Entries

フルノーマルのカワサキZ1にCR-M33を装着&実走セッティング


完全ノーマルのZ1にCRキャブレターを装着しようとした場合、従来の口径選択基準からすれば、それは迷うことなくCR29というのが通説とされてきました。
しかし、CRキャブレターという概念を離れて、900cc並列4気筒エンジンのパフォーマンスをフルに発揮させるために適正なキャブレター口径はどれくらいなのかという視点に立てば、33mmから35mm程度ということになります。
現に、Z1000Jの純正キャブレターはBS34ですし、その他、この時代の900~1,000ccクラスマシンの純正キャブレターも同程度の口径を採用しています。
では、なぜCRキャブレターの口径選択基準は、それらと比較して小径を選択すべきとされてきたのか、それは、スロー系が1ポート式、つまりスローポートのみを装備し、パイロットアウトレットを持たないという制約に基づくものなのです。
そこで、CR-Mキャブレターにおいては、追加工によってパイロットアウトレットを新設し、さらに、霧化性と燃料供給性に優れたMノズルを採用することで、そのエンジンが本来的に要求する口径を選択することができるということなのです。
結果、完全ノーマルのZ1であっても、口径選択はCR-M31若しくはCR-M33が適正ということになります。
それによって、アイドリングから低中開度域での安定性とドライバビリティーを確保しつつ、中高開度域での本来パフォーマンスをフルに発揮させることができるようになったというわけです。

また、カワサキZの場合、将来的にエンジンオーバーホールに伴うボアアップが一般的に行われますので、5年後、10年後に1,015ccや1,105ccなどにする可能性を多分に含んでいますが、そうなった場合にも、CR-M33を選択しておけば、十二分に対応することができるというわけです。
10年後、それなりにブラッシュアップされた愛車に、今現在において投資した部品がそのまま機能している、それは、長い目で見れば、実に合理的かつローコストな選択ということになるのではないでしょうか。

さて、梅雨の合間に持ち込まれたのは、こんなに素晴らしいノーマルZ1です。
オーナーのMさん、まだ入手して間がないのですが、どうにもノーマルキャブレターの調子がいまひとつとのこと、これをオーバーホールしても、かかるコストの割には完全な状態にすることができないだろうという賢明な判断に基づき、CR-M33をオーダーいただきました。

P7081403.jpg







これは、Z1用にあつらえたCR-M33のベーシック仕様です。
これまでに蓄積したデータに基づいてプリセットしてありますので、エンジン本体や点火系に問題さえなければ、このまま相当レベルで機能します。

P7081404.jpg







キャブレター交換に伴い、ひび割れや硬化が見られていたインシュレーターを新品に交換させていただきました。
こういうスモールパーツの不具合で機能を損ねるのはつまらないことですので、ケチッてはいけません。
ちなみに、各気筒のコンプレッションも計測しましたが、全て8キロ以上の数字を示しましたので、このエンジンは合格です。これなら良い結果が得られるに違いありません。

P7081405.jpg






装着は、細心の注意を払いつつ、確実に行わなくてはなりません。
特に、軽くスムーズな作動性を確保するためには、高度なノウハウと緻密な作業が必要になります。

P7081406.jpg






作動性を動画にてご覧ください。
これくらいに仕上げなくては、全くもってダメなのです。
いつも書いていることですが、誰それが装着したとか、有名専門店で装着したとか、そのこと自体には何の意味もありません。問題は、軽くスムーズに作動するという事実のみです。








音出しのあと、実走セッティングを行いましたが、数回のリセッティングののち、結果としては、最初の予想プリセット値に戻りました。まあ、そんなもの・・・
それだけ、蓄積したデータの正確性が高いということです。
この吹け具合、Z1フルノーマルとは思えないでしょ・・・








オーナーであるMさんは、作業後の確認試乗後、その変貌振りに相当に驚き、そして喜んでいただきましたが、次は点火系ですね。
SP-2(Ver.FM)に交換すれば、また今回と同じくらいの感動が味わえますが、一度にあれこれとやってしまっては、楽しみが1回で終わってしまってつまらないので、まずは、この状態にてお楽しみください。
投資した甲斐があったことをじっくりと実感することは、長く楽しむためには大切なことです。

CR-Mキャブレター製作及び装着セッティングについては、随時ご相談を受け付けております。詳細なお見積りを作成提示させていただきますので、ご遠慮なくお問い合わせください。また、CRキャブレターの設定がない車種用もワンオフ製作しますので、自分だけのCR-Mキャブレターが欲しいという場合にも、可能な限り対応させていただきます。
これまでにも、BMW R1000RS、モトグッツィルマン1000、HD XLH1200、XS1100、XJ750、CBX750、GPZ900R、GS750、GS1000、GSX750E4、イナズマ1200などについてワンオフ製作しています。



※GS1000用73mmピストンキットを再製作することとしました。
詳細はこちらをご覧ください。


GS1000用73mmピストンキットの再製作について






ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ