Entries

CRキャブレター分解中に徒然思うこと・・・


私、年間に200機ほどのCRキャブレターを分解組み立てしますので、累計ではもう何機になったでしょうか・・・

どんな機械もそうですが、10回くらい分解組み立てをすれば、「ああ、こいつの構造と勘所は把握したな」と思うものですが、いやいや、実はまだまだです。
50回くらい反復すると、また違うものが見えて来るものです。
そして、200回くらいやると、また違うものが見えて来る・・・

また、多くを手掛けて来ると、キャブレターの内部状態を見るだけで、様々なことが窺えるようにもなります。
たとえば、ベンチュリー内やスロットルバルブなどへのカーボン付着の様子を見るだけで、エンジン本体の状態も推測できたりもしますし、ジェッティング組み合わせを見るだけで、これまでにどういう迷路にはまったのか、その経過も類推したりできたりします。
はたまた、セッティング工賃に数万円を支払ったとお聞きしたのに、中に入っているジェット類はメーカー出荷時そのままだったりすることも珍しくありませんし、スロットルバルブの同調高さがひどくずれていたりすることも多々あります。
まあ、過去の履歴は私の関知するところではありませんが、少なくても仕事として依頼を受けた以上は、私の経験則を含めて事実をご説明させていただいていますし、その結果評価はユーザーに委ねるべきことですので、私は自らの為すべきことを粛々と行うだけのことです。

目的は、ユーザー諸兄の愛車を益々の快走マシンに仕上げることであり、それは然るべき対価を負担したユーザーの権利でもあります。
そして、このことは、基本的には全てに優先すべきであるというのが私の考えです。
楽しむための趣味のものであるオートバイにまつわることを仕事とする以上、それは当然のことと考えるのです。


今日も、PS追加加工を含めたCR-Mキャブレター製作のご依頼によってCR33を分解しました。
Z1000MK2に装着していたとのことですが、色々と試行錯誤を重ねたものの、なかなか思うような状態にすることができなかったそうです。

P2280276.jpg






街中走行でのかぶり気味症状をなんとかしたいと考え、ある意見を参考に、カッタウェイサイズが大きなスロットルバルブに交換したそうですが、かぶり気味症状は思うほどに解消されないばかりか、開けてもトルク感が薄く、ボケて腑抜けたエンジンフィールになってしまったそうです。その後はどうしたらよいのかもわからず、迷路に迷い込んで今日に至るということです。

CR33の初期設定では、カッタウェイ(CA)3.0というサイズが入っているのですが、これは3.5に変更されていました。

P2280277.jpg






CAサイズを大きくすれば、開度2分の1手前付近までを薄くすることはできるのですが、ベンチュリー内流速が大きく低下しますので、吸入効率はガタ落ちになります。
そう、吸わなくなってしまうので、トルクもパワーも出なくなり、開けてもボヤッとしかツイて来ないようになってしまうのです。
以前にも書きましたが、スロットルバルブのカッタウェイサイズというのは、可能な限り小さく抑えるというのがセオリーなのです。できれば、設けたくはないけれど、それではいくつかの辻褄が合わせ難くなるので仕方なく・・・でも、それは必要最小限度にすべきことです。
詳しくはこちらに解説していますので、お読みになってください。


スロットルバルブカッタウェイと負圧




キャブレターを構成するための各ボルト類の締め付けは、ある意味では特殊な加減が必要です。
車体周りやエンジンにおける規定締め付けトルクとは、その基準が全く異なります。
一言で言えば、締め付け過ぎは百害あって一利なし・・・

締め付け過ぎはこういうことにつながります。
各ボディーを連結するためのステーですが、このように座面が陥没しているのがわかります。また、CRキャブレターの連結ステーは、様々なピッチに対する汎用性を高めるために、基準となる2番以外の取り付け穴は、相当な長穴になっていますので、締め付けトルクを全周で受ける2番に対して、1・3・4番のそれぞれの長穴は、6分の1ほどの面積で受けなくてはならないのです。
それらを同じトルクで締めたらどうなるのかを考えてみれば、当然の帰結ということです。
その結果、ボディーの整列は大きく崩れて、スムーズな作動や同調を阻害することとなります。

P2280281.jpg

P2280282.jpg

P2280278.jpg






これもたまに見かけますが、トップキャップやフロートチャンバーを留めるボルトをステンレスボルトに交換しています。また、ご丁寧に、ステンレスのスプリングワッシャーまで・・・
キャブレターに限らずですが、エンジン周辺の小さなボルトやネジ、ナット類には、ステンレス製を使うべきではありません。
脱着の際に、つい手元が滑って、プラグホールやインテークポート、カムチェーントンネル内などに転がり込んだらどうするのですか。
鉄製ならピックアップマグネットで拾うことができますが、ステンレス製だとエンジン分解という憂き目に遭うことでしょう。
まあ、えらそうに言う私自身も、プラグホールにM5のステンレスネジをホールインワンさせたことで、シリンダーヘッド脱着をする破目に遭うという苦い経験をしています。
また、ノーマルのネジにはスプリングワッシャーが付いていますが、ネジからワッシャーが抜けないような造りになっています。
ジェットニードル交換時にトップキャップを開ける際、ネジは指先でつまんだものの、容易に分離するスプリングワッシャーをつまみ損ねてコロコロッと・・・ホールインワン・・・

P2280285.jpg







このCR33は、来月中ごろには、シリアルナンバー#330のCR-M33に生まれ変わり、オーナーの愛車であるZ1000MK2に装着されることとなります。
その結果、オーナーには、まるで別物のように快走するようになった愛車に乗り、日々楽しくご満足いただくというのが私の目的です。



※3月1日から3月4日までの間、ちょっと雲隠れすることとしました。
各部品等の発送業務はできませんので、よろしくお願いいたします。
ご注文やお問い合わせについては、メール送信しておいていただければ、戻り次第に返信いたします。また、お急ぎの際には、直接にお電話ください。












渾身の一作であるGS750用ステップキット、予約受付を開始しております。
詳細はこちらをごらんください。
GS750用ステップキットの予約受付について

ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
7位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ