Entries

GSX-R1100にV-UP16を装着


年明け2件目のお仕事は、油冷エンジンを搭載する名車、スズキGSX-R1100に一次電圧昇圧回路V-UP16の装着作業となりました。

実はこのマシン、昨年にマルチスパークアンプ(MSA)を装着させていただいた、TT-F1マシンリアルレプリカとも言えるスペシャルなカスタムマシンです。
この時とは外装色やホイールなどが換わっていますが、このオーナー、2種類の外装をお持ちで、着せ替えして楽しんでおられます。
各部を見ると、信じ難いようなワークスパーツが・・・
GSX-R1100にMSAを装着

オーナーさんは、このあとにウルフ250(RGV-250γエンジン搭載マシン)にV-UP16を装着していますが、MSAと含めて、私がデリバリーするこれらのパーツについて大満足をいただいているということです。
こちらの記事をご覧ください。
ウルフ250にV-UP16を装着

MSA、V-UP16ともに決して安価ではありませんが、同一人が別のマシンにも装着したいと考えて投資をするということは、価格に見合った効果を実感し、それに満足している証左であるとともに、その事実は、開発テストに携わった私自身にとっても、実に嬉しいことであるのは言うまでもありません。


今日のスタイルはスズキワークスカラーのブルーです。
それにしても、いつ見ても素晴らしい・・・

P1120973.jpg

P1120971.jpg






V-UP16装着作業に先立って試乗させていただきましたが、このマシン、見かけ倒しなどではありません。押し引きするだけで、車体や足回りなどの各部は実に軽くフリクションを感じさせないことがわかります。恐る恐るクラッチミートし、微速で走り出しても、ハードに締め上げられた前後サスであるにもかかわらず、突き上げ感もなくリニアに作動し、こんな極低速であってもピタリと直進します。
街中の交差点を左折する程度の荷重域でも、豊富な接地感があって不安を感じることもなく・・・スロットルを大きく開けて加速すれば、軽い車体が離陸せんばかりの勢いで一気に車速を乗せるのですが、前後サスは破綻の気配すらなく・・・
良く見れば、前後のオーリンズサスの各アジャスターには多数の工具痕があるではありませんか。そう、オーナー自身によって、徹底的にセッティングの煮詰めが行われた成果・・・高価なサスを組んだだけという、見てくれだけの盆栽コンプリートマシンとは本質的に違うということです。
オーナーの手で散々に煮詰められたマシンは、好みの違いはあったとしても、ポンと乗って違和感を覚えたりはしないものです。

リフトに載せて外装を外します。

P1120969.jpg







シート下に、前回に装着したMSAと並べて、V-UP16を装着しました。

P1120970.jpg







装着後のテスト走行では、クラッチミートした瞬間直後の押し出し感が、まるでボアアップしたかのように力強くなり、そこからのカタパルトダッシュがさらに豪快なものになりました。
振動が激減し、中回転域から高回転域に至る軽くシャープでリニアな加速感が得られる爽快極まりないフィーリングのMSA、そして極低速からズ太いトルクを伴う豪快な加速感が得られるV-UP16、そのいずれもが満足できるものです。
ZやGS、カタナなどの旧車はもとより、油冷やニンジャ系などの80年代マシンでも素晴らしい効果を発揮します。
安価ではないけれど、それは高いパフォーマンスを得るために必要なコストです。
エンジン本体やキャブレターなどに大きなコストをかけたならば、それらのポテンシャルをフルに発揮させるためには、点火系にも相応の手を加えなくては片手落ちなのです。
まあ、見た目には何も変わりませんので、見てくれ優先の価値観では食指は動かないかも知れませんけれど・・・

だいたい、キャブレターセッティングを始め、ファクトリーまめしばでの作業は、見た目は何も変わりませんので、そういう価値観期待はしないでください。
しかし、ファクトリーまめしばへの往路と作業後の帰路では、マシンは別物に変貌している・・・私はそんな仕事をしたいのです。





ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
3位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ