FC2ブログ

GS1000と日々の日記

ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。

Entries

BMW R80GS

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
毎日更新をがんばっているところですが、皆様の応援クリックが何よりの励みになっております。記事を楽しんでいただきましたら応援クリックをお忘れなきよう、どうぞよろしくお願いします。


先日の日曜日、伊豆スカイラインでパタパタさんのR80GSと交換試乗させていただきましたが、実は私、このBMWのOHVフラットツインエンジンは未体験でした。
長い歴史を有し、世界中のライダーから支持されている銘機ですので、私としては興味津々、是非乗ってみたいと思っていたんですね。

意外に思われるかもしれませんが、実は私、かつてはツインエンスーでした・・・
ドゥカのOHCツインやグッツィのOHVツインを散々いじり回してきました。
これらのヨーロッパ生まれのツインエンジン、完全スタンダード状態では???と感じる部分が多々あったりするのですが、手を加えるごとに見違えるようなフィーリングとパフォーマンスを発揮してくれたりします。
その変貌振りが楽しかったりしますし、そういったことを受け入れるだけの許容量があるというのも事実ではないかと思っています。

これらのツインエンジンは、かつては様々なカテゴリーのレースにおいても輝かしい戦果を上げてきました。
フラットツインも、かつてはAMAスーパーバイクにおいて、ZやCBなどの日本製4気筒マシンを向こうに回して対等以上に戦っていましたし、パリダカでの戦績は、まさに砂漠の帝王というにふさわしいものであったのです。

そういった、先入観タップリの状態で試乗したのですが・・・・




もう、またがっただけで嬉しくなってしまい、パタパタさんにお願いして撮影していただきました。
その後、パタパタさんのお仕事がプロのカメラマンと知り、ちょっとドキッとしてしまったのですが・・・




この日の伊豆スカイラインは、やや秋めいた涼やかな風が吹きわたり、目を上げると、そこには紺碧の空が広がる絶好の日和でした。
この直前につるりんさんのGSF1200に試乗させていただき、同じ場所を走っているときには、空の色合いなんて全く視界に入っていなかったのですが・・・




ついつい、青空をバックにして写真を撮りたくなり、色々とアングルを考えていたところ、高回転マルチサウンドを響かせてコーナーから脱兎のごとく加速してくるマシン・・・・
同じ日に同じ場所でバイクを楽しんでいるのですが、見ているものは全く別のもの・・・
ついさっき、GSF1200で走っていた私は、このレプリカマシンのライダーと同じように、進入時のブレーキフィールがどうのとか、脱出加速時の二次旋回性がどうのとか、そんなことばかり考えていましたが、違うマシンに乗った瞬間にコレです。
同じ日に同じ場所で同じ人間が乗ったのに、バイクが違うだけで、景色から空気から、いや、全てが違ったものに感じられるのですねぇ・・・
ちょっと新鮮で不思議な感覚でした。




たぶん、ギアは4速、いや、5速だったかな・・・まあ、どっちでもいいやというか、覚えていません。
ギアホールドのまま、スロットルワークだけでコーナーをゆるやかにトレースし、意味もなくステップ上にスタンディングして、両脇に広がる緑の梢を見上げてみたりしたくなります。
サス、ブレーキ、エンジン・・・・まあ、どこもかしこもユルユルで、個々については必ずしもいい印象ではありませんでしたが、そんなことはほとんど気になりません。
たぶん、自分のマシンとして入手してしまえば、かつてのドゥカやグッツィのようにいじり回してしまうでしょうし、そうすることでそれなりにシャッキリと走るようになるのも間違いないことと思います。
この日、このマシンに乗せていただくまでは、そういったユルい造りのマシンの隅々まで手を加えていくことは、マシンが持っている本来のポテンシャルを発揮させるために行う適正化作業であると信じて疑わなかったのですが・・・・

もしかすると、そういったことをやってしまうことそのものが、まだまだアオいことなのかもしれないなどとふと思ってしまいました。

このところ連続して行っている交換試乗、サスがどうの、キャブがどうの、エンジンフィールがどうの、そういった部分でも得るものが多いですし、もとより私もそういったものを求めての交換試乗でありました。
しかし、そこで得られるもの、得るべきものはそればかりではなく、こういった、バイクという乗り物に対する別の視点をも得ることができるということに気づかされた一日でした。

もっともっと、色んなマシンに乗ってみたいですね。


う~ん、なかなかうまく表現できないのですが・・・・
~機械 メカニズム 効率 適正 機能~
考えてみれば、日頃私がとらわれているのはこういったものです。
それが現在までの私のバイクとの向き合い方ということですが、バイクに乗って何を感じるのか、何に使うのか、そして、何のために乗るのかという、バイク遊びという所作の根源的なことも、たまには考えなくちゃいけないかなぁ・・・なんて気分にさせられたのです。
そういった意味でも、パタパタさんのブログから伝わってくる独特のフィーリングにもちょっと惹かれたりします。

リアルな私を知る方からは、「オマエの性分ではムリだろ!!」と言われそうですが・・・
ムリとは認めたくありませんが、極めて困難ではないかとは自覚しています。



皆様の応援クリックが大きな励みになっております。今日もいつものように応援クリックをお忘れなきよう、よろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
ファクトリーまめしばにおける日々の作業内容についてご紹介しております。
また、オートバイを構成する各部について、その原理や法則に及びつつ、実践的なノウハウも盛り込んでおりますので、参考にしていただければ幸いです。

ファクトリーまめしばの営業について、特段に定休日や営業時間を設けておりませんが、一人で切り盛りしておりますので、おいでになる際には、あらかじめのご連絡をいただければと思います。

〒250-0852
神奈川県小田原市栢山2925-3
株式会社ファクトリーまめしば
Tel:090-3342-1234
FAX:0465-46-7041
Mail:mameshiba198@gmail.com

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
5位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ