Entries

Z1にCR-M33とSP-2(V.F.M)を装着&セッティング


川崎市のYさんは、これまでにZ1000MK2などを愛車としてきたZマニアなのですが、昨年、旧車専門店にて念願のZ1を購入したのです。
担当のメカニックの方は、実に親身になって整備を行ってくださったそうなのですが、唯一、装着されていたCRキャブレターの状態は満足の行くものにならなかったそうです。
問題はエンジン本体にあるのか、それともキャブセッティング、はたまた点火系なのか・・・思い悩んでいたところでファクトリーまめしばの存在を知り、連絡をくださいました。

まずは現車を見てみないことには何とも判断のしようがありませんので、マシンを持ち込んでいただきました。
現状確認のために試乗したところ、アイドリングは安定せず、回転落ちも悪いというものでしたが、スロットルを開けて加速する際にはけっこう力強くスムーズでしたし、異常が懸念されるような異音もありませんので、エンジン本体に大きな問題はなさそうです。
確認のためにエンジンコンプレッションを計測してみましたが、ややヘタっているのは事実なれど、すぐさまにオーバーホールを要するというほどのものでもありません。

見立てとしては、CRキャブレターの軽オーバーホールの上でMノズルを組み付けてセッティングすれば良い状態にすることができるというものでしたので、その旨を提案したところ、いずれエンジンオーバーホールとともにボアアップチューニングもすることを計画しているので、現状のCR29に投資をするよりも、この際に新品のCR-M33に交換してセッティングして欲しいとのことでした。

いきなりのお話で用意もしていませんでしたので、昼前から、全分解状態で在庫しているCR-M33の組み立て作業に取り掛かりました。
ちょっと作業に専念していましたので、組み立て作業中の画像はありませんが、Yさんには、ご自身のCR-M33が全分解状態から組み上げられる様子を間近で見ていただくことができましたので、それはそれで楽しめたようで良かったです。
なかなか見られないことと思いますよ。

順調に組み立てと装着も完了、ガスを通してあっけなくエンジン始動までこぎつけました。
Yさんは、あまりにもあっさりと始動し、そのままアイドリングもピタリと安定していることに相当に感動していましたよ。まあ、私にすれば当然のことです。
試乗時におおよそのマシン状態は確認していますし、これまでに同様の仕様についてデータは豊富にありますので、外すことなんてあるわけもありません。

P3150361.jpg







ある程度の暖機ののちに軽くレーシングさせても問題はなさそうでしたので、そのまま実走セッティングに移ります。

P3150362.jpg







そうそう、将来におけるハイコンプチューニングを見越して、ウオタニSP-2のバージョンファクトリーまめしば(V.F.M)も装着です。
Z用SP-2にはいくつかのバージョンが存在しますが、私のオリジナルマッピングは最後発の後出しジャンケンですので、最も進化したものとなります。
具体的には、ノーマルエンジン用とハイコンプエンジン用に、それぞれ全く異なる点火カーブを設定しているのですが、この、「全く異なる」というところがポイントです。
何事も中途半端は良くありませんので、私のものは、それぞれに特化した専用マップとなっており、それをダイヤル選択で切り替えることができます。
さらには、既存のZ用SP-2と互換性を持たせてありますので、カプラーオンでユニット差し替えもできるという親切設定です。
それぞれにTPS対応の3次元マップもインストール済みですので、都合4種類の点火マップが組まれているというものです。
欲張りでしょ・・・

YさんのZ1には、STDのSP-2がすでに装着されていましたが、(V.F.M)のユニットと差し替えて交換しました。ユニット単品でも販売していますので、これもお得な設定ということです。

P3150360.jpg







さて、実走によるセッティングの結果、最終的には下記のようなセットになりました。
MJ:118
JN:YY6#6
SJ:52
AS:1
PS:1.75
CA:3.0










このあと、Yさんにも確認試乗をしていただきましたが、もう、自分のマシンではないみたい・・・と大喜びでした。
Yさんは、ここ最近、私の記事を穴の開くほど読み返していたそうですが、装着インプレに、「まるで自分のマシンではないみたい・・・全く別物・・・」などとあることについて、「まあ、良くなるんだろうけど、自分のマシンではないようだなんてちょっと大げさかも・・・」
などと懐疑的に思っていたそうなのですが、自分のマシンではなくなったそうです。
まあ、結局のところ、体験してみなくちゃわかりません。

また、どんな開け方をしても、「カリッ」というノッキングの気配すらないということで、私のオリジナルマッピングの効果が確実に発揮されていることも確認していただきました。

まあ、私としては、CR-MキャブレターもV.F.Mも、そうなるように開発してきたものですから、そうなって当たり前のことです。


好天の日曜日ということにて呼びもしないのに集まって来た変態おやぢたちに混じって、チョイと若いYさんが、いかに気持ち良く走れるようになって驚いたのかを楽しそうに話しています。
こういう交流が深まるのも、同種のマシンに乗る楽しさというものです。

P3150364.jpg






CR-Mキャブレターは、31、33、35の各口径については在庫しておりますので、入手をご検討の方はお問い合わせください。
全てのケースではありませんが、このようにして、日帰り装着セッティングも可能だったりしますし、通販の場合でも、相当な確度のプリセットデータがありますので、ポンと装着してそのままベストに近い状態にすることもできます。
そのまま装着して機能しない場合は、エンジン本体や点火系に問題があるか、若しくは装着作業に問題があるということですし、そう断言できるほどのデータを保有しているということです。

また、SP-2(V.F.M)も基本的には常時在庫確保しております。




ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ