Entries

ホンダCB750FにCR-M31を装着&セッティング


ホンダCB750Fにお乗りのHさんから、CR-M31の製作及び装着セッティング作業のご依頼をいただきました。
現在はノーマルキャブレターが装着されているのですが、どうにも調子がいまひとつ・・・
試乗させていただいたところ、アイドリングから低開度域ではスムーズでツキもまずまずなのですが、6,000rpm以上はバラついてしまって吹け上がってくれないことが判明しました。

P3290449.jpg







純正キャブレターというものは、実は非常に良く出来ているものなのです。完全ノーマルで乗っている分には、ある意味では最も完成されたものと言えます。
しかし、ひとたびリセッティングをしようとか、劣化に伴うオーバーホールをしようとした場合、実はけっこうやっかいなものになったりするのも事実です。
なにせ、ジェットニードルを中心に、セッティング用パーツが存在しませんし、古い年式のものの場合には、部品欠品ということも少なくありません。
そうなった場合、純正キャブレターに固執するよりも、レーシングキャブレターに交換してしまう方が、あらゆる意味においてメリットが大きいというのも事実です。

CB750F用にCR-M31を製作しました。
今回は、より適正な装着をするために、スピゴットも新規に製作させていただきました。

P3290450.jpg







ところで、CRキャブレターにスピゴットを装着する際に、液体ガスケットを塗布するケースが散見されますが、それは絶対にやめてください。
FCRと異なり、CRキャブレターではOリングでシールする構造になっていますので、ここに液体ガスケットなどは全くもって不要なのです。構造を見ればわかるはずなのに・・・
オーバーホールや仕様変更などをするにあたって、ここに液体ガスケットが塗布されていると、時として非常にやっかいなことになるのです。
Oリングとスピゴットのネジ部分には、防水とカジリ防止のためにグリスを塗ってください。

P3290451.jpg






ここはOリングでシールしますので、締め付けも手でキュ~ッと締める程度で十分です。
工具などを使って締め付ける必要など全くありません。
締め付け過ぎは百害あって一利なしです。

P3290452.jpg






純正キャブレターを取り外します。
この時、インシュレーターの硬化やひび割れなどについても念入りにチェックしましょう。
このマシンでは問題ありませんでしたが、用心のために新品交換するというのも良いことです。

P3290455.jpg






CB750Fの戻し側ノーマルスロットルワイヤー端部にはナットがひとつしかありませんので、スリ割りを入れた薄ナットを追加します。
それは、脱着性を高めるために、キャブレター側のブラケットに切ってあるメネジの山をさらってしまいたいから・・・
こういう細かいところにひと手間をかけることで、後々のセッティング性やメンテナンス性を高めることができるのです。

P3290453.jpg






スピゴットを製作した目的は、この絶妙のクリアランスを実現するためです。
可能な限り、キャブレターをエンジンに近づけたいのです。

P3290456.jpg







スロットルワイヤーの取り回しも極めて重要なことです。
いくつかのパターンを試みながら、最もスムーズな場所を模索します。

P3290457.jpg





この時点で、軽くスムーズに作動するかを確認しますが、ここにおける妥協は絶対に許されません。わずかでも渋さや重さを感じたならば、先に戻って設定の見直しをするべきです。









3か所あるガソリン取り入れ口も、どこを使うのか緻密に検討することが必要です。
燃料フィルターの配置と曲がりの少ないホース取り回しのために、3・4番間を使うことにしました。

P3290460.jpg







装着を完了したなら、ガソリンを通してエンジン始動しますが、いつものとおり、あっさりと始動させることができました。
始動後、しばらく暖機したあと、様々な開け方をしながら空ぶかしレーシングさせ、実走前のセッティングをします。

このマシンは、全体的に濃いセットを要求するようで、SJ、JNストレート径、MJなどについて、私のCB750Fに関する手持ちデータよりも1ランクほど濃い状態にすることにしました。

P3290461.jpg

P3290462.jpg






レスポンスはこんな感じにすることができました。
エンジンの吹け上がりに対して、機械式タコメータが全く追従し切れていません。











ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
2位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ