Entries

Z1000LTDの初期化&ライトチューニング その4~交換消耗部品


今回のZ1000LTD、極めて程度良好なノンレストアマシンなのです。
おそらく、このまま走り出したとしても、そこそこのレベルで走行が可能なはずですが・・・

生産は1980年ですので、すでに35年の歳月が経過しています。
走行距離は15,000マイルちょっと、つまり25,000kmほどということになります。
私が言いたいのは、旧車とカテゴライズされるZ系マシンとしては良好な状態と言うことであって、一般的な中古車としては徹底的な基本整備が必要である状態ということです。

私は、これまで長年にわたって自分のGSを手掛けてきましたし、近年では多数のZやCBについて各種セッティング作業を行ってきました。
それにあたって、私の基準は、「現代の道路を走行する1台のオートバイとしてどうあるべきか」というものであり、「旧車だからそんなもの」などということは微塵も考えたことはありません。
多くの旧車乗りは、「現行マシンじゃないんだから仕方ない・・・」などと、どこかあきらめモードに入りがちに思いますし、それは、雑誌メディアや一部のショップの言い訳文句を真に受けた結果、洗脳されているだけだと思っています。

今回、Z1000LTDを仕上げるにあたって、ことさらにチューニングカスタムをするつもりはありません。
現代の部品に置換する方がコストパフォーマンスや使い勝手、そして信頼性において有利と判断するものについてはそうするつもりですし、当時の部品をOHモディファイすれば十分に事足りると思われるものについてはそうします。
その結果出来上がるものは、当時の雰囲気やZならではの味わいを生かしつつ、現代において気持ち良く安心して走ることができるカワサキZとなるはずですし、それが目指すべき完成形なのです。
いずれ完成の暁には、これをファクトリーまめしば試乗車として開放するつもりですので、それも楽しみにしていてください。

これから行っていく基本整備&ファインチューニングにおいて必要な部品はほぼ揃ったところです。
前後のホイールベアリングにリアハブダンパー、前後スプロケット、前後タイヤ、前後ディスクローター、ドライブチェーン、前後ブレーキのピストンやシール類にパッド、車体周りの各ベアリングなどなど・・・
そう、サービスマニュアル記載の基本整備項目について、全てを一気に実施して初期化するだけのことです。まあ、これらの消耗部品が25,000kmにわたって無交換だったとすれば、こうするのが当然のことなのです。

それにしても、カワサキZというマシンは恵まれていますね。
これまでにGS750やGS1000でも同様のことをやってきましたが、これらの部品を選定して揃えることから難関に直面します。また、どうしてもないものは製作するしかなかったりするのですが、Zでは、何の苦もなく揃えることができるばかりか、いくつかの選択肢すらあるのです。
流用情報も、ちょっと詳しい人に電話すればすぐにわかるし・・・

P9172010.jpg







タイヤは、このBT39にしました。
これ、かつて米国で盛んに行われていたハーレースポーツスターのワンメイクレース用に設定された、ハイパフォーマンスタイヤなんですよ。

P9172011.jpg







やや段付き摩耗が見られた前後ディスクローターについては、研磨修正することも考えたのですが、ここは現代パーツであるサンスター製を使うことにしました。

P9172012.jpg







これに加えて、キャブレターはCR-M29を使います。なぜCR-M33じゃないのかって・・・それは、実験用CR-M29が手元にあるから・・・それだけのことです。
点火系は、ウオタニSP-2(Ver.FM)にV-UP16&MSAを投入しますが、これは、可能な限り失火率を減少させて、このカワサキ製1,000ccエンジンについて、内燃機関としての設計値をフルに発揮させるために過ぎません。

さて、エンジン本体はどうするのかですが、これについては、まずシリンダーヘッドまでを外してみて、バルブ周りのチェックと必要なOH作業程度にする予定です。
ピストン&シリンダー周りについても、まずはチェックしてみてからですね。
仮にOHが必要な状態であった場合でも、SOHCエンジニアリング製70mmピストンキットを使うつもりです。そう、ノーマルボアですので、排気量はそのまま、ボアアップなしです。その場合、当然のごとくスリーブは交換しますけれどね。

これだけでも、それなりのコストはかかることでしょう。
しかし、それは、生産から35年も経過した古い機械、それも、人の命に直接的にかかわるオートバイという乗り物について、十分な実用性と安全性、そして満足の行く趣味性を担保するためには必須のコストというわけです。








ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ