Entries

GS750のエンジンオーバーホール計画 その11~クランクケースの組み立て


昨日は、私の51回目の誕生日でしたが、お祝いのメッセージを下さった皆様、本当にありがとうございます。
ついに私も、赤いちゃんちゃんこまでのカウントダウンが始まってしまいました。
振り返れば、30年有余にわたってバイクいじりを趣味としてきましたが、ハイティーンのころと気持ちは何ら変わりない・・・いや、今の方が情熱を燃やしつつ楽しんでいるものと感じている次第です。
これも、日頃から陰に日向にご支持下さっている方々のおかげにほかならないと感謝しております。
こんな恵まれた日々が訪れようとは想像だにしていませんでした。
これから、人生のラストスパート、悔いのない毎日を送って行こうと決意を新たにしています。
モットーは、「明るく楽しく元気よく」です。






さて今日は、GS750エンジンの、クランクケースを組み立てましょう。
失敗のないようにするためには、事前に手順をシミュレーションしておくことが大切です。
必要なケミカルや工具なども、あらかじめ準備しておきましょうね。慣れたころに大きな失敗をするものです。

まずは、アッパークランクケースに、クランクシャフト、ミッション、キックシャフトなどを載せます。ロアケースには、シフトドラムやシフトフォークなどを組み付けておきます。
このとき、Cリング、オイルシール、Oリング、ダウエルピンなどを忘れずに組み付けましょう。クランクケースを組み立ててしまってから、「あれっ、入れたっけ?」なんていう不安な気分になりたくありませんからね。
カムチェーンを通しておくのを忘れた・・・なんてことになったら、それは悲劇というものです。
それから、各ベアリングの回り止めピンの位置も確認しましょう。
ここで大切なことは、落ち着いて何度も確認するということです。

P1090640.jpg






次に、上下ケースの合わせ面やベアリングなどをアセトンで脱脂します。
まあ、慌てないで落ち着いて丁寧にやることが大切です。

P1090644.jpg






ここまで終えたら、間違いや忘れ物がないかどうかを再確認します。
一服つけながら、落ち着いてね・・・
早くエンジンを組み立てて、向こう側にある車体に載せたい・・・

P1090645.jpg







各ボルトはあらかじめ洗浄し、クランクケースの上側と下側に分けて整理しておきましょう。ボルトが足りないなどということがないようにね。
そして、スレッドコンパウンドをネジ部分と座面に塗っておきます。
何事も下準備が肝心です。

P1090646.jpg







次に、ケース合わせ面に液体ガスケットを薄く塗ります。
厚く塗っても、はみ出してしまうだけですので、薄くでいいのです。
この液体ガスケットは時間の経過とともに固まってしまいますので、ケースを合わせる直前に塗ることが重要です。

P1090647.jpg







各ボルトを、マニュアル記載の順番に従って締め付けて行きます。
8mmボルトの規定トルクは2キロですが、3段階くらいに分けて均等に締めて行きます。
そして、その都度にわたって、クランクシャフトやミッションシャフトが軽くスムーズに回るかを確認します。
どこかを締めたら急に回りが重くなったということでもあれば、その原因を突き止めて解決しなくてはなりません。
たとえ、芯出し修正や分解リビルドされたクランクシャフトだからといって、この確認を怠ってはなりません。

P1090649.jpg





問題なくスムーズに回ります。










ファクトリーまめしばでは、マシン持ち込みでの、CRキャブレターに対するMノズル&PEEK製リンクロッド装着&セッティングサービスを行っております。その効果は想像以上・・・
ご希望の方は、メール若しくはお電話にてお問い合わせください。
作業時間は半日程度ですので、日帰りにて十分に可能となります。
また、愛車を題材にしてのセッティングガイダンスも平行して行いますし、具体的なセッティング方法、ジェット交換要領などもご説明いたします。
たとえば、今の季節でこの組み合わせだから、もっと気温が下がったら、スロージェットをこうしてジェットニードルをこんな感じに・・・とかね・・・
その後、ご自身の手によって、さらに好みのセットに煮詰めて行くのも楽しいものですよ。
具体的な価格等については下記の記事を参照ください。
これを機に、セッティングの迷路から脱出できることを考えれば格安と思います。

Mノズル&PEEK製リンクロッドの装着サービス



大好評のファクトリーまめしばオリジナルオイル開発の経過はこちらにありますので、どうぞご覧になってください。
オリジナルオイルの開発

P1090323.jpg

P1090324.jpg

価格を含めたサービス内容については、こちらをご覧ください。
常に在庫は確保しております。
オリジナルオイルのデリバリーについて



ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ