Entries

Z750FX1改レーサー、k2k2号のセッティング~シャーシダイナモ使用


k2k2さんは、すでに20年にわたってサンデープライベートレーサーとしてTOTに参戦し続けているのです。
かつては優勝した経験もありますので、そのレベルは相当のものと言ってもいいでしょう。
しかし、そんなことよりも、20年にわたって継続するというのは、生半可なことではありません。
そして彼は、マシン造りからなにから、全て個人でやっています。それは、友人たちのサポートがあるのは事実ですが、どこかのショップに依存することもなく、自分の余暇と自分の小遣いの範囲内において、コツコツとレース参戦を続けています。それも20年間にわたって・・・

彼と知り合ってから、まだ数年しか経っていないのですが、妙にウマが合うということもあり、以来、私の開発や実験において、信頼に足りるテスターとして活躍していただいてます。
なによりも、彼自身が長年にわたって試行錯誤を繰り返した、彼自身が熟知し尽くしたマシンでのテストですので、その評価も実に緻密で客観的・・・つまり、絶好のテスターというわけです。

その彼のマシン、先日、SOHCエンジニアリング製75mmピストンキットを使用してエンジンをリニューアルし、シェイクダウン走行までを無事に済ませましたので、セッティングの煮詰めのためにシャーシダイナモテストを行うことにしました。
テストにご協力いただいたのは、ご存じのモトコルセさんです。

モトコルセ厚木ラボの大西番頭とk2k2さん・・・
まあ、単なる好き者同士ということで盛り上がっています。

P1070898.jpg






店舗前で暖機運転を済ませたのち、早速シャーシダイナモのセットアップに取り掛かります。

P1070901.jpg







この日の目的は、全開空燃比を確認しながらメインジェットの適正範囲を把握することと、全開時の点火時期設定を決めるという2点です。

まずは現状の状態で1本回してみて、各数値を確認します。

P1070902.jpg








その値に基づき、メインジェットを大きく10番ほど振ってみて、それによってどの程度の空燃比変動があるのかを確認します。
これをすることで、番手あたりの変動幅と成立するメインジェットレンジを把握することができます。

P1070904.jpg







そしてもう1本回してみます。

P1070906.jpg












メインジェットのレンジを把握したあとは、点火時期を振りながら数値を確認するなどの作業を行いました。
目的は、ベストセッティングというひとつの答えを見つけることではありません。
あくまでも成立するレンジを把握して傾向と方向性を見定めることです。そこには、エンジンブローを未然に防止するためのマージンをどのように設定するかも含まれています。

シャーシダイナモや空燃比計などの計測ツールを使って出力値やトルク値、空燃比値を見るだけなら誰にでもできるのですが、得られたデータから何を読み取り、それをマシンにどのように反映するのかが重要なことですし、それができなければシャーシダイナモも宝の持ち腐れです。
弾き出された数値と実際の体感フィーリングを摺り合わせるためには、それなりの経験が必要ですし、テスター自身がマシンに乗って走るという経験も必要です。
つまり、一朝一夕には為し得ないこと・・・シャーシダイナモを導入したからといって、すぐにできるほど甘いものではありません。


大西さんのおかげにて、良いデータを取ることができました。
とりあえず、後輪で131PS、12キロのトルクが出ていることも確認できましたが、重要なことはこれからです。
とにかく、メインジェット番手と最大進角値について、それぞれのレンジを把握したに過ぎません。これから、実走によって進める煮詰め作業こそが本番なのです。

P1070913.jpg








これは、モトコルセ近藤社長の愛車です。
まあ、ため息が出るほどにゴージャスなカスタムマシンですね。
でも、見かけだけではなく、メカニックの方が実走しながら、細やかな整備とセッティングを繰り返していましたので、きっと良く走るマシンに違いありません。
コンプリートカスタムマシンを製作するのは良いけれど、ロクに実走セッティングもせずに納車するなどということがあったなら、それはまともに走るものになどなり得ません。
そんなマシンは、いかに見かけはバリッとしていても、ただ転がすことができるというレベルに過ぎません。
昨今、形にしただけでおしまいというスタンスのカスタムショップが少なくないという現実、実に嘆かわしいことです。

P1070911.jpg







モトコルセの軒先には実に不釣り合いな2台が・・・

P1070909.jpg








大西さん、お忙しい中、長時間にわたってお付き合いいただき、ありがとうございました!!
おかげさまにて、実に有意義なテストになりました。





1年余にわたってテストを続けて煮詰めたオリジナルオイル、いよいよデリバリーを開始しました。
詳細は、こちらをご覧ください。

ファクトリーまめしばオリジナルオイル、FM-1&FM-2のデリバリー






ファクトリーまめしば、新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,200円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 42,000円


・V-UP16
価格:1個 27,300円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 39,900円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,400円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
2位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ