Entries

Z750FX1にV-UP16、そしてMノズル&PEEK製リンクロッドを装着セッティング


木更津市のSさんの愛車は、実に良いコンディションのZ750FX1です。
Sさんは、私の記事を参考にCRキャブセッティングを煮詰めて来られたとのことで、なかなか具合の良い吹け具合でした。
そして今回、さらなる向上を得るべく、V-UP16を装着するとともに、Mノズル&PEEK製リンクロッドを投入し、実走セッティングをさせていただくこととしました。
結果、Sさんの予想をはるかに上回るほどの結果を得ることができたのは言うまでもありませんが、その経過についてご報告いたします。

これがSさんのZ750FX1です。
素晴らしい・・・

P2100183.jpg







まずは、点火コイル一次側への供給電圧を16Vまで昇圧することができる、V-UP16の装着です。
このデバイス、点火コイルなどへの負担増加を心配する方もおいでですが、理論上における可能性の話はさておき、そんな心配は無用です。
そうならないようにきちんと制御回路を組み込んでありますので、安価に販売されている類似品などとはレベルが異なるものなのです。
現実、すでに私を経由して販売したものも300個を超えていますが、これを原因とした点火系破損はありません。
そもそも、オートバイの発電系は、フルに能力を発揮した状態では15V以上を発生しますので、それよりもわずかに高いだけの16Vというのは、耐久性に与える影響など事実上はありません。
それを心配するなら、無接点式であるにもかかわらず、通電時間制御機能がないことから、点火コイルに6A以上もの大電流を流しっぱなしにしてしまうダイナSの方がよほどトラブルの原因になります。

始動時からアイドリング、以後のエンジン回転の変動などによって、オートバイや車の電装系は大きく電圧変動を来しますが、V-UP16を装着することによって、あらゆる状況下において、常に安定して16Vを点火コイルに供給することになるのですが、この、「常に安定して16Vを供給」というところが極めて重要なことなのです。

外装類を外しましょう。

P2100179.jpg






すでにウオタニSP-2が装着されるなどのチューニングが施された状態ですが、それでもなおかつ大きな効果を発揮します。
点火系用リレーハーネスの装着もぬかりなく、V-UP16は予定通り機能しています。
この状態からセルモーターを回して消費電流が激増したとしても、安定して16Vを供給する・・・そのメリットは計り知れません。

P2100181.jpg







さて次はCR29への作業に取り掛かりましょう。

P1130070.jpg







装着するのはこれらの部品です。
こんな小さなものですが、その効果は驚くべきものとなります。

P1130071.jpg






そしてこれも極めて重要・・・セッティングパーツです。
いくらMノズルを装着しようと、きちんとしたセッティングなくしてパフォーマンスを発揮することはできません。
マシン持ち込みで作業依頼いただければ、セッティング後に必要なジェットのみを入手することができますので、無駄もありません。
また、現時点でのセットを基準にして、夏になったらどのようなリセットをすれば良いかも具体的にガイダンスします。

P1130072.jpg






装着にあたっては、スロットルバルブ周りまで分解しますので、各部のチェックと軽オーバーホール作業を兼ねることとなります。
こびりついたカーボンやスラッジなどもきれいにね・・・

P1130082.jpg







リンクロッドの組み付けにはちょっと要領が必要ですので、キャブレター分解の経験がない方にはちょっと難しいかもしれません。
また、スムーズな作動性を実現するためにも、的確な組み付けと調整が必要です。
この、PEEK製リンクロッドの装着によってリンク周りのフリクションを大きく低減させることができますので、リターンスプリングレートを下げるマージンが生まれます。
つまり、戻りを担保しつつもフリクション低減効果とスプリング反力低減効果を同時に獲得し、結果として軽くスムーズでコントローラブルな操作性を得ることができるのです。
また、併せてスロットルワイヤーの取り回しや角度などを適正化することも重要となりますが、このマシンでも、大きく見直し調整を図りました。
これまでに多数のカスタムZのセッティング作業を行ってきましたが、きれいにスペシャルコンプリートされたマシンでも、こういうところの詰めが甘いものが多いというのが現実です。
いくら高価なチューニングパーツを投入しても、それでは画竜点睛を欠くというもの・・・
こういった作業について、私は随一のノウハウを持ちますので、その点においても持ち込む価値があるということです。

P1130084.jpg







これはCRキャブレターのトップキャップとフロートチャンバーを留めているネジですが、柔らかい材質の鉄製ですので、すぐにナメてしまいやすいのが問題です。
また、プラスドライバー使用ですので、斜めにアクセスすることも困難です。

P1130085.jpg






そこで、クロモリ製のキャップボルトに交換します。これは、黒クロメートメッキ処理してありますので、錆びる心配もありません。
このように、ボールポイントヘックスドライバーを使えば、斜めにアクセスすることも容易です。
タンクを外すのみでジェットニードル交換する際にも作業性は抜群となります。

P1130086.jpg






さて、Mノズルの装着も完了しました。
エンジン始動後、Sさんは、
「もう、アイドリング時の排気音から全然違う・・・」
それがMノズルと適正セッティングの効果ということです。

P1130087.jpg

P1130088.jpg






このあと実走にてセッティング作業を行い、装着前とは別物のようになりました。
そして、Sさんとともに、近所のテストコースを15kmほど走り、仕上がりチェックをしていただきましたよ。
もう、数kmも走らないうちの信号待ちで、
「驚きました・・・ここまで変わるとは思っていませんでしたよ。マシンが別物のように軽く走る・・・そしてスムーズ・・・」

まあ、そうでなくてはやらせていただいた意味も価値もありません。
最終的に落ち着いたセットは下記のとおりでした。
MJ:118
JN:YY6#6
SJ:58
AS:3/4

P2100182.jpg






タコメーターのレスポンスがエンジン回転の上昇に全くついて行けなくなるほどですね。
どこぞでは、「どんなZにも合う魔法のJNがある」なんて言って、どれにもこれにもP151なんていう、薄すぎて開けてもまともに加速できないようなJNを勧めているらしいですが、かぶってしまうおそれがないのは事実ではあるものの、ワイドオープンを受け付けないマシンなんて、乗っててつまらないだけです。
グイッと開けたらビュッと加速しつつ、パーシャルでもかぶらないというバランス点を見出す作業こそがキャブセッティングなのにね・・・








この後、Sさんは、
「もう、木更津までの帰り道が楽しみだぁっ!!」
と言いながら、嬉々として帰途に就きました。


作業をご希望の方は、どうぞご遠慮なくお問い合わせください。
また、この程度の作業であれば、マシンをお預かりする必要もなく、午前中から作業開始すれば、夕方前には終了しますので、日帰り作業でOKです。
昼食は、近所のうまい食堂をご案内しますので、食事をしながらのバイク談義でも楽しみましょう。







渾身の一作であるGS750用ステップキット、予約受付を開始しております。
詳細はこちらをごらんください。
GS750用ステップキットの予約受付について

ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
2位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ