Entries

Z1000に73mmピストンをボーリングオンリーで組むと・・・


一般的に、Z1000のシリンダーに73mmピストンはボーリングするのみで組むことができるとされています。
入るかどうかというだけで言えば、入るのかも知れませんが、それはまともに回るエンジンになるとは言い難いのです。
まあ、1万kmも持てばいいという価値観であればいいのですが、昨今において、そんな短いライフの一発勝負エンジンを求める人はいないはずです。

先日、近隣のショップさんから、Z1000のシリンダーを持ち込まれたのですが、お話をお聞きしてみれば、なじみのお客さんが、某Z系ショップにて、すでにチューニング済みという謳い文句のZ1000を購入したのだそうです。マシン全体としてはそれなりの外観に仕上げられているようですし、73mmピストンを入れてあるということでしたので、まあ、お客さんとしては、相当の期待に胸を膨らませたことでしょう。
ガンガン走れるバリッとしたチューンドZということです。

しかし、納車されて実際に走り出してほどなくすると、マフラーからは白煙を吹きまくるし、オイル消費やオイルにじみも激しいものでしたので、これはどう考えてもおかしいということにて分解してみたところ、確かに73mmピストンは入っていたものの・・・

こんなシリンダーです。
外側の塗装はきれいな状態ですので、チューニング後、さほどの時間は経過していないものと思われます。

P8101645.jpg







シリンダー内クロスハッチも比較的新しい状態ですので、その点からしても、73mmにボアアップ後、さしたる距離は走っていないのでしょう。

P8101653.jpg






ライナーの残厚はわずかに1.1mmです。
手で掴んでもたわむのがわかるほど剛性はありません。

P8101651.jpg






そして、典型的なのが、この、ライナー下部におけるアタリのきつさです。

P8101648.jpg







ライナー上部の内径は、73.05mmであるのに対し・・・

P8101647.jpg








ライナー下部の内径は72.91mm、その差は0.14mm、つまり、100分の14mmもあります。
通常、ピストンクリアランスは100分の5mm程度ですので、その倍以上もライナー上部と下部の寸法差があるという、実にとんでもない状態になっているということです。クリアランス管理もへったくれもないということです。

P8101646.jpg







ボーリング&ホーニングするためには、ライナー内壁に刃物や砥石を当てて研削する必要があるところ、周囲をシリンダーで保持されている部分では刃物や砥石が当たってもライナーの逃げは少ない反面、シリンダーからはみだしているライナー下部では、周囲に保持するものがありませんので、肉厚が薄くなればなるほど外方向に逃げてしまい、仕上がり内径は小さくなってしまうのです。
熟練した作業者はそれをうまく加減して加工するのですが、そうとは言っても、きちんとした寸法管理はできませんし、神の手でもあるまいし、薄いライナーの剛性を上げることなどできるわけもありません。
「オレの腕ならもっと寸法は出せる」などと詭弁を弄してみても、それは言い訳にすらならないということです。
その結果がこのシリンダーということですし、73mmピストンを使ってエンジン全体をチューニングしようとすれば、トータルで数十万円以上のコストがかかるのが通常ですが、そんな大金を投じた虎の子のエンジン、シリンダーがこんな状態でいいのか・・・そういう話です。

Z2に69mmピストン、Z1000系に73mmピストン、それぞれノーマルライナーをボーリングすれば、ライナー残厚は1mmちょっとしかなくなってしまいますので、きちんと機能するエンジンにしようとすれば、それは、オーバーサイズのライナーを入れてケースボーリングをするしかないのです。
それでなくては、このエンジンのように極めて短命なものにしかなり得ませんし、常にオーバーヒート状態、異音や振動も多く、まともに機能するものにはなりません。
まあ、多くの人は、チューンドZのエンジンはそんなものと思っているのかも知れませんが、それは、本来のエンジンを知らないだけのことです。
きちんと製作されたチューンドZエンジン、数万km走ってもビクともしないものです。

いくらチューニングショップや内燃機屋が、「これまでにたくさんやってきて実績もあるからボーリングだけで組んでも問題ないよ。」などと無責任なことを言っても、薄くなったライナーの剛性や精度がビタ一文も向上するわけではありません。
また、良心的なショップから、「組めないことはないけれど、長持ちしないから勧めないよ。お金はかかるけど、ライナーから作り直してケースボーリングした方がいい。」と言われたのなら、素直にそれに従うのが得策です。
そのリスクと結果は、貴方自身が負うことになるのですからね。

このシリンダーは、SOHCエンジニアリングにてライナーを製作、そして70mmピストンを組み付けることとなりました。













ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ