Entries

CRキャブレターへのスピゴット装着要領と留意点


CR、FCR、TMR、そのいずれも汎用レーシングパーツですので、ボディー本体とインシュレーターを接続するためのアダプターを使用しています。
この名称については、「スピゴット」若しくは「マウントアダプター」などと呼びますが、ここではスピゴットと統一することにしましょう。

具体的には、アルミ製筒状の部品をキャブレター本体にねじ込んで装着するのですが、ここから二次エアーを吸い込んでしまわないように、何らかの形でシールしなくてはなりません。
そこで、CRとTMRでは間にOリングを挿入し、FCRでは液体ガスケットを塗布することでシールします。仕様変更やメンテナンス性などを考えたとき、ここはOリング式の方が都合良いのですが、可能な限り前後長を詰めたいという設計上、FCRでは、ここにOリングを入れるスペースを作れず、やむなく液体ガスケット使用としています。

私は、多数のCR-Mキャブレターを通販にて販売していますが、稀にアイドリング落ち着きや回転落ちに問題があるというご相談をいただきます。
そのうちの数件は、ここにOリングを入れていなかったというケースがありますので、改めてご紹介しようと考えたわけです。
知っている方からは、いまさら何をと言われるかもしれませんが、依然として後を絶ちませんので・・・

これがCRキャブレターのスピゴットとOリングです。
お渡しするキット内の小箱に同梱していますので、確認してください。

P8271741.jpg






Oリングには、このようにしてグリスを塗布します。これは、ねじ込む際に座りと滑りを良くするためです。また、Oリングの硬化や劣化も防ぐことができます。

P8271743.jpg






そして、ねじ部分にもグリスを塗布します。
大径かつ細かいピッチのねじでアルミ同士がかみ合いますので、ここに水分が侵入してカジリを生じたりすると、極めてやっかいなことになります。
また、TMRでも同様ですが、ここに液体ガスケットは絶対に使わないでください。
OHや仕様変更時にスピゴット脱着に苦慮することとなりますし、張り付いた液体ガスケットをきれいに取り除くのも相当に手間がかかります。

P8271742.jpg







ねじのかみ合いを慎重に確認しながらねじ込んでください。
斜めになったままねじ込んでしまうと、それもまたやっかいなことになります。

P8271744.jpg






ここの締め付けは、手でキュッとやるだけで十分です。
間違っても工具などを使って締め付け過ぎないようにしてください。
Oリングにきちんとテンションがかかってつぶれていれば、二次エアーを吸うことはありません。ただ、シングルボディーの場合は、スピゴットを中心にキャブレター本体が回ってしまうことがありますので、多少はしっかり締めた方がいいですね。でも、締め過ぎは禁物です。
内側にOリングのはみ出しなどがないかを確認することも忘れずにお願いします。
スモールボディーCRの場合にはあまり問題がありませんが、CR35以上のビッグボディーCRの場合、Oリングのサイズがあまり適切ではなく、座りがとても悪くてはみ出しがちです。これについては、ケーヒンにOリングサイズの見直しをしていただきたいと願っています。

P8271746.jpg







これで完成です。

P8271747.jpg







これらは大した作業ではないのですが、確実に機能させるためには必須の事項となりますので、くれぐれもよろしくお願いいたします。












ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ