Entries

スペシャルなGS1000SにSP-2(Ver.FM)を装着し、各部をリセッティングする ~その2 フロントフォークのオーバーホールとリセッティング


さて、お預かりしているこのスペシャルマシン、細工は流々、どんな仕上がりにしましょうかねぇ・・・

P6201273.jpg








作業前の試乗時、点火系不良とともに異常を認めたのがフロント周りです。
まず、ステアリングとタイヤの向きが異なっています。直進しているのに、ハンドルは切れている状態ということです。
可能性として考えられるのは、ハンドルの曲がり、フロントフォークやステムの曲がり、若しくはねじれた状態での組み付けですので、これは分解してチェックする必要があります。

そしてこのマシン、リアサスはレイダウンされた上で車高も高く、装着されたクアンタムサスもそこそこハードな設定です。
対するフロントフォークは、GSX1100S国内仕様車の純正フォークを流用していますが、おそらくノーマル設定のままと思われ、1Gでストロークの半分以上も入ってしまっています。
それによって、走行時には極端な前下がり状態の上で、リアサスのストローク感に乏しくて接地感がなく、フロントは踏ん張り感が全くなくて、ブレーキもまともにかけられないという状態です。
交差点四つ角を曲がる程度でもフロントの切れ込みがひどくて、これを抑えるためにイン側のハンドルバーを常に押し込んでいなければなりません。
ちょっと速度が乗ったところから寝かし込もうとすると、フロントが一気に入ってしまって、前から足元をすくわれそうで怖い・・・

まあ、ハイパフォーマンスなリアサスと純正流用フォークを組み合わせたマシンにありがちなパターンですが、このようにして足回り部品を交換する場合、前後の姿勢や荷重のバランスを取り直さないと、フルノーマルよりもはるかに劣ったものになってしまうのです。

高いサスを装着したのに、どうにも乗り難くなったなどという場合、こういった過ちを犯していると思って間違いありません。
カスタムやチューニングを売りにしているショップでも、こういうことに不思議なくらい無頓着なところは少なくありませんので、ご自身のマシンがどうにもしっくり来ないという場合、この前後バランスを疑ってみるべきです。
その際、どこの誰それにやってもらったとか、有名ショップで作ってもらったなどということに何の意味もなく、そのマシンが、きちんとした前後バランスを得ているかどうか・・・問題はその点にあります。

さて、この前後バランスを取るために選択した方法は、フロントフォークスプリングのばねレートアップなのですが、そういう場合、社外品の強化スプリングを使うというのが一般的ですよね。でも、方法はそればかりではありません。
まず、ノーマルスプリングの各部を実測して、ばねレートを計算で求めます。
ばねレート計算の公式は下記のとおりですので、ノギスと電卓があれば誰にでも簡単にできます。

(線径の4乗×8000)÷(中心径の3乗×有効巻数×8)

P6191216.jpg






計算の結果は下記のとおりです。
・GSX1100S国内仕様スプリング~0.48kg・mm
・10巻カット~0.58kg・mm
・15巻カット~0.65kg・mm
・20巻カット~0.75kg・mm

経験則上、この0.75で行くことにしました。
早速、カットすべきポイントをマーキングします。

P6191217.jpg







サンダーでカットします。

P6191218.jpg






きちんとした座面を作らなくてはスプリングが傾いてしまいますので、その加工をします。
まずはバーナーで赤くなるまで熱します。

P6191220.jpg






ペンチでつまんでくっつけます。

P6191223.jpg







サンダーで端面をフラットに研削します。

P6191235.jpg







ベルトサンダーで整えます。この時、2本のスプリング自由長をきちんと合わせるように調整します。

P6191254.jpg

P6191259.jpg






マイクロフラップでバリを取ります。

P6191260.jpg







完了です。フラットできれいな端面ができました。

P6191268.jpg







カットした分、自由長が短くなりますので、それを補正するためにカラーを作ります。

P6201271.jpg







フォークオイルはアッシュの#58を使いますが、これも経験則に基づくものです。
油面はノーマルと同じ176mmにしました。これも経験則に基づく落としどころ・・・
今まで、この手の作業はイヤというほどやっていますので、およその予測はつくのです。

P6201270.jpg







そうそう、フロントタイヤの向きが合っていなかったのは、アンダーブラケットとトップブリッジの位相がずれていたのが原因、つまり、ねじれた状態で組み付けられていたということです。たぶん、組み付け手順を間違えたのでしょう。
組み直すことで解決です。

さて、完成です。
このスペシャルマシンの美しいたたずまいをお楽しみください。
とは言っても、作業前後で見た目はなにも変わりませんが・・・

P6201274.jpg

P6201275.jpg

P6201277.jpg

P6201279.jpg

P6201281.jpg

P6201282.jpg








作業後のテストランでは、高速道路からワインディング、そして市街地などを30kmほど走り、微調整のために前後サスのイニシャルを前後に振りながらバランスの良いところを見つけることができました。
イヤな切れ込み感もなく、ワインディングでも不安感なくバンキングさせることができ、ブレーキも握り込めるようになりました。
元気よく回るようになったエンジンの加速を楽しみ、そこから不安なくブレーキをかけて確実に減速し、スッと寝かしてコーナーや四つ角をターンし、立ち上がりでスロットルオン・・・気持ち良い加速感と確実な旋回トラクションを感じながらチューンドカスタムマシンを楽しむ・・・
何のことはない、1台のオートバイとして普通に走れるようになったということです。

見た目は何も変わらないけれど、作業前後ではまるっきりの別物マシン・・・これをオーナーのMさんがどんな評価をしてくれるのか、実に楽しみなことです。







※GS1000用73mmピストンキットを再製作することとしました。
詳細はこちらをご覧ください。


GS1000用73mmピストンキットの再製作について






ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
2位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ