Entries

GS/GSX用強化アクスルキットのデリバリーについて

にほんブログ村 バイク カスタム・整備(クリックはココ)
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
変態まめしばは、実験してみたいことが山ほどあるのですが、実際に形にするまでには幾多の困難があったりします。今日も変態実験計画を夢想していますが、励みは皆様の応援です。1日1回の応援クリックをどうぞよろしくお願いいたします。皆様、どうか忘れないで・・・・・・・・


CRキャブレターのパフォーマンスやフィーリングを劇的に向上させる部品や加工処理をご用意しております。詳細は、下記の各記事をご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

・PEEK製スロットルバルブ関係
http://blogs.yahoo.co.jp/mameshiba198/22847931.html



お問い合わせは、
mameshiba198★aol.com(★に@を入れてください)
までメールをお送りください。その際に、お名前、ご住所、電話番号、マシン名、キャブ口径、メールアドレス等の記載をお願いいたします。


振り返れば一昨年の秋、私は愛車であるGS1000のフロントフォーククランプの構造に疑問を抱き、これをなんとか強化する方法はないものかと検討を始めました。
フロントアクスルシャフト及びこれをアウターチューブ下部に分割式クランプで固定するという構造はそのままに、本来あるべき姿の考察を踏まえた上で部品製作の検討を行い、それに従って自分用の試作品を製作するに至りました。
まあ、試作品と言っても、この時点ではあくまでも自分用のものという意識しかありませんでしたので、実際に装着し、そのパフォーマンスが確認された時点で私は満足したのです。

しかし、この経過記事をお読みになっていた複数の方々からお問い合わせをいただくことになりましたので、注文を確定した身近な数人分のみを再製作したのですが、クランプの片側を密着式にするなどの手直しを加えた進化版として完成するに至ったのです。

この開発の経過については、この書庫内に詳細がありますので、ぜひご覧になってください。
どのような考えに基づいて製作されたものなのか、お読みいただければ理解は容易ではないかと思います。
巷に強化アクスルシャフトと呼ばれる商品はいくつかありますが、その詳細をここまでつまびらかにしたものはありません。
http://blogs.yahoo.co.jp/mameshiba198/folder/588118.html


少し前に超々ジュラルミンのA7075材を使ったクランプ及びこれの硬質アルマイト処理は完了していたところですが、昨日、これと組み合わせるべくマエカワエンジニアリングの前川さんに製作依頼していたクロモリ製アクスルシャフトが届きましたので、これで全てのセットがそろったのです。

まずは画像をご覧ください。





硬質黒色アルマイトのクランプとレイデント処理された黒色のクロモリアクスルシャフトの組み合わせですが、なんとも言えない迫力あるものとなりました。






ナットもクロモリ材をNC旋盤で削り出して製作したものです。
レースユースを考慮して、ワイヤリング用の穴加工も万全です。





シャフトの頭部分は軽量化のための中空加工をしたうえ、横方向に8mmの穴を開けてあります。
締め付けの際には、ここに適当なシャフトを差し込んで回り止めとします。
ここを六角の頭にした方が見た目はいいかもしれませんが、そうすると中空加工部分の肉厚を増やさなくてはなりませんので、結果として重量増になります。
ここは見た目よりも、機能を優先しました。









シャフトの頭部分は22mm径です。ノーマルはここに外径22mmのカラーが入る構造ですが、剛性を確保するために一体構造としたのです。
この22mmと15mmの段差部分で右側ホイールベアリングの内輪をダイレクトに押します。





ナット裏側にはこのような段差を設けました。
この段差の外径は21.7mmです。つまり、こちら側に入るホイールカラーの外径よりもわずかに小径としているのです。
これは、ホイールとブレーキのセンター出しをした結果、個体差によってホイールカラーの端面がアウターチューブの端面よりも内側に入る可能性もあることから、その場合でもフォークの整列出しができるようにするための段差です。
これは小さなことではありません。非常に重要なことなんですね。
いくらアクスル周りの剛性を確保したからといって、フォークの整列が出ていないものは、ユニットとしてはゴミ同然です。
換言すれば、組み付け時にも十分に注意すべきことですね。
わかりやすく言えば、アクスルシャフトの締め付け力がアウターチューブ側面にかかってはいけないということです。
これが、アクスルの締め付け管理とフォークの整列管理作業を分離するということです。









これはナチュラルの硬質アルマイトをかけたクランプですが、ここでお伝えしたいことは、クランプとシャフトの密着度の高さです。
このように傾けても滑り落ちないのはもちろんですが、ここの嵌め合い具合は感動モノです。
ピタ~ッと吸い付くように密着するのです。
いくら締め付けたところで、ここの面合わせがキチッとしていなければ、剛性なんて稼げるはずがないのです。
逆に、ここの密着度が高ければ、ちょっと締め付けただけでガチッと固定されるのは当然のことです。





ネジ切り加工もきれいに仕上がっています。
先のナットを入れてみても、ガタもなく、またスムーズな回転でねじ込むことができます。
こういったところの精度も大事なところですね。





キットの内容は以下のとおりです。
・クランプ
 材質:A7075
 処理:硬質アルマイト(黒色は別途オーダー)
・アクスルシャフト&ナット
 材質:SCM435
 処理:レイデント
・カラー
 材質:SCM435
 処理:レイデント
・ボルト
 材質:SCM435
 処理:ブラッククロメート
・ワッシャー
 材質:炭素鋼
 処理:ニッケルメッキ

細部にまで変態まめしばのこだわりを反映したものとなりました。
このキットについて、受注させていただくことにいたしましたので、必要な方は私宛にメール送信をお願いいたします。
その際には、郵便番号、住所、氏名、電話番号、メールアドレス、マシン名、マシン仕様などをご連絡ください。その際に、黒色アルマイトを希望される方は、その旨のご指定をお忘れなく。
折り返し、おおむねの価格についてご連絡いたします。
この価格につきましては、受注総数によって多少変動いたしますが、この類のキットとしては驚異的な破格値のはずです。注文が多ければ単価が下がるということですので、多くの方々からのご注文をお待ちしております。
私は商売でこれをやっているわけではありませんので、必要経費以外の利益を乗せていないのですから当然のことです。
なお、完全受注製作ですので、ご注文のあった分しか製作しません。よって、必要な方はお早目の発注をお願い致します。


その他、Z系用、CB-F系用のキットについても多数のお問い合わせをいただいておりますが、モリワキカヤバ、PMCカヤバ、アドバンテージカヤバなども視野に入れつつ、今回のキットと同等のものを製作することを計画していますので、いましばらくお待ちください。
また、これについての問題は、特にZ系マシンにおけるデータが不足していることです。
アウターチューブとカラー類を含めたアクスル回り部品のサンプルがあれば話は早いのですが・・・・
年式や車種によってどこまでの共通性があるのかもいまひとつわかりませんし・・・

追記
当初、カラーはノーマルを使用する旨を記載しましたが、要望により、これもSCM435&レイデントにて製作する予定にしました。


私はあくまでも自分自身のマシンを自分仕様に仕上げることに情熱を傾けるサンデープライベートチューナーです。その中で蓄積してきたノウハウや手法をフィードバックさせていただくことで、こだわりを持ってオートバイに接する同士の方々とも快感を共有してみたいという試みを始めることにいたしました。そうすることにより、これまではネット上のバーチャルな関係に過ぎなかったものから、具体的でリアルな交流をすることができるはずと期待するのです。このことで、まめしばは新しい局面に踏み込むわけですが、そんな私をこれまでと同様にご支援いただければ幸いです。どうぞ応援クリックをお忘れなく、よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 バイク カスタム・整備(クリックはココ)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
2位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ