Entries

GS944復活プロジェクト その23(カムホルダーねじ穴の確認と補修作業~GS944)


古いエンジンをオーバーホールする際につきものなのが、ねじ穴の上がりです。
組付けをする段階になって、ボルトを締め付けたところ、「グニュッ」という何ともイヤな手ごたえとともにねじ穴が上がってしまうという経験をした方も少なくないと思います。
組付けてからでも補修が可能なところならまだいいのですが、また分解しなくてはならないという憂き目に遭う前に、事前に各ねじ穴を確認しておくのが得策です。

私はこれまでに数機のGSエンジンを分解組み立てしてきたところ、ねじ穴が上がってしまって補修が必要というケースはほぼ皆無でしたので、あまり心配はしていなかったのですが、そうは言っても確認を怠るわけにはいきません。特に、このGS944ベースエンジンは、以前に分解オーバーホールされた形跡があるのですが、どうにもこの作業、怪しい部分がいくつかありましたので、念入りにチェックしなくてはなりません。

カムホルダーを留めるためのねじ穴をチェックしました。
全ての箇所について、規定トルクをかけて締めてみます。その際、スムーズにボルトが入っていかないとか、カチッとした締め付け感が得られないなどの箇所については、要修正ということになります。

P1070298.jpg






案の定、2か所について、全くトルクがかかりません。ナメてねじ穴が上がっているのです。まあ、分解時にもトルクがかかっていませんでしたので、わかっていたところです。
それにしても、トルクがかからないことがわかっていながらもそのまま組み付けてしまうという神経には困ったものです。

P1070301.jpg






その他、トルクはきちんとかかるものの、ボルトがスムーズに入って行かない場所には、タップを立てます。
このねじ穴は奥が行き止まりになっている「止まり穴」ですので、このようなスパイラルタップを使います。

P1070300.jpg






ほら、このようにして切粉が上に出て来ることによって、目詰まりすることなくスムーズかつきれいな仕上がりを得ることができるのです。
それから、タップはきちんとしたメーカーのものを使いたいものです。
安物は切れが悪いですし、折れやすい・・・タップの中折れなんてことになったら、とんでもない手間と補修コストがかかります。

P1070299.jpg







これがねじ穴の補修に使う「リコイルキット」です。
キット内にある専用ドリルでダメになったねじ穴を拡大し、専用タップでねじ切りし、そこに螺旋状のインサートコイルを挿入することで新しいねじ穴を作ります。

P1070337.jpg







作業において最も留意すべきは、「垂直に加工する」ということです。
ましてや、シリンダーヘッドのカムホルダーという重要な部分ですので、ここは目見当ではなく、ボール盤を使うのが得策です。
そうそう、ボール盤も入手しました。それも、きちんとした本格的なものです。
これでまた、様々な作業が効率良く進められるようになります。

下穴を開けた後には専用タップを使いますが、最初の数山まではボール盤にチャッキングして垂直に切り込み、その後にタップハンドルで慎重に掘り進みます。

P1070336.jpg






ねじ切りが無事に終わったならば、専用の挿入具を使って挿入します。これはゆっくりやれば簡単な作業です。

P1070338.jpg






挿入を完了しました。

P1070339.jpg






最後に、挿入具にひっかけるための部分、「タング」を専用工具で折り取ります。
突っ込んで「タン」と叩くだけですので、これも簡単です。

P1070341.jpg





専用工具の先端にはマグネットが付いていますので、折れたタングはこれにくっついてきます。

P1070340.jpg






最後に、ボルトをねじ込んでみて確認し、問題がなければ完了です。
これで安心!!










※お願い
私方に対するご質問やご意見については、直接にメール若しくはお電話にてお願いいたします。
きちんと回答しようと考えた場合、コメント欄では用が足りません。
また、部品等のご注文についても同様にお願いいたします。
なお、コメントの受付をやめることといたしました。
書き込みコメントについては、ぜひ、フェイスブックの方にお願いいたします。
そちらの方が有意義なコミュニケーションが取れると思っております。





GS750用73mmハイコンプピストンキット、つまりGS944キットの予約受付を開始しました。デリバリー予定は4月中旬から下旬ころになる予定です。
価格を始めとする詳細については、こちらの記事をお読みください。
GS750用944ピストンキットの予約受付について



新拠点へのアクセスは下記のとおりです。
・東名高速道路大井松田ICから5.5km、所要10分
・小田原厚木道路小田原東ICから5km、所要10分
・小田急小田原線栢山駅から徒歩5分

地図はこちらをご覧下さい。
新拠点の地図



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
新しくスタートする新生ファクトリーまめしばに、皆様の応援クリックをよろしくお願いいたします。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まめしばスペシャルパーツのインプレ集は下記リンク先を参照ください。
全て、実際に購入していただいた方々から寄せられたものについて、そのままを掲載したものです。


・Mノズル
価格:1個4,200円


・CR-Mキャブレター
価格:1機 165,000円~


・強化フロントアクスルキット
価格:1セット 42,000円


・V-UP16
価格:1個 27,300円


・マルチスパークアンプ(MSA)
価格:1個 39,900円


・ルブロスプロメディック(オイル添加剤)
価格:1L 8,400円


その他、レデューサー、NGCエキゾーストシステム、SOHCエンジニアリング製ピストンキット&コンプリートエンジンなど、様々な部品をプロデュースしております。
いずれも、自信を持ってお勧めできるものばかりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはこちらです


ファクトリーまめしばスペシャルパーツ

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。



〒250-0852
神奈川県小田原市栢山(カヤマ)2925-3
ファクトリーまめしば
TEL 090-3342-1234
FAX 0465-46-7041
mameshiba198@gmail.com


拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ