Entries

エンジンオーバーホール済のZ1にCR-M33TPS仕様を装着&セッティング


オーナーのOさん、実に素晴らしいコンディションのZ1を入手したのです。
しかし、エンジン本体はオイル消費が多い状態でしたので、フルオーバーホール作業をすることにしました。まあ、ここまでは想定内のこと・・・古いマシンを入手したのですから、覚悟はしていたとのことです。
しかし、平行してオーバーホールや調整を行った純正キャブレターがどうにもシャキッとせずに、つまるところ気持ち良く走れないのです。

ここまでのコンディションのZ1を入手するだけでも、ちょっと躊躇してしまうくらいのお金がかかっているのは言うまでもありませんが、それだけの投資をしたにもかかわらず、そして外見はこんなにきれいに仕上がったにもかかわらず、気持ちの良い走りができないというのは許せない・・・
これはもう、ゼニカネの問題ではなく、Oさんご自身の納得の問題ということのようです。

周囲からは、CRキャブレターへの交換も示唆されたそうですが、長年にわたって旧車を趣味としてきたOさんにとって、CRキャブレターの印象は最悪・・・低回転域でボソボソ言ってスムーズに走れないし、スロットルは重いし、あんなものは街乗りでは使いたくない・・・そう思っていたんだそうです。
しかし、Z1のルックスにFCRやTMRという選択肢はない・・・さてどうしようかと思案していたところに知ったのがCR-Mキャブレターというわけです。

Oさんからご相談をいただいてから、CR-Mキャブレターの仕様をどのようなものにするのか、相当に細かいディスカッションを行いましたが、結果、CR-M33のTPS仕様に決定です。そしてこれを、ノーマルエアクリーナーボックスと組み合わせるというものです。

Oさんのスタンスは、いくら古いマシンと言っても、きちんと走れてナンボというもの・・・街中から峠道、高速道路・・・はたまたショートツーリングからロングディスタンスまで、スムーズでフレキシブルな現代的パフォーマンスを得たい・・・そして譲れないことがもうひとつ・・・Z1というマシンのイメージやルックスにマッチしたものという、ある意味では極めて欲張りで贅沢なものなのです。

いや、お応えしてみせましょう。

もう、この仕様は過去にも数台を手掛けていますので、すでに美味しいデータも豊富にあります。装着自体は特段の問題もなくスムーズに終えることができました。

素晴らしいZ1スタイルをご覧ください。

P1130023.jpg

P1130024.jpg

P1130025.jpg

P1130027.jpg







まだならし中ですので、中開度以上のセッティングを確認することはできていませんが、私の予測ではこれでほぼOKというもの・・・それが積み重ねたデータの威力というものです。

今回の仕様詳細は下記のようなものです。
・PS追加加工
・新型Mノズル
・PEEK製リンクロッド
・低レートサブリターンスプリング
・TPS装着
・ケーヒン純正リモートアイドルアジャスター
・黒クロメート済クロモリボルト

そう、CR-M33ベーシック仕様+TPSというものになります。

まだ高回転まで回すことができませんので、こんな感じですが、低開度からのリニアでシャープな吹けは確認できますね。









納車当日、状態確認のためにテスト走行していただいた際、Oさんのインプレは・・・

「このCR-M33、良いものとは予想していましたが、その予想は大きく裏切られました。ここまでのものとは思っていなかった・・・予想以上だ・・・
ギアが何速に入っていようが、開ければグイッと気持ち良く加速するし、発進時にアイドリングのままクラッチをつないでもスルッと出る。そして5速1,500回転でスムーズに走れて、そこから開けても力強く素直についてくる。冷えていても一発始動でアイドリングもピタリと安定してカブってエンストする気配すら全然ない・・・そしてびっくりするほど速い・・・驚きました。大満足です。」


いやいや、私は予想どおりなんです・・・CR-MキャブレターはCRキャブレターではありませんからね。見た目は似ていますが、全く別のものなのです。
本日、Oさんからメールをいただきました。

「お世話になります。Oです。
昨日は有難うございました。
昨日の帰り道、巡航で80キロで走行した時は、ならし中なのにアクセルをガバッと開けたくなってしまいました。
まさに別物になった感じです。どこのギアからも加速しそうです。
今年はキャブのことは気にせずに出かけられそうです。
また色々とお願いすることもあると思いますので、宜しくお願いします。」



Z系マシンにおいて、私が推奨するのは下記のとおりです。
・Z2(750cc~860cc)~CR-M31
・Z1(903cc~1,015cc)~CR-M33
・MK2、Z1Retc~CR-M33
・その他、1,000cc以上のチューンドエンジン~CR-MB35

そして、ウオタニSP-2をご使用であれば、3次元マップによる緻密な点火時期コントロールを実現するTPS仕様がお勧めです。
さらに、ファクトリーまめしばオリジナルバージョンである、SP-2(V.F.M)ならパーフェクトです。最後発ですので、最新のマッピングとなっています。

各口径のCR-Mキャブレター及びSP-2(V.F.M)は常時在庫しておりますので、ご希望の方はご遠慮なくお問い合わせください。


本当に美味しいものを食べたことがない人は、それがどれくらい美味しいのかを想像できないものでしょ・・・
知らぬままに悶々としたり、あれこれと想像したりしても、知らないのであれば、所詮はそれまでのことに過ぎません。
まあ、知らぬが仏ということもありますけれどね・・・






ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ