししたいと考えています。

P8261723_201510142141113b3.jpg







これがGS750のノーマルサスペンションですが、試作品の製作にあたっては、まず、このノーマル状態を把握して、それを基準にしたのは言うまでもありません。
自由長やばねレートなどについてですね。

P8311811.jpg






実走テストにあたっては、数種類のスプリングを交換しながら比較する作業を重ねました。
レートはもちろんのこと、バリアブルレートとシングルレートの形状違いを含めてのことですので、結構な作業量になります。
そして、答はひとつではありません。各スプリングの特性や味わいなどを比較することによって、どういうシチュエーションにはどんなスプリングがマッチするのかを検証することに意味があります。

P8311810.jpg







テストモードも多岐にわたります。
箱根山中のあらゆるワインディングロードを走り回りました。

PA142249.jpg






渋滞した市街地や高速道路、ゆっくり流して走ってみたり、ガンガン攻め込んだ走りをしてみたり・・・
ロングツーリングでのテストも重要です。
先日のツーリングでは、フルウェットの荒れたワインディング、ドライ路面の高速ワインディング、そして高速連続走行などなど、それも同行者はエキスパートライダー揃いですので、走行モードも相当にハードなものとなりました。

PA122246.jpg






帰宅すると、サスペンションも泥だらけ・・・でも、こういうテストをしないことには、本当に良いセットにたどり着くことなどできません。
チョイとその付近を短時間走行したり、クローズドコースのみのテストに偏向したりしても、それは偏ったものになって然るべきなのです。
良い製品とするためには、多くのユーザーに対して平均的に満足させつつ、偏ったピンポイントな指向にも対応できるだけのキャパシティーを持たせなくてはなりません。

PA122247.jpg








と、ここまではリアサスペンションのテスト経過なのですが、実はそれだけでは良いサスペンションにすることなどできません。
オートバイのサスペンションは、リアだけで機能するものではないのです。
特に、古き時代のマシンについて、リアサスペンションの機能を高めつつ、それを1台のマシンパッケージとして成立させるためには、フロントフォークの見直しも絶対的に必要になります。
正直なところ、フロントフォークが完全ノーマルのままの状態で、リアだけ現代の高機能なものに交換した場合、それはマシンバランスとしては、前後ノーマルサスの状態に劣るものとなります。
そう、せっかく大枚をはたいてリアサスペンションを交換したのに、抜けぬけのノーマルリアサスペンションの方が乗りやすくて速く走れたということになってしまいます。

今回、このGS750用アラゴスタサスペンションの開発とデリバリーにあたっては、フロントフォークのリセッティングと併せて行うこととしました。
リアサスだけポンと渡して、これが最高だよなんていうウソはつきたくないということです。フロントフォークがどういう状態なのかを知らずして、ノーマルと異なる設定のリアサスを装着してきちんと機能するかどうかなんて、絶対にわかるはずがありません。

何種類ものフォークスプリングを用意し、リアサスペンションとバランスするセッティングを模索します。
実は、今回の開発テストにおいて、最も手間暇と時間がかかったのは、このフロントフォークのリセッティング作業の方でした。
ノーマルよりもはるかに高機能高性能となったリアサスペンションに、古い設計のノーマルフロントフォークをいかにバランスさせるか・・・それを達成せずして完成はありえません。
目的は、良いリアサスペンションという部品を開発することではなく、より良く走るGS750の足回りを作るということにあるからですし、それがユーザーの望みであるはずというのが私の信念なのです。
まあ、自分のマシンであるGS750をより良くするためというのが本音ですけれどね。

PA142252.jpg

PA142250.jpg






いよいよ、良い前後設定を見つけることができましたので、デリバリーも間近です。






ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
3位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ