Entries

オリジナルオイルの耐久性テスト~CB-FエンジンにはFM-1.5に決まり!!


そもそも私がオリジナルなエンジンオイルを作りたいと考えた動機は、自分自身が納得できるような、そして安心して使えるオイルが欲しいというものでした。
開発テーマはいくつかあったのですが、その詳細についてはこちらを参照ください。
オリジナルオイルの開発


達成したかった特性のひとつとして、安定したロングライフがあります。
初期性能は素晴らしく良いけれど、2,000~3,000km程度の走行で明らかにヘタってしまうとか、一度油温を上げてしまうと急速にヘタってしまうとか、そういうものにはしたくありませんでした。
私がオリジナルオイルを開発するにあたって掲げた目標は、

・6,000km程度はヘタリ感のないもの・・・


一部のハイパフォーマンスオイル、走行毎に交換することが前提のレースユース向けならば良いのですが、一般的なストリートユースではどんなものなのか・・・
そして、最大の問題は、そういう、ハイパフォーマンス&ショートライフなオイルが、必ずしもそういうネガの部分を含めて説明アナウンスがされておらず、それによって、ユーザーサイドからすると、いったいどれを選べば良いのか、自分の使い方に最もマッチしたものはどれなのかが非常にわかり難いという現状にあると考えています。

みな、自身のふところ具合と相談しながら、コスト的に許される範囲内で最も良いと思えるものが使いたいのですから、提供する側は、その判断基準として明確な説明を果たすべきと思っています。


また、粘度選択についても同様です。
夏は硬め、冬は柔らか目・・・言うのは簡単なことですが、年間走行距離が数千kmに満たないようなユーザーの場合、まだまだ使えるオイルについて、季節が変わったからといって交換するというのはあまりに現実から乖離したことになります。
通常、オイル粘度のラインナップは、10W40や15W50というものが多いところですが、その中間粘度も欲しいところですよね。いや、季節もそうですが、マシンやエンジンによって、はたまた乗り方や好みによって、最もマッチする粘度はまちまちですので、選択肢は細かくあるに越したことはないのです。

現に、熱的に厳しいと同時に高回転型であるCB-F系やザッパー系、GSX750系などのマシンにおいては、安定性や熱的耐久性を考えると15W50が良いけれど、高回転域での回りを考えると10W40がいい・・・そんなジレンマを覚えるのが現実です。
また、ZやGS、カタナなどの空冷大排気量エンジンでは、基本的には15W50がベストマッチだけれど、そんなに油温が上がるような走り方をしないし、冬季のことを考えると、年間通じてバランス良く使える中間粘度が欲しい・・・

なので、12.5W45などという、これまでにあまり聞いたことがないような粘度を設定してみました。
これ、実に良いバランスなんですよ・・・

P1110057.jpg





この、FM-1.5(12.5W45)を開発初期からテストしてもらっていた、九州は福岡のSさんから、新しいレポートが届きましたのでご紹介しましょう。
FM-1.5を投入後、半年間で6,000kmほどを走行したので、ここで交換してフィーリングの変化を確認したいということでした。
そう、オイルのヘタリ感というのは、走行を重ねるごとに徐々に進行しますので、実のところわかり難いという側面を持ちます。
一番わかるのは、新油に交換した時なのです。
オイル交換したことでエンジンフィーリングがめっきり良くなったのであれば、交換前の時点でオイルはヘタッていたということですし、交換したのにフィーリングに変化なしということであれば、そのオイルはまだまだヘタッていなかったということになるのです。

巷では、
「オイル交換したらエンジンがシャキッとして気持ち良かった・・・このオイルは良いオイルだ・・・」
などという話を見聞したりしますが、いやいや、それは大きな間違いです。
もっと早くオイル交換すべきだった・・・もしくは、そのオイルはヘタリが早くてダメなオイルだ・・・そういうことなのです。


さて、Sさんのレポートは・・・


期間は半年間、走行距離6,000km後におけるオイル交換後の感想・・・結果は合格です。
私は、抜いた廃油をペール缶に捨てる時にジョウゴを使っていますが、これまでのオイルでは、シャボン玉のようになって割れオイルが飛び散ることがいつものことでした。
しかし、FM-1.5は、まだ十分な粘度と流動性を保っており、飛び散るなどということがありませんし、廃油を指で触っても、シャバシャバ感がなくて粘度が十分に残っていることがわかります。
届いた新油に交換して走ってみましたが、エンジンフィーリングの違いはほとんどなく、いわゆるオイル交換後の感動というものがありませんでした。つまり、半年間、6,000km走行ではオイルのヘタリはなかったということですね。
注意して乗ってみると、シフトフィーリングとクラッチのタッチがわずかに改善していることに気づきましたが、それも意識して探らないと分からないレベルです。
一般的な感覚ではまだまだいける・・・もうちょっと交換スパンを長く取っても問題ないとさえ言えますね。
よって、開発目標である半年・6,000kmの耐久性を維持するという点については、十分以上に達成されているものと思います。
それから、このFM-1.5は、CB-Fエンジンにはベストですね。
滑らかでスムーズなシフト、軽く高回転まで回るというフリクションの少なさ、このロングライフなど、これまでに使ってきたオイルの中で、これがベストです。
以上 オイル交換直後の感想でした。





Sさんは、北九州界隈のCB-F乗り、いや、空冷乗りの間ではまさにご意見番的存在です。
ライディングスキル、セッティングスキル、そして的確にマシンを把握する感性と鋭いセンサーを持つ、まさに変態・・・
私は、何か新しいデバイスを試作したりすると、まずはSさんに人身御供になっていただいてテストを依頼します。
Mノズル、V-UP16、MSA、そしてオリジナルオイルなど、ファクトリーまめしばがデリバリーするほぼ全てのデバイスについて、テストライダーをした一人がこのSさんというわけです。




FM-1(10W40)、FM-1.5(12.5W45)、FM-2(15W50)、いっずれも4Lが10,000円、1Lは2,800円となります。
また、ファクトリーまめしばではオイル交換サービスも実施しておりますが、その場合の単価は1Lで2,500円となります。




アドバンテージKYB36及び現行モリワキKYB用のワンプッシュエアバルブ付イニシャルアジャスターのデリバリーを開始しました。
詳細はこちらをご覧ください。
・デリバリーについて
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1920.html
・製品コンセプト
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1919.html



ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
3位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ