Entries

CR-MBキャブレターの開発 その7(スペシャルスロットルバルブのシェイクダウン)


レーシングキャブレターの選択と装着において、そのセッティングについては様々なことが語られています。
雑誌の特集記事、カスタムショップなどのHPなどを見ても、どんなジェッティングにするかという、濃い薄いをセッティングすることに終始しているのみです。
しかし、私がこれまでにCRキャブレターを中心に展開してきたのは、濃いとか薄いなどという空燃比を合わせるのは当然の前提として、それを含めたキャブレター全体のセッティングをするということです。

なぜ空燃比をきちんと合わせるためにセッティングするのか・・・なぜ、ジェッティングがきちんと決まったマシンは気持ち良く速く走れるかという、根本的な部分を忘れてはなりません。
それがキャブセッティング、いや、マシンセッティングをする目的に他ならないのです。

オートバイは、後輪の発生する駆動力で姿勢や安定性を制御する乗り物です。いや、四輪車だって同じなのですが、走らせる上における比重度合はオートバイの方が遥かに大きいのです。
街中の四つ角を曲がるときから、峠のワインディングを快走するとき、サーキットでラップタイムを詰めようとするときまで、シチュエーションが変わろうが、乗り手が変わろうが、この根本的な原点に変わりはありません。

スロットルグリップを操作する右手の様々な動きに対して、あたかも右手で路面を掴んでいるようなリニアリティーが、オートバイのコントロール性や快感度を大きく左右します。
たとえば、近年のECUで制御されたインジェクションマシン、それしか知らなければわからないのかも知れませんが、実につまらない・・・
右手とリアタイヤの間に、なにか余計なものが介在しています。とにかく破綻させてはならないという余計なお世話が過ぎたあまりのことと想像するのですが、単にスムーズで速いだけで、右手と路面がリンクしている感覚を得ることができないのです。
それによって得られるものも多いのかも知れませんが、私の感覚では、失ったものも少なくありません。

ちょっと話が脱線しました・・・

右手~スロットルパイプ~スロットルワイヤー~スロットルリンケージ~スロットルバルブ~「適正な空燃比」~燃焼室~ピストン~クランク~クラッチ~ミッション~ドライブチェーン~リアホイール~リアタイヤ~路面

これらが全てリニアにリンクすることで、先のコントローラブルな快感性能が生まれます。
そして、私が常に腐心しているのはこの部分に他なりません。

今回、ビッグボディーCRキャブレター用にスペシャルスロットルバルブを試作した目的も、まさにここにあります。
軽くスムーズで可能な限りのフリクションを排除したキャブレター作動性を得ることで、先の伝達経路におけるノイズを減じるということです。
よりクリアに右手で路面を感じられるように・・・四つ角を気持ち良くターンするため・・・
たとえば、CRの後発であるFCRやTMRが、相当のコストを投じてスロットルバルブ支持部やリンク周りに複数のベアリングを使用しているのか、その理由はまさしくここにあります。
スロットルリンクからスロットルバルブまでの操作関連部のフリクションを可能な限り軽減すること・・・これこそが、TMからTMR,CRからFCRへと進化した柱なのです。

先日のこの記事にて、スペシャルスロットルバルブの試作品が完成したことを書きました。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1617.html

重量については、4つ合計で388gから124gへと、3分の1以下まで軽量化することができます。
そして、表面には、低摩擦係数と耐摩耗性に優れる、モリブデン系潤滑アルマイトである「カシマコート」を処理し、さらに面粗度を上げるため、ラッピング仕上げとしています。
現実的な範囲内にて考えられる手法を尽くしたということです。

さて、問題は、目的に向かって、これがどの程度のメリットを生むのかということですので、実際に組み付けて走らせてみるしかありません。
いくら能書きスペックに優れていたと言っても、使ってみたら大したことがなかったというのであれば、それは失敗作ということですからね。


現在テスト機として使っている、CR-M35のSTDスロットルバルブを取り外します。

P1060232.jpg






スロットルバルブ交換作業自体は大したことではありませんので、10分もあれば完了です。

P1060236.jpg






スペシャルパーツにルックスの良さは重要な要素というのも事実ですが、これはいかにもスペシャル感があっていいですね・・・まあ、外からは見えませんが・・・

P1060235.jpg
P1060238.jpg









組付けを完了したところで、作動性を確認してみましょう。
動画にてどうぞ・・・実に軽くスムーズな動きをしてくれます。









走行フィーリングのご報告については、また後日に改めて・・・
ここのところ、引っ越し準備やらなにやらで、なかなか時間の余裕がなくてアップアップしています・・・


このスロットルバルブを含む、CR-MBキャブレターの開発経過については、こちらをお読みください。
CR-MBキャブレターの開発

このCR-MB35は、1,100ccを超えるようなチューニングエンジンであれば、CR-M33を全域ではるかに超えるパフォーマンスを発揮します。
多くの費用を投じて1,100cc超のチューニングエンジンを作ったのであれば、このCR-MB35でなければもったいないといのが私の本音です。
現在、エンジン搭載待ちの私のGS1207では、CR-MB37をテストするつもりです。
低中速域での安定性とドライバビリティーを確保できるのであれば、キャブ口径なんてデカイ方が気持ちいいエンジンフィーリングになるに決まっています。







※ SOHCエンジニアリング製のカワサキZ、チューンドコンプリートエンジンをデリバリーすることとしました。
エンジン屋としてはプロ中のプロである渡辺さんが、全てをマネジメントするスペシャルなエンジンとなります。詳細はこちらをご覧ください。
1か月に1~2機しか仕上げることはできませんので、完全予約制となります。
SOHCエンジニアリング製チューンドコンプリートエンジン



ローンのご相談もいただくことが少なくありませんが、この、スルガ銀行のカスタム&メンテナンスローンなどをご利用いただければと思います。
信販系よりも、金利も有利な設定になっているようです。

スルガ銀行のカスタム&メンテナンスローン


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事をお読みになったら、一日ワンクリックをお忘れなきようにお願いします。皆様のご支援が、記事更新の原動力となっております。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑








1回の点火タイミングに複数回の火花を飛ばすことで、点火能力を飛躍的に向上させることができる・・・ご注文は、下記をご覧ください。現在は、在庫を確保しておりますので、即納可能です。


マルチスパークアンプ(MSA)4気筒用の注文受付について



マルチスパークアンプ(MSA)については、こちらのカテゴリーにまとめていますので、ぜひお読みになってください。
マルチスパークアンプ

すでに装着された方々のインプレはこちらにまとめてあります。これは必見です!!!

マルチスパークアンプ(MSA)インプレ集


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



CRキャブレター用「Mノズル」、新型となってさらなるパフォーマンスアップを果たしました。
価格
1個 4,200円(税込)




RIMG1314.jpg



CRキャブレターのパフォーマンスを劇的に向上させることができる「Mノズル」発売以来、1年半の間に2,000個をデリバリーするほどにご支持をいただいてきましたが、今回、さらにパフォーマンス向上を実現したニューバージョンへと進化を遂げました。



インプレ集(必読です)
・新型Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1255.html
・Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

ご注文に際しては、下記の事項について記載の上、メールにてお願いいたします。
事務処理の都合上、身内も含めて、これまでにお取引のある方についても、所定事項について漏れなくご回答の上、必ずメールにてお願いします。
装着要領及びリセッティングガイダンスとともに、ご購入のご案内を返信いたします。

・郵便番号
・ご住所
・お名前
・電話番号
・CRキャブレター口径
・使用マシン(含エンジン仕様)
・Mノズルの個数




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
価格
ツインリード  1個 28,980円
クワッドリード 1個 49,980円
その他、オイルセパレーター等のオプションパーツについてはお問い合わせください。



prv02.jpg



クランクケース内圧が、いかにエンジンのパフォーマンスを阻害していたのか・・・これを装着して走り出した瞬間に実感するに違いありません。
この、圧倒的な効果を誰にでも体感させてくれる、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」についての検証と実験の経過はここにまとめてありますので、どうぞご覧ください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-1.html
すでに定評を得たこの部品ですが、まめしばならではのノウハウをもとに提供することができます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・オイル添加剤 「プロメディック」
1L~8,400円
500ml~4,725円
250ml~2,625円
・燃料添加剤 「トップルーブ1000」
1L~17,850円
150ml~3,150円

この手の添加剤、巷には様々な種類が出回っていますし、その評価も様々です。
また、そもそも、こういうものを好まない主義の方もいますよね・・・私もそうでした。
きちんと組んだエンジンに的確なセッティングを施し、優れたエンジンオイルを使用していれば、それに優るものはない・・・そう考えていたのですが、ルブロス製品にはちょっと驚かされたというのが本音です。
すでに私も中毒患者・・・

RIMG1306.jpg
RIMG1308.jpg


この、プロメディックを始めとするルブロス製品については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。費用対効果という観点からも、極めて優れたものと感じています。
ルブロス製品




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。


〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234





拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ