Entries

Z1000LTDの初期化&ライトチューニング その5~ベースマシン入手について


バイク遊びを続けて36年、その間、多数のバイクを乗り継いできましたが、そのうち、中古車として入手したものも相当台数にわたります。
その経験を通じて痛感することは、
「中古ベース車両は、フルノーマルマシンに限る」
ということです。

たまに、フルカスタムフルコンプリート車が売りに出ていることがあります。
前後サスやブレーキには一流ブランドパーツが装着されて、フレーム補強加工にフルペイントなどによって、まるで雑誌紙面から飛び出してきたようなマシン・・・
でも、そんなマシンに手を出すのは自殺行為に近いものがあります。
だいたい、大枚をはたいて製作したフルカスタムマシン、問題なく走行できて気に入っているのであれば、それを売るわけがありません。
売りに出ているということは、おいそれとは修復不能な問題を抱えていると考えるのが自然のことです。

一見すると、特に画像などで見るときれいに仕上げられているマシン、謳い文句は「フルレストア済」とか「セミレストア済」などというものの場合はどうでしょうか。
一昨年、GS944のベース車両としてGS750を探していたところ、某大手旧車ショップに問い合わせたところ、5台ほど在庫があるということで、片道300kmほどの道のりをかけて見に行きました。
問合せの段階で、一切手直しされていない車両を探している旨を伝えておいたのですが、実際にマシンを見たところ、外装類をはじめ、パッと見える範囲内は不自然なほどきれいに仕上げられている反面、肝心のマシン本体の状態は、いかにも怪しい雰囲気満点のものだったのです。それは、画像では決してわからないもの・・・
売れてもいない在庫車両に対して、リペイントや部品交換などの手間暇とコストをかけて陳列しているということですが、そんな売るための化粧直し作業がきちんとした整備であると考えるのはあまりにおめでたいことと言わざるを得ません。

私は、そういうことをさんざんに見聞してきましたので、自分自身がベース車両を入手する際には、ノンレストア未整備、そしてフルノーマルの手つかず車両というのが絶対条件です。
たとえば、エンジンなんてかからなくてもいいのです。30年以上も前のマシンについて、それがフルノーマルマシンであれば、エンジンがかからない原因なんて大した問題ではないのです。


今回、Z1000LTDのベース車両を入手するにあたって、信頼できる方に相談した結果に教えていただいたのが、このショップです。

クロスオート
〒203-0054
東京都東久留米市中央町5-13-22
TEL:042-471-0048
FAX:042-471-0098
定休日:水曜日、第3木曜日
営業時間:AM10:00〜PM7:30


P9182013.jpg



看板をご覧になればおわかりのとおり、ヤマハの正規販売店、つまりもともとのオートバイショップさんなのです。旧車をメインに扱うショップとしてはまさに異色・・・
中古車ブローカーや解体屋に端を発するものではない・・・
メーカーの看板を掲げているということがどういうことなのかを良く考えれば、それだけでも相当に信用度があります。








まず、社長さん自らが米国に赴いて車両選定をしていること。そして、仕入れにあたっては、フルオリジナルのノンレストアであることと、多少値段が張っても、可能な限りコンディションの良いものだけを選ぶということです。いわゆる、大幅な化粧や手直しが必要なレストアベース車両などは入れないということです。
そして、そのようにして仕入れてきた車両は、水洗いすらせずにそのまま展示して販売するというのがスタンスとのことです。
当然ですが、そのままでは走行することはできませんので、必要な整備メンテナンスについては、購入するユーザーの意向を聞きながら行います。当然のことですが、それは別料金です。
つまり、その車両の真実の姿に基づいてユーザーに選択してもらい、そのユーザーニーズに合わせて有料で整備メンテナンスを行うのです。
そうではないやり方をしているところの全てがダメだとまでは言いませんが、こういう方法以外を私は信用することはできないのです。

クロスオートさんのHPはこちらですので、どうぞご覧になってください。

クロスオート


画像だけでは何もわかりませんので、ぜひ、足を運んで、ご自身の目で実車を確認することをお勧めします。
遠方だから・・・なんて躊躇している場合ではありません。高額なもの、それも、購入後は自らの分身として長く付き合うマシンを購入するのですから、たとえ飛行機に乗ってでも現物確認はするべきです。
在庫車両は、絶対的には高額なものですが、相場の現実からすれば、安価な設定だと思います。そして、揃ったマシンの程度は、他では見られないほどの粒ぞろいでした。

P9182015.jpg

P9182016.jpg

P9182018.jpg

P9182019.jpg







社長の野村さんですが、自らが海外へマシン買付に行くようになってからすでに20年、また、この晩秋にも米国に行くとのことでした。
また新しい在庫車両が入るはずですので、購入を検討している方は、野村社長に相談してください。
渡米前の今であれば、希望のマシンを探して仕入れてきてくれるかもしれませんよ。

P9182020.jpg






私がバイク遊びを始めた30数年前、そもそも旧車遊びというものは、経験を積んで目利きもでき、整備スキルもプロ顔負けというほどのマニアが、ダメでもともと、問題があったとしても、その対処経過を自己責任で楽しむという、コアな好き者マイノリティーの世界であって、とても商業ベースにはなりえないものだったのです。
そして、経験とスキルがあれば、そんなにお金のかかる遊びではなかったところ、いつしか金さえ払えばどうにかなるという風潮が始まり、それがエスカレートした結果、いったい何を信じれば良いのかすらわからなくなってしまいました。

安物買いの銭失いならまだいいのです。
それがイヤだから、高くて良いとされるものを選んだにもかかわらず・・・
残念ながら、それが昨今の現実です。
それを未然に防止するための唯一手段として私が考えるのが、仕入れてそのまま手つかずのノンレストアフルノーマルマシンを選択するということなのです。







ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
2位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ