Entries

カナディアンロッキーの麓から新型Mノズルのインプレ

遠くカナディアンロッキー在住のMさんから、新型Mノズル&PEEK製リンクロッドについてのインプレをいただきました。
これらの部品は、そもそも私の興味の赴くままに製作し、実験テストを重ねて現在に至るものです。当初は、ここまで多くの方々に支持をいただくことになるなんて想像すらしていなかった・・・

最近では、ヨーロッパや北米大陸など、海外からのご注文も増加していますので、それはもう冥利に尽きるとしか言いようがありません。

私のプリセットは異国の空気やガソリンの下でも同じく機能し、私が気持ち良いと感じたフィーリングは人種を問わずに同じく良いものとして認知された・・・当たり前と言えば当たり前のことなのですが、私にとっては感慨深いものなのです。

Mさんのインプレを原文そのままに掲載させていただきます。
ロッキー山麓の澄み切った空気の中で、Mさんは私と同じようにCRキャブセッティングに勤しんでおられるようですね。
部品をご購入いただけるだけで、それは嬉しいことなのですが、ここまでのインプレメッセージをいただけることこそが、私の財産と感じています。
それはまさに、身に余る望外の喜び・・・





まめしば様
カナディアンロッキー在住のMと申します。
記憶の片隅に覚えて頂いておりましたら幸いです。

昨年末にカナダより一時帰国中の友人を通じてMノズル、PEEK製リンクロッドと低レートサブリターンスプリングを購入させて頂き、その後の装着にあたりましてのアドバイスにもお答え頂き大変助かりました。
3月11日には装着も無事に完了しました。
カナディアンロッキーの3,4月は寒気が入るとすぐに雪が降ります。
仕事の合間に天気(気温)と相談しながらのセッティングは回数が限られ3月中旬から5月中旬の2ヶ月も掛かりましたが、納得がいく仕上がりとなりましたのでレポートさせて頂きます。

住環境
北緯51.5度(日本の北上ではロシアのカムチャッカ半島はペトロパブロフスク・カムチャツキーとほぼ同じ)
カナディアンロッキーの中、標高1350メートル、
走行する標高はおもに1000~2200メートル。
年中を通して湿度は低く乾燥した気候です。(バイクに乗れる期間は6ヶ月間だけです)

車両 1975年式KAWSAKI Z-1
エンジン 80年式KZ-1000へ換装、ノーマル、未オーバーホール。
エグゾースト Z-1用ノーマル4本出し。
キャブレター Keihin CR-Special
口径 29 (過去の常識からの選択口径)

Mノズル装着前
エアージェット 250
スロージェット 62
メインジェット 188
ジェットニードル YY8
クリップ段数は上から2番目です。
エアージェットは1回転から1/16戻しです。

暖機後のアイドリングは安定しおり走行中バクファイアー等も無く快調に走ってくれますが、追い越しなどでのスロットル急開でのつきの悪さ…ストールしそうになることも…
急勾配での力不足…速度は140キロまでは出ますが、それ以上加速しない…

昨年の春にレストアがほぼ終了しジェット類も買い揃え自己流でCRの調整にひと夏を掛け、そこそこ走るようになりましたのでロングツーにもこの状態で行きました。
追い越し加速やコーナーでの立ち上がりでは、息継ぎをしないようスロットルの急開ができず雑巾を絞るようなスロットルワークを強いられてストレスフルでしたが、100~120Km/hでの巡航速度ではレーシングキャブの吸気音を聞きながらトルクフルな乗り味が楽しめCRの調整としてこんな物かと諦めと自己満足感で乗っておりました。
そんな折、昨年の11月にまめしばブログに行き当たりMノズルの存在を知りました。
CRキャブのセッティングを自分でしていた方ならMノズルを試してみたくなるのは当然です。
何よりもまめしばブログから感じ取れる探究心と行動力から供給される部品は信頼できると思えるからです。

Mノズル購入時に頂いたプリセットは下記となります。
CR29 Z1000STDエンジン
MJ:118~120
JN:YY7~YY6
JNクリップ:#5~#6
SJ:58
AS:3/4~1

私が実走しセッティングを自分好みに調整し行き着いた結果は、
Mノズル装着後
エアージェット 250
スロージェット 58
メインジェット 120
ジェットニードル YY7
クリップ段数は上から6番目です。
エアースクリューは1回転です。
セッティング後には点火システムにHIR導入。

調整も何も、頂いたプリセットそのものですね~、(笑)

しかし、ここまでの道のりが遠かったのには二つの落とし穴があり、ハマってしまったためです。
まずは、頂いたプリセットJNクリップ:#5~#6ですが、私の勝手な思い込みからジェットニードルのクリップ段数は下から上へ順に1番からと思い、最初にセットした時には下から数えて6番目にしたこと。
(私が実走しセッティングをした結果から上から数えて6番目が正解ですよね?)
次は、
私の好みからロングのファンネルを装着し防塵の観点からファンネル用防塵ネット(ゴムの縁取りでファンネル外周部を覆ってしまうフィルターです)を取り付けておりました。
Mノズル装着前のセッティングもこのフィルターを付けてのセッティングです。
お恥ずかしい話、まめしばブログに出会ってから、これは最初から読み込まなければ話が読めない!いや、読みたい!!と思いMノズルをオーダーした頃からまめしばブログを最初から読み返し始めました。
(まだ読み切っていませんが…笑)
その中に「使ってはいけない部品」(タイトルはこんな感じ)でこのフィルターは著しくエアーの取り込みを阻害するので使用してはいけないと注意を見ておきながら、私は「そんなに多大な影響は無いだろう」と勝手に解釈しこのフィルターを取り付けたままMノズルのセッティングを始めてしまいました。

ジェットニードルのクリップ段数はセッティングを進めれば色々試しますから良い所へ自然と収まるものであり、最初が大きく外れた段数から始まってもあまり問題にはなりませんが、
大問題はファンネル用防塵ネットです。
頂いたプリセットを組み込みエンジン始動。
今までとは明らかに違うアイドリングの安定感に感激し、走りにも期待感が膨らみます。
しかし、試走を始めたら車速のノリが相当に鈍いのです。
2~3速の伸びは良いのですが速度がある程度のってからの加速は鈍くダルである意味がっかりしました…
私のエンジンは未オーバーホールで以前どのように使用されていたのかも、走行距離も分からないエンジンのため、どれだけパワーロスしているか把握しきれていませんから、このエンジンには頂いたプリセットが合わないのでは?と思ってしまい、まずは、パワーが無いので大きくメインジェットを128へ振り、ここからさまざまな組み合わせを試しては走り、試しては走りを繰り返しても良くなりません…??
行き詰まったころにハタと気付きファンネル用防塵ネットが元凶ではないかと考え、外して試走してみました。
100Km/hより上の加速が凄まじい力強さでヘルメットの中で「ウォー!」「これだー!!」と叫びました。
と同時に「ファンネル用防塵ネット最低」と思いました。
やはり信じるべきはまめしばブログであり自分を恥じました。
ある意味セッティングの迷宮に入り込んでいましたから解決した時の感激はひとしおであり、自分の過ちが恥ずかしかったです。

ここからはベストセッティングのインプレです。
PEEK製リンクロッドと低レートサブリターンスプリングによる軽い操作感は、CRの標準を何千キロと走破経験した者にとっては特筆するべきものです。
スロットル内側の清掃とグリスアップ、新品スロットルワイヤーへの交換、ワイヤー取り回しへの配慮など気を使ってきましたがCRのスロットル操作向上にはPEEK製リンクロッドと低レートサブリターンスプリングしか根本解決は無いと思います。

Mノズルに至っては言葉もありません。
最初にCRを装着してからの一夏掛けてのセッティングは何だったのか…
本物のレーシングキャブレターはやはりこうでなければならない!
スロットルワークにリニアに反応する操作感とパワーのノリは感動ものです。
私はZ-1とは別に個性的な3台のバイクを所有しておりますが、走って一番楽しいのは今のZ-1です。
全てのCRユーザーの皆さん、Mノズルは最高です。必ず付けるべきものです。
70年代のバイクには外見が最もマッチするCRキャブをストレスの無い乗り味にするためにはこれしかありません。

余談ですが、
以前まめしばブログで紹介されておりました1,4番と2,3番のインテークマニホールドをゴムホースで連結してみました。
これはイイです!
特に私のCRのようにPS追加加工がされていない方は是非試してみて下さい。
私の場合にはこの簡単な加工を施してからはアイドリングから低速走行が素晴らしく安定し、
たとえば、左折時(日本では右折時)に極低速により直進車をやり過ごすシチュエーション(まるで一本橋試験)もこなせます。

長文にお付き合い頂きまして有難う御座いました。
あまりにも嬉しく、感謝のお返しは詳しいレポートでしかお返しできませんのでお許し下さい。
カナディアンロッキーにあなたが開発したMノズルの吸気音が響いています。
日本へ一時帰国する折、時間の都合が付けばファクトリーまめしばへ必ず立ち寄りたいと思っております。

写真も数枚添付させて頂きました。
見てやって下さい。

有難う御座いました。




233.jpg


180.jpg










※GS1000用73mmピストンキットを再製作することとしました。
詳細はこちらをご覧ください。


GS1000用73mmピストンキットの再製作について


※ GS/GSX用ウオタニSP-2のオリジナルマッピング仕様(Ver.FM)の予約受付を開始しております。
詳細は下記を参照ください。


GS/GSX用SP-2(Ver.FM)の予約受付について





ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです

ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ