Entries

GS944復活プロジェクト その28(GS750用マニュアルカムチェーンテンショナーの開発と予約デリバリーについて~GS944)


GS944の製作にあたり、様々な小物部品が必要になりますが、カワサキZやホンダCBなどと異なり、GS750用の部品というのは皆無に等しい状態です。
なければ作るしかありませんし、どうせ作るのであれば、私自身が満足できるようなものにしたいと考えているところです。

そのうちのひとつ、マニュアルカムチェーンテンショナーの試作品が完成しましたので、本日は、これをご紹介しましょう。
別段に、ノーマルのカムチェーンテンショナーに、求められる機能として問題があるということではないのですが、CRやFCRなどのレーシングキャブレターを装着しようとした場合、干渉という問題が生じます。
スピゴットを思い切り長くしてやれば避けること自体はできるのですが、それによって吸入効率やレスポンスを大きく損なうことになりますし、キャブレターとエンジンの間に隙間が大きく空いているというのは、見た目にもカッコワルイものです。
さらに、長いスピゴットアダプターを製作するには、4個で15,000円から20,000円程度のコストがかかるという事実を忘れてはなりません。
こんな余分なお金を使った上で、パフォーマンスにも見た目にも劣るという状態になるのですから、ロクなことはないということです。

そこで必要になって来るのが、コンパクトな造りにすることができるマニュアルカムチェーンテンショナーというわけなのです。

これが完成した試作品です。

P1070413.jpg







ノーマルと比較してみると、そのサイズの違いは圧倒的です。

P1070415.jpg






こだわりのひとつは、この先端形状です。
ノーマルのサイズを忠実に再現しました。
キャップボルトを流用して、その頭を先端にすることも考えたのですが、それじゃあちょっとねぇ・・・
このシャフト、材質はクロモリ、表面処理には無電解ニッケルメッキをかけていますので、防錆性はもとより、質感も素晴らしいものになりました。

P1070417.jpg






スリッパー背面にはこのように当たります。

P1070420.jpg







先端形状をノーマルと同じにした理由はこれです。
すでに使用しているスリッパー背面には、このような当たり痕が付いていますので、ここに同じように当たるようにしたかったのです。
エンジン分解をするのであればスリッパーも新品にすることができますが、このマニュアルカムチェーンテンショナーを製作した目的は、CRやFCRを装着した際に干渉を避けるというものですので、テンショナーのみを交換するというケースがほとんどになるでしょう。そういうことです。

P1070419.jpg






ノーマルをシリンダーに装着した状態です。
後方に大きく張り出していますので、CRやFCRのフロートチャンバー付近と干渉します。

P1070427.jpg







マニュアルカムチェーンテンショナーをシリンダーに装着すると、このような状態になります。これで、干渉問題を完全にクリアすることができます。
また、外形もきちんとチリを合わせるように留意しました。
装着してしまえば、外からはほとんど見えないとは言え、どうせ造るのであれば、きちんとカッコよくしたいものです。

P1070429.jpg

P1070430.jpg

P1070432.jpg

P1070433.jpg

P1070434.jpg





このマニュアルカムチェーンテンショナーについては、本日より注文のご予約を受付することにします。
GS750に社外品のレーシングキャブレターをきちんと装着しようとした場合、これは必ず必要なものとなります。

・GS750用マニュアルカムチェーンテンショナー
 1個 12,000円(税別)
 ※キットにガスケットは含まれません

アルマイト色について、黒とナチュラルをご用意いたしますので、ご予約の際に指定願います。

シンプルな構造のものですので、安価に製作しようと思えばそれなりにできるのですが、ただ機能すれば良いというものでは、新規に製作する意味はありません。
本体は、ジュラルミンA2017をマシニングセンタにて削り出し加工して製作しました。
シャフトについてもクロモリを切削にて製作しています。
そして、防錆性と質感維持のための表面処理にも抜かりはありません。

ご予約については、下記の事項を記載の上、メールにてお願いいたします。
・郵便番号
・ご住所
・お名前
・お電話番号
・アルマイト色選択




調整方法は簡単です。
マニュアルカムチェーンテンショナーをシリンダーに装着します。
点火プラグとポイントカバーを外します。
そして、クランクシャフトを正回転方向にゆっくりと回しながら、指でテンショナーボルトをねじ込んでいきます。
すると、スリッパー背面に先端が当たる手ごたえがあるはずですが、そのままゆっくりと指で締められるところまで締めます。
そこで、クランクシャフトを逆回転させると、またさらに締めることができます。
何度か、正回転と逆回転を繰り返しながら、指先で締められるところまで締めてやります。
そして、そこから4分の1回転ほど戻してテンションを少し抜いたあたりでロックナット固定して完了です。
簡単でしょ・・・
また、そんなに神経質になるほどのことでもありませんので、誰にでも簡単にできるものと思います。




※お願い
私方に対するご質問やご意見については、直接にメール若しくはお電話にてお願いいたします。
きちんと回答しようと考えた場合、コメント欄では用が足りません。
また、部品等のご注文についても同様にお願いいたします。
なお、コメントの受付をやめることといたしました。
書き込みコメントについては、ぜひ、フェイスブックの方にお願いいたします。
そちらの方が有意義なコミュニケーションが取れると思っております。






新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,200円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 42,000円


・V-UP16
価格:1個 27,300円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 39,900円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,400円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ