Entries

四輪車にレデューサーを装着~スズキ ソリオ 


ファクトリーまめしばのラインナップ商品は、その全てについて私自身が使いたいと思うものです。そして、現に使用しています。
そして、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」もそのひとつであるのは言うまでもありません。

実は私、先日に自家用車を新調しました。
これです・・・
スズキ ソリオ 
まあ、単なるファミリーカーですね。日頃の足代わりや買い物など、生活の道具として活躍してもらいます。

P1070734.jpg






さて、このソリオにレデューサーを装着してみましょう。
使うのは、4枚リードのクワッドタイプです。

まず、ボンネットを開けて、ブリーザーがどれなのかを探します。
四輪車の場合、様々なホース類がエンジン周りに取り回されていますので、どれがどれだかわかり難いものですが、判断基準は簡単です。
吸入経路の途中、スロットルバルブの上流側に入っていて、かつ、シリンダーヘッド若しくはクランクケースにつながっているものがブリーザーです。
まあ、バイクと同じです。
四輪車の場合、PCVバルブ経路もありますので、これと見分けなくてはなりませんが、PCVバルブ経路はスロットルバルブの下流側に入っていますので、これを基準に判断すれば間違うことはありません。
ソリオの場合、矢印で示したのがブリーザーです。

P1070729.jpg





レデューサーは、ブリーザー経路に挟むように装着します。
今回は、レデューサーの出口にホースを接続し、迂回させるように吸入経路に戻してやります。

P1070731.jpg






四輪車に装着する場合、レデューサーの装着と併せて、PCV経路をふさぐという作業が必要です。
PCVバルブの機能は、スロットル開度が少ないとき、つまり、インテークマニホールド負圧値が高いときに、これをクランクケースに導き、ブリーザー回路を経由して吸入経路から新気を導入するというものです。これによって、クランクケース内の換気を促進し、エンジンオイルのロングドレイン化を図るというものです。
よく、このPCVバルブを減圧バルブとして流用するケースを見ますが、まあ、安価に入手できるという点に魅力を感じるのかもしれませんね。
でも、インテークマニホールド負圧が高いときに作動すれば足りる程度の作動性ですので、これを減圧用ワンウェイバルブとして流用しても、その効果はたかが知れています。
クランクケース内の脈動パルスの山と谷は、インテークマニホールド負圧のそれと比べれば、はるかに小さいのです。
また、PCVバルブは相当の抵抗がありますので、ブリーザーとしての機能を阻害する危険性すらあります。
まあ、口コミで広がった手法なのでしょうけれど、けっこうリスキーなのですよ・・・
スティックして詰まったら大変なことになります。

これがPCVバルブです。

P1070732.jpg






このホースにめくら栓を入れて、また元通りに接続します。

P1070733.jpg






さて、走行してみましょう。
まず最初に感じるのは、停止状態からゆっくりスタートする際、アクセルをわずかに踏んだときのレスポンスが軽くリニアになることです。
装着していないときには、アクセルを踏んだ直後に反応が鈍い瞬間が存在していたのですが、これがなくなりました。極低速からのエンジン立ち上がりが軽くなるのです。
これによって、流れの遅い市街地走行時に車自体が軽く感じられます。
この効果だけでも装着する価値がありますし、燃費にだって相当に効くのです。
何と言っても、四輪車の場合には、最も多用するシチュエーションですからね。

さて、そこからアクセルを踏み込んでやった際にも、明らかに加速の乗りが良くなっていますし、スムーズ感も増しています。
そして、エンブレも緩やかになりますので、これを活用して早めのアクセルオフを意識的に行うことで、相当なエコランが可能になるのです。
たとえば、毎日仕事で相当の距離を四輪車で走るなどというのであれば、ぜひ装着することをお勧めします。
運転が実に楽しく、そして楽になります。おまけに燃費まで良くなるというのですから・・・

実は、このレデューサーの開発製造元であるマエカワエンジニアリングでは、その販売ターゲットのほとんどが四輪車です。
そして、各車種専用キットを設定してきめ細かい対応をしているところです。

一度装着したら、二度と外す気にはならない・・・レデューサーとはそういうものなのです。
まあ、ファクトリーまめしばでラインナップしているものは全てそうですけれど・・・

ご存じと思いますが、これがレデューサーです。
各車両のブリーザーホース内径に適合させるため、ニップル径は8mmから2mm刻みで各径を用意しています。
また、エンジン形式によって耐久性と減圧効果のバランスを取るため、リードバルブの厚みを変えてセッティングしますので、ご注文に際しては、装着を予定している車種を明記ください。
また、四輪車の場合、車種専用キットの用意がありますので、これもお問い合わせください。
価格は、下記のとおりです。
・ツインリード 29,808円
・クワッドリード 51,408円

P1070683.jpg

P1070684.jpg

P1070685.jpg

P1070686.jpg






・PS
明日は、早朝から筑波サーキットに行きますので、記事はたぶんお休みいたします。




現在、GS750用マニュアルカムチェーンテンショナーの予約受付をしております。
GS750にCR、FCR、TMRなどの社外品レーシングキャブレターを装着するには必須のものとなります。
詳しくは、こちらをご覧ください。
GS750用マニュアルカムチェーンテンショナーの予約受付



※お願い
私方に対するご質問やご意見については、直接にメール若しくはお電話にてお願いいたします。
きちんと回答しようと考えた場合、コメント欄では用が足りません。
また、部品等のご注文についても同様にお願いいたします。
なお、コメントの受付をやめることといたしました。
書き込みコメントについては、ぜひ、フェイスブックの方にお願いいたします。
そちらの方が有意義なコミュニケーションが取れると思っております。






新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,200円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 42,000円


・V-UP16
価格:1個 27,300円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 39,900円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,400円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
8位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ