Entries

2014年の夏、チョイと九州までツーリング その6~大阪から無事に帰着、そして反省会


今回のツーリング、台風と雨に翻弄された感がなきにしもあらずですが、それはそれとして、仲間と遠くに走りに行くというのは楽しいものです。
それも、仲間の待つところへ・・・

8月16日の朝、二日間にわたってお世話になった大阪のharaqさんの家を出発です。
また近いうちに会いましょう!!

P1090214.jpg






天候も怪しい状態でしたので、とりあえずまっすぐ帰ることにしました。
夕方までに帰れば良いのですから、先を急ぐ必要もありません。給油ポイントの各SAでは、のんびりまったりと過ごして、旅の余韻を楽しんでいました。
ここは確か、静岡SAかな?

P1090215.jpg







午後3時ころには小田原のファクトリーまめしばに到着です。
このあと、泥だらけになったマシンを洗車し、風呂に入って一息ついて・・・
ええっ、みんな家に帰るんじゃないの?

P1090216.jpg






いやいや、ツーリングはまだ終わっていません。
近所の居酒屋で反省会です。
次はどこに行こうか・・・まあ、そんな話題で盛り上がっていました。

P1090220.jpg

P1090221.jpg

P1090222.jpg







そのあと、ファクトリーまめしばの3階合宿所で飲み直し・・・
ご意見番は、またまた床で撃沈・・・

P1090224.jpg







翌朝です。
さすがに現実に戻らなくてはなりません・・・

P1090226.jpg







「ご意見殿、これにて今回の修行は終了!!」
しかし、ご意見番tsuruさんとは、8月8日の朝からずっと一緒にいましたので、まる九日間か・・・なんだかねぇって感じですね。

P1090227.jpg







今回のロングツーリング、仲間との交流という意味でも実に有意義な時間を過ごすことができました。もう、我々も50代ですので、こんな感じで走ることができるのも、あと10年くらい・・・なのかな?
いずれにしてもそう多くの時間は残されていません。
元気に乗れるうちに、悔いのないように走りたい・・・そんな焦燥感に急き立てられるような気がしています。


それから、GS1207に搭載したハイコンプハイチューンドエンジンのテストという意味合いもありました。
ほぼ限界と思われる77mmボア、空冷4気筒エンジンでは限界に近いと思われる11.5:1の高圧縮比、そしてかつてのスズキワークスXR69用のカム・・・そんな非常識なエンジンでロングツーリングに出るのです。

圧縮圧力は16kg/cm以上、後輪出力は140PS以上・・・
「そんなエンジン、普通に街乗りなんてできるはずがない・・・ましてや一週間近くも走り続けるロングツーリングなんて・・・」
というのが一般的な認識なのかもしれません。
まあ、私としては十分に自信があったのですが、それを客観的に証明しなくてはなりませんからね。

総走行距離は約3,500kmでした。
道中の多くはウェットコンディションです。また、狭く荒れたスリッピーなタイトワインディングも多くありましたし、渋滞路もありました。
気温は、おしなべて30度以上、晴れ間が出れば35度越えです。
しかし、終始快適な走行を安定して行うことができましたし、全域でトルクフルなエンジンは、あらゆるシチュエーションで扱い易く疲労を呼ぶこともありませんでした。
当然ですが、私のオリジナルマッピングSP-2ですので、どんな開け方をしても、「カリッ」とも言いません。
油温は、高速道路上にて、トップギア5,000~6,000rpm巡航では80~83度、峠道での開け開け走行でも85度近辺、渋滞にはまってさえも90度というところでしたので、真夏以外ではオイルクーラー不要どころか、オーバークールになってしまうでしょう。
燃費は、トータルでは17.7km/L、開け開け走行でも16.5km/L、高速巡航では19km/Lと良好なものでした。
ちなみにキャブは大口径のCR-M35です。
パワーと燃費は両立しないなんていうのは、単なる言い訳に過ぎません。

まあ、きちんと組んでセッティングをすれば、こんなものです。








カワサキZ用のオリジナルSP-2フルパワーキットを開発中ですが、その経過については、こちらにまとめてあります。
ここには、ノッキングによるピストン溶解のメカニズムと対策について及んでいますので、関心をお持ちの方は、どうぞじっくりと読破してみてください。
オリジナルSP-2の開発


この、ウオタニSP-2のまめしばスペシャルバージョン(V.F.M)については、お盆休みの間に、約4,000kmにわたるロングツーリングにおいて実走テストを進めます。
街中でのユルユル走行から高速道路での開け開け走行に定速巡航、そして、峠道でのスポーティーラン、真夏の高気温も当然ですし、ウェット路面にも遭遇するに違いありません。
私のGS1207まめしば号にてすでに確認済のこのマップではあるものの、やはりテストを重ねることは重要です。
その結果を踏まえて、順調であれば、お盆明けに予約受付を開始し、9月上旬から中旬ころにデリバリー開始する計画です。


・予価(税別)
 SP-2フルパワーキット(V.F.M) 79,000円
 ユニットのみ 48,000円
※1 ゼファー750等のザッパー系マシン用もご用意できます。価格に変わりはありません。
※2 現状、Z用及びザッパー系マシンに装着されているSP-2フルパワーキットとは、ユニットの互換性がありますので、そのまま差し替えて使用することができます。
※3 CRキャブレターに対するTPS装着は、38,000円にて請負います。






1年余にわたってテストを続けて煮詰めたオリジナルオイル、いよいよデリバリーを開始しました。
詳細は、こちらをご覧ください。

ファクトリーまめしばオリジナルオイル、FM-1&FM-2のデリバリー





ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ