Entries

戦後70年


私は戦後である昭和38年の生まれなので、戦中から戦後の空気について知る年代ではないが、今年は、1945年の終戦から70年の節目を迎える年なのだそうだ。
連日、テレビや新聞などでは、戦争というものがいかに悲惨であり、二度と起こしてはならないものなのだという特番を組んでいるところだが、なんとなく違和感を覚えている。

我が国は、戦争によって大きな痛手を被り、多数の犠牲者を出したのは事実であるし、もちろんそれを繰り返して良いなどとは思っていない。
ただ、マスコミやネット上の論調は、とにかく戦争は悲惨極まりなく、これによって家族や知人友人の多くを失い、それは現在においても消えることのない傷として生々しく残っているという切り口に終始しているのである。いや、それは事実であり、それを否定するものではない。

しかし、戦中から戦後復興期、そして経済発展の歴史と経過において、多くの日本人が、社会の中でどれだけの努力をしてきたのか、そしてそれは、戦前から戦中にかけて養成された滅私奉公精神、現代風に言えば、社会に対して自分に何ができるのかという、社会参画精神によって支えられてきた。そういう側面に及ぶことを忘れていないか。
この時期、多くの日本人が「なにくそ、このまま終わるわけには行かない」という負けじ魂を遺憾なく発揮したことによって、今日の豊かな社会が実現したのではないか。
そして、その根源には、悲惨な戦争という大きな負荷をバネにしたからこそという部分を否定することはできない。そのことも、戦後70年の歴史なのではないか。
今日、どうにも弱者保護や権利主張ばかりが声高に聞こえるのだが、義務を果たして努力を積み重ねることに対し、称賛や尊敬の意を表するという側面が欠けているように思われてならない。


自らの為すべきことを自覚し、言われずとも黙々と精進する多くの人々は、無闇な権利主張をすることもなく、沈黙のまま粛々と前進することに精力を傾注するのが常であるが、そういう人々が社会の基盤を支えているのだ。社会的弱者が支えているわけでは決してない。
弱者保護は当然に必要であるし、人として享受すべき権利は保護されるべきなのは言うまでもないが、どうにもそればかりが重要であるかのごとき印象を受ける。
社会人として、自らの分をわきまえつつも与えられた役割を地道にまっとうすることの尊さを、もっと主張すべきと思う。

戦後の混乱期には、現代では禁制薬物として規制された覚せい剤などを使用してまで、自らに鞭打って勤労していた。このヒロポンは、大日本製薬というまっとうな製薬会社がアンプル剤として生産し、それは街中の薬局で普通に販売されていた。
労働者たちは、現代サラリーマンが駅売店でタフマンやリポDを飲むのと同じ感覚でこれらを使って元気を奮い立たせて働いた。
その結果としての今日なのだ。
そこまでして働いたという事実そのものに感謝しつつ、彼らは何を支えにそこまで自らに鞭打つことができたのか、その根底にあったものを呈示して欲しい。
それは、平和の中にも混迷から抜け出せない今日社会を脱するためのヒントになるのではないかと思う。

P4010508.jpg







戦中は、こういった空気の中、多くの若者が祖国や家族のために滅私した。
そのこと自体は繰り返してはならないことであるが、この世に生を受けた限り、生きた証を立てたいという欲求は、人間の持つ根源的本能であり、時代によって形は異なれど、普遍的真理だと思う。
戦前から戦時中は、それが戦争というベクトルに向かわせるために使われたというのは悲しい事実だが、その、社会を構成する一員としての原動力とも言うべきものを、いかに平和的に発揮し、社会全体として前進するか、そういうことを考える機会とするべきと思うのだ。

P4010509.jpg







世の中には陰影というものがある。
かつて、こういった風俗、言葉で括れば「必要悪」とでもいうべきものは、現代よりももっとあからさまに街中に氾濫していた。
それは、風俗だけではなく、社会制度や風潮の全て、世の中の隅々において存在していた。
みな、「悪」だなどということは当然にわかっていたけれど、きれいごとよりも、前進することに重きを置いたことによって、それら必要悪は、時として社会の付属物として、時として暗黙の必須としてごく当たり前のように、隠然そして公然と存在したのである。
皆、前進することにエネルギーを集中していた。

この平和で豊かな今日において、こういった社会エネルギーをどのように醸成して発揮させるのか、それを模索する機会とすべきなのではないか。

P4010511.jpg








私が少年期を過ごした昭和40年代から50年代前半において、日本は先進国などではなかった。
クラスの名簿内の電話番号のうち、3分の1には「呼」の文字が付いていた。そう、自宅に電話がない家は珍しくなかったのだ。
自家用車がある家は、3分の1もなかった。
そう、ほんの40年ほど前、日本は先進国でも経済大国でもなかったのだ。
その後、平成ヒトケタまでに至る20年ほどの間に、日本は歴史上類を見ないほどの成長を遂げ、その後バブル崩壊を経て現在に至る。
バブル経済の反省は、批判的論調によって語り尽くされるほどである反面、そこまでの成長を遂げた成功要因について発展進化させようという論調がなさすぎる。

結局のところ、人間も社会も、前進することをやめるわけにはいかない。時計の針は右方向にしか回らないのだ。
どのような失敗も、それに伴う反省も、今日、今この瞬間において前進の糧になるものでなければ意味がない。
後ろ向きの材料にするための反省なんて、しないほうがマシなのだ。


私は、戦前、戦中、戦後、そして現在に至るまでの間、自らの為すべきことに精力を傾注し、自らの生きる理由を全うすべく努力を重ねる全ての人への敬意と感謝の念を忘れない。そして、自らもそうありたいと考えている。











ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ