Entries

GS944復活プロジェクト その51~ピストンリング、ピストンピン、バルブ等へのDLC処理


GS944エンジンの腰上パーツにも、DLC処理をしてみることにしました。
すでに組み上がってシェイクダウンを終えているGS1207エンジンにおいても処理済ですが、2,000km走行時点でチェックしてみたところ、剝離の気配すらありませんので、GS944エンジンでも採用してみようと考えました。

巷では、この手の特殊な表面処理について様々な意見があるところですが、耐摩耗性、低摩擦性を高める目的にて、F1を始めとする各種レーシングエンジンでは、すでに常識となっているものです。
DLC皮膜は、自らが減らないばかりか、相手材への攻撃性も極めて低いという特性を持ちますので、相手も減らさないのです。また、極めて低い摩擦係数を持ちますので、エンジン全体のフリクションも大きく低下させることができます。
そういうメリットが大きいからこそ、各種レーシングエンジンにこぞって採用されるのです。
問題は、ストリートチューンエンジンにおいて、コストパフォーマンスという観点からどうなのかという点にあります。
しかし、決して安くはないけれど、現実的な価格で処理できるのですから、それを高いと感じるかどうかは、所詮は価値観の問題に過ぎません。
たぶん、もっと一般的に普及すれば、コストもどんどん下がり、古いエンジンを長く快調に走らせようとした場合、有効な手段となり得る可能性があるものと思っています。
そのためにも、GS1207、GS944という、2機のチューンドエンジンにおいてテストしてみようというわけです。


まずは、ピストンピンです。
この部品は、大きな燃焼圧とピストンの慣性力をせん断方向に受けながらも摺動するという、極めて厳しい条件下にあるものです。
オーバーホール等で分解した際に、段付き摩耗やカジリなどを生じていることも珍しくありませんので、処理によって一定の効果が期待できるのではないかと考えています。

P1080597.jpg

P1080598.jpg







次にピストンリングです。
これも、厳しい部品です。
なにせ、大きな燃焼圧を受けながらこれを確実にシールし、かつ、シリンダー内壁にこすりつけられながら、毎秒20m以上という高速で摺動するのです。
また、エンジンのメカニカルロスに占める割合も極めて大きな部分ですので、ここの摺動性を上げるというのは、エンジンパフォーマンスに直結します。
そして、耐摩耗性も重要です。ピストンリングの摩耗は、すなわち圧縮漏れやオイル上がりという、エンジン劣化の主因となります。

P1080599.jpg

P1080603.jpg







吸排気バルブです。
これまた厳しい条件下にあるものです。
そのうち、バルブステム及びバルブガイドの摩耗は、圧縮漏れやオイル下がりの直因ですので、DLC処理により、双方の摩耗が抑制される効果は大きいのです。

P1080604.jpg

P1080605.jpg

P1080607.jpg







GS1207エンジンに対するDLCコーティングの経過は、こちらの記事にありますので、どうぞお読みになってください。
すでに2,000kmを走行していますが、剝離の気配すらありません。

・その1~処理完了
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1579.html

・その2~カムシャフト&リフター
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1580.html

・その3~バルブステム
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1581.html

・その4~ピストンリング&ピストンピン
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1582.html

・その5~2000km走行時のチェック
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1792.html



エンジンパーツに対するDLC処理皮膜については、剝離という課題が存在するのは事実です。しかし、それは、すでに対策済・・・
ここに、トップエンドさんによる、試行錯誤の経過がありますので、どうぞご覧になってください。

剥がれたDLC
http://topend.exblog.jp/16453233/

対策後
http://topend.exblog.jp/18190277/
http://topend.exblog.jp/17764192/
http://topend.exblog.jp/18175675/





ザッパー系各マシン用71mmピストンキットの予約を受け付けております。
855ccに11:5以上の圧縮比を持たせたハイパフォーマンスキットです。
ノーマルカムでも、実測で後輪100PS以上をマークすることが確認されています。
詳しくは、こちらをご覧ください。

ザッパー系各マシン用71mmピストンキットの予約受付について




1年余にわたってテストを続けて煮詰めたオリジナルオイル、いよいよデリバリーを開始しました。
詳細は、こちらをご覧ください。

ファクトリーまめしばオリジナルオイル、FM-1&FM-2のデリバリー





ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ