Entries

GS1000Sエンジンのオーバーホール その7~ガンコート塗装の完了


※3月1日から3月4日までの間、ちょっと雲隠れすることとしました。
各部品等の発送業務はできませんので、よろしくお願いいたします。
ご注文やお問い合わせについては、メール送信しておいていただければ、戻り次第に返信いたします。また、お急ぎの際には、直接にお電話ください。




当初、点火系のリニューアルとCRキャブレターセッティングのご依頼でお預かりしたGS1000S、不調の原因はエンジン本体にありました。
そう、クランクシャフトが大きく位相ずれを起こしていましたので、全分解オーバーホールするしかありません。
その経過はこちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。

GS1000Sエンジンのオーバーホール



せっかく全分解オーバーホールをするのですから、この際、きっちりとやり直して、長く安心して乗れるマシンに仕上げたいというオーナーの意向によって、ガンコート塗装もすることにしましたが、本日、塗装から上がって参りました。
オーナーが選択した色は、迫力のオールブラックエンジンです。
依頼したのは、私が信頼する、「エアーペイントタカノさん」です。
とにかく仕事が丁寧できれい、そして、絶対にブラストメディアを残留させないという執念の洗浄とマスキングを徹底してくれるところが信頼性の柱です。
私のGS944エンジンも作業していただきましたが、その様子を高野さんがHPに掲載していますので、どうぞご覧になってください。

・エンジン塗装は、洗い!とマスキング!その1
http://www6.ocn.ne.jp/~apt/sd158.html

・エンジン塗装は、洗い!とマスキング!その2
http://www6.ocn.ne.jp/~apt/sd159.html


さて、こんなにきれいな仕上がりになりました。

P2260266.jpg

P2260267.jpg

P2260268.jpg

P2260269.jpg






高野さんは、下記の工程について、労力を惜しむことなく投入します。
きれいな仕上がりは塗装のプロとして当然のこと、そして、エンジンとしてきちんと機能させるためには、ブラストメディアの残留は絶対にあってはならないことなのです。
・ブラスト前に完全脱脂するためのシンナー洗浄
・徹底したブラスト用マスキング
・再度シンナー洗浄
・塗装用マスキング
・塗装
・焼付
・念押しのシンナー洗浄

エンジン内部とチェックしてみましたが、微塵の残留も認められませんでした。

P2260270.jpg

P2260271.jpg






先日も、プロショップにフルチューニングを依頼したエンジンが、多量のブラストメディア残留によってエンジン全損になってしまったという話を耳にしました。
ウェットブラストだからマスキングしなくても大丈夫、そしてエンジン内部までブラストするので、内部のスラッジやオイル焼けもきれいになるというのが謳い文句なのだそうですが、洗浄が甘くてブローしたのでは、これはもうまるきりお話にならないということです。
もし、エンジン塗装を伴う作業を依頼するのであれば、どういうブラスト処理をするのか、そこで洗浄やマスキングをどうするのかを仔細にしつこく確認することをお勧めします。
もし、マスキングしないでブラストするというのであれば、それは危険ということです。
いくら洗浄しても、オイル分が残ったオイルライン内に侵入したメディアを完全に洗浄することは物理的に極めて困難なのですからね。

さてこのエンジン、これからシリンダーボーリングとヘッドのリペア作業のため、SOHCエンジニアリングに持ち込みましょう。





渾身の一作であるGS750用ステップキット、予約受付を開始しております。
詳細はこちらをごらんください。
GS750用ステップキットの予約受付について

ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ