Entries

ゼファー1100にウオタニSP-2を装着&セッティング


絶版ビッグネイキッドマシン中、最も人気があるといえば、このゼファー1100なのでしょう。
生産中止となって以来、その相場も上がる一方のようです。
迫力満点の空冷並列4気筒エンジンには、ツインプラグヘッドが装備されているというのも他にはない点ですね。
ただこのマシン、私の個人的な印象はあまり芳しいものではありませんでした。
車体周りのことはさておいても、エンジンスペックの割にはアイドリングから極低速域でのトルク感が薄い・・・ある意味では、街中の低速走行時にスムーズでギクシャクしないとも言えますが、3,000rpm過ぎから急に勢い付くようなトルク変動がある上に、その先の5,000rpm手前付近で、また中だるみ領域があります。
何台かの仕様が異なるマシンに乗っても、この基本的な特性に変わりはありませんので、基本的なエンジン特性なのだと思っていた反面、どうも点火カーブを含めた点火系に原因があるのではないかと想像はしていたのです。

先日、近所にお住まいのOさんから、ゼファー1100へウオタニSP-2を装着して欲しいとのご注文をいただきましたので、それを確認する良い機会となりました。

マシンは、ノーマルエンジンにFCR37とカーカー製マフラーが装着されているというものです。
作業前に試乗してみましたが、やはりゼファー1100特有のトルク特性であることも確認できましたので、やはりこれはキャブセッティングなどの問題ではない・・・

P1260062.jpg







ノーマルコイルを取り外し、SP-2コイルにプラグコードを装着します。
手順としては、SP-2コイルを仮装着し、各プラグにはプラグコードを差した状態で各コードの長さを調整します。
それに合わせてコードをカットするのです。
なにせ8本ものコードを取り回さないといけませんので、長さを含めてしっかりと検討する必要があります。
難しくはないのですが、手間と時間がかかります。

P1270063.jpg






ユニットは、ノーマルイグナイターが装着してあったところにすっぽりと納めることができました。

P1270064.jpg







タンク下に4個のコイルを干渉なく納めるのはけっこう面倒でしたが、なんとか装着を完了です。

P1270065.jpg






テスト走行の結果、アイドリング近辺でのトルク感が相当に向上しています。
3,000rpm付近でのトルク変動は、完全には解消したとまでは言いませんが、普通の感覚ではわからないレベルになったと思います。
これは主に、それまで弱く細かったアイドリングから3,000rpm付近までのトルクとツキが大きく向上したことによって、そこでの段付き感が薄れたものと思います。
また、その後のトルクカーブも、体感上は相当にフラットなものになりましたので、7,000rpmオーバーまでスムーズかつ一気につながるようになりました。
そこで、点火時期切り替えのダイヤルを前後に回してセッティングを試みた結果、さらに向上させることができましたので、とりあえずはこれにて及第点とはなりました。
しかし、ゼファー1100のノーマルイグナイター及びSP-2ユニットの点火カーブには大いに疑問があります。
実は、アイドリングから3,000rpmあたりまでの低回転域で全く進角させないという、実に不可思議なものとなっているのです。
これを、アイドリングから素直に進角カーブを立ち上げるようにしてやれば、ゼファー1100は見違えるように良く走るものとなるはずです。
ただ、これを実現するためには、適切なカーブを指定した上でウオタニさんに特注ユニットを製作してもらう必要があります。
まあ、ご要望が多ければ検討しましょうか・・・








ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
3位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ