Entries

FCRキャブレターのオーバーホール&チューニング


現在では、CRキャブレター専門のように認識されている私ですが、FCRキャブレター発売当初から20年余にわたって使い続けたFCRマニア・・・
そういう意味では、CRキャブレターをいじるようになってからは6年ほどですので、向き合ってきた期間で言えば、FCRキャブレターの方がはるかに長いということになります。
まあ、色々なことをFCRキャブレターでもやってきました。
ただ、これを仕事として請け負うということになると、ちょっと悩ましいことがいくつかあることで、あまりFCRキャブレターに積極的ではないのです。
まあ、そのことについてはあとで触れることにしましょうね。

今回、4連FCR39のオーバーホールとリターンスプリング交換作業を依頼されましたのでご紹介しましょう。
FCRユーザーは多数おられると思いますので、使用上の注意点という観点からもお読みください。

分解中です。

P1110061.jpg






FCRキャブレターの留意点としてまず挙げられるのが、この浮動バルブ(背圧バランスバルブ)の摩耗です。
ここは、エンジンの吸入負圧と脈動によって、ボディー内壁に叩きつけられるように摺動しているところですので、摩耗しやすいのです。
FCRキャブレターが発する「カチャカチャ」という独特の音は、この浮動バルブ(背圧バランスバルブ)が吸入負圧の脈動に踊らされてボディーに叩きつけられている音なのです。
アイドリング時を中心に、スロットル開度が小さな時の方がインマニ内の吸入負圧値が大きいですので、浮動バルブ(背圧バランスバルブ)の摩耗も下端部分を中心に進みます。

P1110063.jpg







浮動バルブ(背圧バランスバルブ)には、摺動性を上げるためにテフロンコーティングがかけられていますが、これは走行を重ねるごとに剥がれていきます。
ちょっと高価な部品ですが、まあ、これくらいならもうちょっと使えますか・・・
次のオーバーホール時には交換ですね。
ちなみに部品価格は、4枚で24,600円もします。

P1110064.jpg







最も心配なのは、ボディーの摩耗です。
FCRのスロットルバルブはベアリング内臓のローラーによって支持されていますが、このローラーはボディー内壁上を転がるように作動しています。
そこで、このベアリングの動きが渋くなったりすると、転がらずに滑るようになりますので、それがボディーの摩耗を急速に促進するのです。
そもそも摩耗に弱いFCRキャブレターにおいては、スロットルバルブ周りを常にクリーンな状態に維持することが最も重要なこととなります。
ファンネルのままで走行してメンテナンスもなにもしないとなれば、あっという間に摩耗して使用不能のゴミと化してしまいます。
ボディーの摩耗が一定以上まで進んだFCRキャブレターは、使用不能、ゴミ同然・・・そうならないためにも、エアクリーナー使用とこまめなメンテナンスを欠かしてはならないのです。そしてこの摩耗は、CRキャブレターやTMRキャブレターなどと比較しても、はるかに進行しやすいのがFCRキャブレターの宿命です。まあ、多くの人が思っている以上に消耗部品ということです。

このボディーは問題ありません。ちなみに使用期間は約3年、距離は5,000~6,000km、K&Nのフィルター使用です。

P1110068.jpg






ボディーや浮動バルブ(背圧バランスバルブ)の摩耗による劣化は徐々に進行しますので、それによるヘタリ感、パフォーマンスの落ち具合というのはなかなか体感し難い部分があります。
回転落ちが悪いとか、アイドリング近辺が不安定でバラつき感があるとか、始動性が悪くなったとか・・・
「どうも最近パリッとしないな・・・セッティングが合わなくなったのか、同調がズレたのか、はたまた点火系かな?」
などと思っていたら、実のところFCRキャブレターの摩耗劣化だったなどというのは十分に考えられるケースです。


1989年にリリースされたFCRキャブレター、基本的には当時のままのスペックで製作されていますが、細かい部分は仕様変更も受けています。
そのひとつが、リターンスプリングのレートアップです。
まあ、安全率向上のため、戻りに対するマージンを上げたということなのですが、どうもその背景には、戻り側のスロットルワイヤーを付けずに使用してスロットルの戻りが悪くなったという、ユーザー側の問題があったらしい・・・
このFCRキャブレターも、現行の標準スプリングである、通称120%のリターンスプリングが組み込まれていましたので、これを100%スプリングに変更します。
このほかにも、当時のレースユーザーからの、もっとスロットルを軽くしたいという要望から、75%というスプリングも存在します。相当に軽くなりますし、私はこれを愛用していますが、使用にあたっては、スロットルリンケージやスロットルワイヤー、スロットルホルダーの設定やメンテナンス調整に細心の注意を払う必要がありますので、あまり一般的ではありませんね。でも驚くほどに軽くなるのも事実です。

向かって左側が現行標準の120%、右側が75%です。
今回は、オーナーの指定によって、この中間である100%を使います。

P1110079.jpg






FCRキャブレターをオーバーホールする際には、スロットルシャフト及び同ベアリングに、特殊グリスであるバリエルタを塗布することが指定されています。
相当に高価なものなのですが、きちんとしたオーバーホールをするには必須のものとなります。

P1110069.jpg

P1110070.jpg







さて、これがFCRキャブレターにおける勘所の柱です。
そう、浮動バルブ(背圧バランスバルブ)シールです。
ご存じのとおり、FCRキャブレターのスロットルバルブはベアリングローラーによって支持されていますが、それはすなわち、スロットルバルブとボディー内壁が直接摺動しない、いや、正確に言えば、エアリークをシールできるほどの密閉性を持たないということを意味します。
これでは、スロットル開度が少ない領域において二次エアーの吸入量が多くなり過ぎてしまい、気化器としての機能を果たすことができなくなるのです。
FCRキャブレターの原型となったレース専用のフラットバルブキャブレターでは、このスロットルバルブとボディー間のエアリーク量を抑制コントロールするために、ボディーひとつずつについてシムを入れてこのクリアランスを0.2mm前後に調整するという方法を採っていましたが、これは優れたメカニックが手作業で行うことが前提の構造だったというわけです。
量産汎用レーシングパーツであるFCRキャブレターではそんなことをするわけにはいきませんが、そこで考え出されたのが、スロットルバルブをメインとサブの2枚構造にして、その間にエンジンの吸入負圧を導入し、それによってサブ側をボディーに吸い付けることでエアリークを防ぐという方法です。
そして、2枚の間には双方を密閉するためのシールが挿入されています。
そう、サブ側が浮動バルブ(背圧バランスバルブ)シールが浮動バルブ(背圧バランスバルブ)シールというわけです。
このシールがヘタったりすれば、ベアリング支持されたメインスロットルバルブと浮動バルブ(背圧バランスバルブ)の密閉性が保持できなくなり、二次エアーを吸ってしまうということになるのです。

ちなみにこのシール、ケーヒンの指定では、毎シーズンごとに交換ということになっています。それくらい、FCRがキャブレターとして機能するためには重要なものということです。

P1110071.jpg







交換の前後において、どれくらいの違いがあるのか、動画にてご覧ください。
交換前のものは、シールの反発力が完全に失われているのがわかりますね。
これでは、浮動バルブ(背圧バランスバルブ)がきちんと機能することはできません。












さて、各ボディーの平行と垂直に注意しながら連結作業を行い、スロットルバルブとリンク周りも組み立てをしました。
ここで注意しなくてはならないことが、リンクアームとスロットルバルブのスラストクリアランス調整です。
画像のように、各開度において、リンクアームとスロットルバルブの干渉がないように調整します。ここが競ってしまうと、とたんに重く渋いものになってしまうのです。

P1110074.jpg







各部の調整も済ませ、これで完成です。
ただ組むだけなら簡単な作業ですが、きちんと組むのはけっこう難しいんですよ。

P1110075.jpg

P1110076.jpg






そうそう、もうひとつ忘れていました。
加速ポンプのダイヤフラムも新品に交換しましょう。
TMRのようなプランジャー式加速ポンプなら心配ないのですが、ダイヤフラム式の場合には、これの弾力性が落ちると、とたんに吐出量が減ってしまいます。
意外と知られていないんですよね・・・

P1110077.jpg







ファクトリーまめしばでは、FCRキャブレターのオーバーホールも受け付けしないことはないのですが、お受けするには条件があります。
まず、ボディーが摩耗している場合、それはいくらオーバーホールしても修復することはできません。そして、摩耗が限度を超えているのかどうかは分解してみないとわからないというところが悩ましいところです。
分解して使えないことが判明した場合、厳しい現実をお伝えすることになる可能性があることを認識ください。
また、FCRキャブレターの各構成部品は極めて高価です。
浮動バルブ(背圧バランスバルブ)は4枚で24,600円、メインスロットルバルブは4個で56,600円もします。これらの摩耗が進んでいて交換が必要になったとしたら、その部品代だけで81,200円です。
その他、Oリングやガスケット代、そしてオーバーホール工賃が加算されると、もう新品が買える値段になってしまいます。
なので、FCRキャブレターは消耗品なのです。

少しでも長持ちさせようと思ったら、早めのオーバーホールメンテナンスとこまめなクリーンアップ、そしてエアクリーナーの使用です。

オーバーホールをご希望の方は、上記のことをご理解の上でご連絡ください。
また、症状だけをお聞きして正確な判断をすることはできません。分解しなくてはわからないのです。







アドバンテージKYB36及び現行モリワキKYB用のワンプッシュエアバルブ付イニシャルアジャスターのデリバリーを開始しました。
詳細はこちらをご覧ください。
・デリバリーについて
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1920.html
・製品コンセプト
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1919.html



ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
3位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ