Entries

CB900FにCR-M33を装着&実走セッティング


正月明けからファクトリーまめしばは全開でお仕事しております。
本日は、なんとも素晴らしいコンディションのCB900FにファクトリーまめしばスペシャルのCR-M33を装着、そしてオーナーとともに実走セッティングを行うというものでした。

オーナーのKさん、これまでのキャブレターは、CB1300純正品を流用装着していたのですが、これはCB-F系マシンでは定番チューニングになっているらしいですね。
ポンと装着するだけでノーマルキャブレターよりははるかに良くなるようです。
しかし、Kさんの不満は、さらなる可能性を追求するためのセッティングができないということ・・・
純正キャブレターよりはずっと良くなったものの、キッチリとオーバーホールしたエンジンは、さらなるポテンシャルを予感させるところ、純正流用品では如何ともし難い・・・
そこでCR-M33に白羽の矢が立ったということです。

P1130003.jpg

P1130007.jpg

P1130004.jpg






Kさんからマシン仕様をお聞きし、私が予想の上で決めたプリセット値は下記のようなものでした。
MJ:120
JN:YY6#6
SJ:52
AS:7/8
PS:1.75

装着してガソリンを通してエンジン始動、すぐさまアイドリングはピタリと安定し、空ぶかしレーシングでのレスポンスもまずまずの状態でしたので、そのまま実走テストに入りました。
付近を10kmほど走り、様々な開け方をしながらセッティング状態を把握します。
もとの状態を知りませんので具体的な比較をする術はありませんが、開度1/8付近がやや薄いように感じます。そこで、ポケットに入れたマイナスドライバーを使って、暫定的にASをちょっと締め込んでみたところ、開け始めのトルク感が増すのを確認しました。
その後も、ASを開けたり締めたりしながら、どのような変化をするのか試します。
この変更は、答を見つけるためのものではなく、このエンジンがどういう傾向の混合気を要求するのか、その方向性を探るために行うものです。

とりあえず、Kさんにも現状のフィーリングを把握確認してもらうために試乗していただきます。
Kさんご本人に、その後に行うリセッティング後の状態との比較をしてもらうことで、キャブレターセッティングの有効性を認識していただこうと考えたのです。

P1130001.jpg






試乗後のKさんのインプレは、下記のようなものでした。
・これまでの負圧キャブレターと遜色のない軽くスムーズなスロットルワークが可能
・アイドリングから中回転域までのトルク感が増加
・エンブレが緩くスムーズになった

そう、強制開閉式レーシングキャブレターのネガはないということです。
それも、神経質で難しいと認識されているCRキャブレターなのに・・・

でも、これにはまだ続きがあるのです。
下記のようにリセッティングしました。
MJ:120
JN:YY5#6
SJ:52
AS:1
PS:1.75

そう、JNストレート径を1ランク濃くして、それによって生じる低開度域パーシャルで濃くなり過ぎるネガを消すためにASをわずかに開けたのです。
これによって、開度1/8近辺からスロットルを開けて加速した際に、太くまろやかなトルク感が出て、スムーズで気持ちの良い、開けた分だけズイッと前に出るフィーリングになりました。おまけに振動も少なくなってエンブレもさらに緩くスムーズにすることができたのです。
再度の試乗後、Kさんは、
「JNストレート径を1/100mm変更するだけで、こんなにエンジンフィーリングが変化するんですね・・・キャブセッティングって面白い・・・」

実は、このKさんの体験そのものが、キャブレターセッティングをマスターするために極めて重要なこととなります。
同一機会に同一条件下において、セッティング変更の前後においてどのような変化をしたのかを連続で比較すること・・・いくらベテランライダーだと言っても、CRキャブレター初体験のKさんもJNストレート径1/100mmによる変化を判別することができるのです。それは、同一機会だからこそなのです。
キャブセッティングとは、この連続して比較するという作業を繰り返すだけの作業と言っても過言ではありません。


そう、書き忘れましたが、このCB900FにもNGCエキゾーストが装着されています。
この美しくも迫力に満ちた曲線美、そしてアイドリングからレブリミットまでフラットで太いトルクに乗って一気に吹けるダイナミックな加速・・・そしてジェントル・・・NGCは実にインテリジェンスに溢れたマフラーなのです。


P1130005.jpg







遠方の方の場合、このようにして私自身が実走セッティングを詰めるという作業をすることができないのですが、プリセット状態でシェイクダウンを行った後に、このような詰めを行っていただきたいのです。
仮に、プリセット状態でそこそこ満足できる状態であったとしても、もっと良くなる余地がきっとあるはずなのです。その際にご不明のことがあれば、ぜひお問い合わせください。具体的な方法についてガイダンスをさせていただきます。
また、近郊にお住いの方であれば、ファクトリーまめしばにて装着セッティングを行うことをお勧めします。当然に工賃は発生しますが、その価値はきっとあるものと確信しています。それは、キャブセッティングだけではなく、スロットル周りの設定を始めとする各部のセットアップにおいても同様です。これらに小さな瑕疵があるだけで、フィーリングはてきめんに悪化するのです・・・
私が想定する機能パフォーマンスを得るために・・・


最後に、本日のCB900Fについて、動画にてどうぞ。









ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ