Entries

ゼファー750にNGCエキゾーストを装着


もう、かれこれ4年ほど前のこと、NGCエキゾーストを最初にテスト装着した日のことを忘れることはできません。
それまで、愛車であるGS1000に装着していたフルチタンのマフラーは、通算3本目のものでしたが、それはとても良く出来たもので満足していました。そう、紆余曲折を経て、やっとたどり着いた満足の行くマフラーだったということです。
そこへいただいたのが、NGCエキゾーストのテスト装着のお話でしたが、最初、その画像シルエットを見た私が抱いた印象と予測は下記のようなものでした。

「手曲げの太いエキパイ、格好はいいけれど、こんなショート管のバケモノみたいなマフラーがまともに走るわけがない。格好優先の懐古趣味的なものに違いない。きっと、低速はスカスカで爆音、谷は出まくりで過渡特性もへったくれもないもの・・・」

そう、最初はお断りしてしまったくらいでした。
その後、別の縁があってGS1000用試作品を装着することとなったのですが、まあ、行きがかり上、無下に断るのもなんだし・・・というお付き合い程度のつもりだった・・・


ところが、エンジン始動してみると、まず音質がマイルドで静かなことに驚き、アイドリングの整然とした落ち着き具合に驚き、クラッチミートした直後のスムーズで太く柔らかなツキ具合に驚き・・・・
そして何よりも驚いたのは・・・

それまでに装着していたフルチタンに比べれば、いくら薄肉パイプを使っているとは言っても鉄製のNGCですので、重量は増しています。
にもかかわらず、ちょっとしたワインディングを流す程度に走ってみただけで、

「マシンが軽くなった・・・」

そう、重量は確実に増加しているのに、マシンの動きが格段に軽くなったのです。
これはまさに衝撃的なこととして、鮮烈な印象として残っています。
だって、理屈に合わないじゃないですか・・・
色々と考えましたが、つまるところ、スロットルのオンオフに対し、駆動力がリニアに変化するようになったことでマシンを軽く感じたのです。
オートバイという乗り物は、駆動力を入れたり抜いたりすることでコントロールするものです。そう、スロットルワークで走らせるとも言いますね。トラクションコントロールという表現をしたりもしますね。

NGCエキゾーストを装着したことによって、スロットルワークに対するマシンの反応がリニアになります。コントロール性が高まり、マシンを意のままに操ることができるようになります。
かつて、「操縦安定性はキャブで決まる」という名言を残した有名テストライダー氏がいましたが、これも同じことを言っているのです。キャブセッティングが決まると、スロットルワークに対するマシン挙動がリニアになり、それによって操縦安定性が高まるということです。

某エキスパートライダーはこんな表現をしました。

「こんなにウィリーコントロールがしやすいマフラーは初めて・・・あとウェット走行が楽しくて速い・・・」

NGCエキゾーストのパフォーマンスは、まさにここにあると言っても過言ではありません。そして、このコントロール性が高まるというメリットは、エキスパートライダーだけではなく、初心者にも共通のメリットとして享受することができるものです。
そう、なぜかわからないけれど、乗りやすくなった・・・
街中の四つ角を曲がるだけでも感じることができます。
そう、いつでもどこでも誰にでも、極めて広いシチュエーションにおいて気持ち良いものとして味わうことができるということです。
長年にわたって、様々なバイクに様々なマフラーを装着してきましたが、このようなことを感じることができたのはNGCエキゾーストだけです。


先日、大型免許取得からいくらも経たないリターンライダーの方にNGCエキゾーストを装着していただきました。
マシンは、納車から数日後のゼファー750です。

まずは、その迫力あふれるシルエットをどうぞ・・・
表面仕上げは独特の無塗装黒皮仕様です。

P4090562.jpg

P4090563.jpg

P4090564.jpg






ジェントルで静か、そしてエキサイティングな音質をどうぞ・・・
これなら、早朝や深夜でのエンジン始動も臆することはありませんし、市街地で後ろめたい思いをすることもありません。
そしてオープンロードやトンネル内でワイドオープンすれば、エキサイティングな集合サウンドを楽しむことができます。










マシンオーナーにもシェイクダウン走行していただきましたが、この直後、ギアを入れてクラッチミートした瞬間に、
「オオッ!!」
と口走っていました。
それまでのノーマルマフラーと比較して、クラッチミートしただけでマシンを押し出す低速トルクの太さにびっくりしたんだそうです。
しばらくの走行を終えて戻ってきたあとも、いかに乗りやすく気持ち良く走れるようになったのかを力説しておられました。

P4090566.jpg





この、極めて完成度の高いNGCエキゾーストのトータルパフォーマンスをぜひ味わってみていただきたいと思っています。
あなたの先入観は根底から覆されるものと確信しています。私だって最初は否定的だったのですから・・・



ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ