Entries

ダイヤモンドライクカーボン(DLC)コーティング その5(2,000km走行時のチェック)


私のスペシャルなGS1207エンジンには、内部部品のいくつかに最先端のDLCコーティングを施しています。
ちょっと補足すれば、DLCが最先端なのではなく、DLCコーティングの中でも最先端のものということです。
以前にも書きましたが、一言でDLCと言っても、いくつもの種類があり、また、そのレベルも松竹梅があります。
たとえば、こじるようにして高い面圧がかかるカムフェイスや、叩くような衝撃がかかるミッションなどには、通常のDLC被膜では剝離などの問題が生じてしまい、とても役に立つようなものではありません。
もしかすると、カムにかけたDLCは剥がれるなどという話を聞いたことがある方もおいでかと思いますが、そういう例が少なくないのも事実・・・現に、カムジャーナルのみの処理として、カムフェイスにはかけないという方法を選択しているところもあります。

この点について、親しくしているカスタムショップ「トップエンド」の小菅さんは、自身で管理製作するレーシングマシンにおいて散々に試行錯誤を重ねてきました。
当初は剝離という壁に阻まれたのですが、それを処理メーカーとともに解決するに至ったのです。
こちらをご覧ください。

剥がれたDLC
http://topend.exblog.jp/16453233/

対策後
http://topend.exblog.jp/18190277/
http://topend.exblog.jp/17764192/
http://topend.exblog.jp/18175675/





GS1207エンジン部品にかけたDLCコーティングは、まさにこの処理によるものなのですが、それと同時に実験でもありました。
トップエンドにてテストしたのはレーシングマシンです。つまり、アイドリングや低回転域では使いませんね。
そこで、カムフェイスやバルブリフター上面においては、高回転域よりもアイドリングから低回転域の方がはるかに条件が厳しいところです。高回転域になってしまえば、はずみがついたようにスムーズに回るのですが、低回転域では、こじるようにしてグリグリと摺動しますし、油圧も上がりませんので、潤滑と摩耗という意味では厳しいのです。
そこで、ストリートユース、それも有り余る出力によって、おのずと低中回転域を常用するGS1207においてテストしてみようとなったわけです。


さて、カムシャフト及びバルブリフターにとっては過酷な条件であるストリートユースにおいて、処理したDLC被膜はどのような状態にあるのでしょうか・・・
ドキドキしながらカムカバーを取り外してみました。

結果・・・

エキゾースト3・4番

P1080356.jpg








インテーク3・4番

P1080359.jpg







エキゾースト1・2番

P1080361.jpg







インテーク1・2番

P1080363.jpg







カムフェイス及びジャーナルをアップで見てみましょう。

P1080365.jpg

P1080358.jpg







いや、見事としか言いようがありません。
カムフェイス、ジャーナル、リフター上面のいずれにおいても、処理直後と何ら変わりのない被膜を保っています。
トップエンドの小菅さんによれば、剥がれるときには初期の時点で剥がれてしまうとのことです。そして、2,000km走行時にて全く剥がれる気配すらないということであれば、それはもう剥がれない・・・

また、DLC被膜は、摺動の相手に対する親和性が高く、攻撃性が極めて低いという特性を持ちます。つまり、自らも摩耗せず、相手も摩耗させないということです。
カムキャップの摺動面もこのとおり、実にきれいな状態です。

P1080366.jpg





チューニングのためにリフトの高いカムを入れ、それによるサージングを抑えるために強いバルブスプリングを入れた場合、そこには大きな面圧によってフリクションが増大し、摩耗も促進されるという問題を生みますが、DLCコーティングを行うことによって、それに対処することができるのです。
従来は、そこに、DLC被膜の剥離という問題が付きまとい、「カムにDLCは使えない」という認識が広まっていたところです。
しかし、然るべき処理方法を選択し、それなりのコストを覚悟しさえすれば、こういう処理をすることもできるようになったということです。

実際、この処理は安くありません・・・しかし、仮に2~3万キロ程度で摩耗してしまうようなハイリフトカムであったとしたらどうでしょうか。摩耗した時点でカムシャフト交換、場合によってはリフターもセットで交換というのもあながちありえないことではないでしょう。すると、そこには、工賃含めて20万円近くのコストがかかることは必至です。
それを考えれば、決して高くないと思うのは私だけでしょうか・・・

誰にでもお勧めするというものではありませんが、関心をお持ちであれば、どうぞお問い合わせください。


GS1207エンジンに対するDLCコーティングの経過は、こちらの記事にありますので、どうぞお読みになってください。

・その1~処理完了
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1579.html

・その2~カムシャフト&リフター
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1580.html

・その3~バルブステム
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1581.html

・その4~ピストンリング&ピストンピン
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1582.html




※ 本日は、これからストレイガの小林さんのところに行って参ります。目的は、「オレのNGC」です。
そう、GS1207専用の50.8mmチタンバージョンを製作するのです!!
楽しみだぁ!!!!!!!!!





1年余にわたってテストを続けて煮詰めたオリジナルオイル、いよいよデリバリーを開始しました。
詳細は、こちらをご覧ください。

ファクトリーまめしばオリジナルオイル、FM-1&FM-2のデリバリー





ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,000円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 40,000円


・V-UP16
価格:1個 26,000円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 38,000円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,000円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
3位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ