Entries

ロスを取り返せ その3(V-UP16&MSAの装着)~GS750


昨日にご紹介した、ウオタニSP-2の装着・・・実は、V-UP16とマルチスパークアンプ(MSA)を装着するための下地作りだったのです・・・

4ストロークエンジンは、クランク2回転に1回の点火ですので、たとえば、3,000rpmで回転しているエンジンであれば、一秒間に25回の点火をしています。
しかし、点火というのは、様々な要因に影響を受けますので、あらゆる運転状況において、確実に点火できているわけではなかったりするのが現実です。
つまり、この25回のうち、何回かは失火している、つまり、火が付いていないのです。
この割合を失火率と言いますが、たとえば、失火率が10%あったとすれば、排気量が10%ダウンしたのと同じということになります。
高いコストを投じてボアアップや吸排気効率を向上させるためのチューニングを行ったとしても、点火系の能力が十分ではなく、結果として失火率が少なくなかったとしたら、実にもったいない話ということになります。

ボアアップに伴う高圧縮化や充填効率を向上させることに伴って、燃焼室内の実質的圧縮圧力は高まります。
エンジンの出力を稼ぐためには、この実質的圧縮圧力をいかに高めるかというのも重要な要素になりますが、そこで点火系がそのままだったとしたら、失火率は確実に上がってしまいます。
圧力が高いところの方が、スパークし難いののですから、それは当然のことです。
ですので、私がデリバリーするV-UP16やMSAなどの点火系チューニングデバイスは、エンジンチューニングが進んでいたり、もともと圧縮が高めのエンジンほど顕著な効果を発揮する傾向にあるのですが、では、完全ノーマルエンジンに装着した場合、どれほどの効果を発揮するのか、それを確認せずにはおられません。
私は、これらについてすでに数百個をデリバリーしていますし、その中には相当数のノーマルエンジンも含まれています。
皆さん、おしなべて効果を体感していただけている旨の連絡を受けているのですが、私自身もそれを確認する必要があると考えたのです。

早速装着しました。

P1070695.jpg






相対的には、チューンドエンジンの方がより体感差を得やすいのは事実ですが、なんのことはない、このノーマルエンジンでもはっきりとした効果が得られるではありませんか。
ウオタニSP-2の装着によって、それまでとは比較できないほどスムーズでフラットな特性になっていたのですが、V-UP16とMSAによって、さらに数段の磨きがかかりました。
もう、40年近く前に製作された機械とは思えないほどのリニアで緻密な燃焼感になりました。
具体的には、これまでにも散々に記事掲載してきましたが、こちらにそれぞれのインプレ集をまとめてありますので、お読みになってください。
・V-UP16インプレ集
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-69.html
・MSAインプレ集
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-61.html



V-UP16、MSA、ともに安価なものではありません。
導入するについては、それなりの決意が必要なものであるのは事実ですが、その効果は確実です。
また、本来持っているパフォーマンスを失火という目に見えない現象によって失っているとすれば、それは実に残念なことですし、ましてや、高いコストを投じてエンジンチューニングなどしているような場合であればなおさらです。

ところで、「失火」というと、明らかな失速感やぎくしゃく感、不整感などを感じるのではないかと思われがちですが、ある程度までの失火はそういう体感はありません。
それなりにスムーズに回転しているように感じるのですが、それでも確実にロスしているのです。
そのロスを実感するのは、V-UP16やMSAを装着した時ということになりますし、さらに、いったん装着したものを取り外してみたりすれば、それは「罰ゲーム」のごとく痛感することになるのです。


V-UP16、MSA、レデューサー、この3点セットを装着したノーマルGS750のエンジンは、まるで別物のようになりました。
先日、ほぼ同コンディションのノーマルGS750に乗る某変態おやぢは、私のGS750に乗って絶句していました。
そして一言、
「まあ、予想していたこととは言え、乗せてもらうんじゃなかった・・・」

最後に・・・
良く、V-UP16とMSA、どちらがいいですかと聞かれます。
失火率を低減するという目的は同じですが、そのアプローチが異なりますので、両方を装着することで相乗効果を得ることができます。そしてもちろんのことですが、単独でも相応の効果を発揮するのも事実です。
ごく個人的な感想ですが、どちらかひとつを選べと言われたら、私はMSAかな・・・
この、パリッとしつつも伸びやかな吹け上がり感、そして振動低減効果、糸を引くようなエンブレのリニアさなど、快感度はこちらが上です。
反面、V-UP16は、極低回転域からの太いトルクによる押し出し感が印象的・・・


いずれについても在庫しておりますし、おいでいただければ装着作業も可能です。




現在、GS750用マニュアルカムチェーンテンショナーの予約受付をしております。
GS750にCR、FCR、TMRなどの社外品レーシングキャブレターを装着するには必須のものとなります。
詳しくは、こちらをご覧ください。
GS750用マニュアルカムチェーンテンショナーの予約受付



※お願い
私方に対するご質問やご意見については、直接にメール若しくはお電話にてお願いいたします。
きちんと回答しようと考えた場合、コメント欄では用が足りません。
また、部品等のご注文についても同様にお願いいたします。
なお、コメントの受付をやめることといたしました。
書き込みコメントについては、ぜひ、フェイスブックの方にお願いいたします。
そちらの方が有意義なコミュニケーションが取れると思っております。






新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,200円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 42,000円


・V-UP16
価格:1個 27,300円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 39,900円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,400円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ