Entries

なぜ、CRキャブレターにはパイロットスクリューが装備されていないのか・・・


FCRやTMRについて、
「初期設定のまま装着するだけで、そこそこのレベルで走ってしまう・・・場合によっては、そのままツーリングに行くことすら難しいことではない」
「一度それなりのレベルでセッティングすれば、そのまま年間を通してリセッティングせずとも走れてしまう」
などと言われています。

その反面、CRキャブレターについては、
「散々にセッティングを繰り返してもなかなか思うようにならず、ようやくいい感じになったとしても、季節が変わるとまた不調になって・・・」
「いつ不調になるのかわからないので、予備のプラグを持ち歩き、ロングツーリングなんて夢のまた夢・・・」
などとネガティブなことを言われてきました。
まあ、それなりのスキルを持ってセッティングを煮詰めてやれば、そんなに神経質なものでもないのですが、なかなかそこまでには至らないというのも現実です。
さらには、良く煮詰まった状態にあったとしても、FCRやTMRのような、低開度領域からのパリッとしたフィーリングは望むべくもなく・・・

この大きな違いを生む最大の要因は、FCRやTMRにはパイロットスクリューで制御されたパイロットアウトレットが装備されている反面、CRキャブレターにはこれがないという点にあります。
いや、正確に言えば、純正キャブレターを含み、ほとんど全てのストリート用キャブレターにおいて、パイロットアウトレットは標準装備されているのが普通のことなのです。
この有無による、低開度領域での安定性や許容度の違いは圧倒的です。
CRキャブレターにおいて、いかにセッテイングを煮詰めようが、本来あるべきものがないという構造上の問題は如何ともし難いのです。

CRキャブレターにパイロットアウトレットが装備されていない理由は、「レーシングキャブレターだから」ということなのですが、では、同じくレーシングキャブレターとして開発されたFCRやTMRに装備されているのはなぜなのか・・・
答えは簡単です。
FCRやTMRは、レーシングキャブレターであると同時に、ストリートユースキャブレターとしても設計されているからなのです。
これらのキャブレターは、当時のTT-F1レギュレーション若しくはスーパーバイクレギュレーションに適合させるように設計されました。
これらのレギュレーションでは、ストリートマシンとして一定数生産されたキャブレターを使わなくてはならないとされていましたので、FCRはZXR750R、ZXR400R、YZF750SPなどに、TMRはGSXR750SPRなどの市販ホモロゲマシンに純正キャブレターとして装着されました。
ところが、CRキャブレターが設計開発された時代においては、このようなレギュレーションは存在しませんでしたので、レースユースにおいて必要最小限度のスロー系、つまりスローポートのみの構成とされたのです。

しかし、すでにこの時代においても、近いうちに上記のようなレギュレーションが発動されるという予想がされていましたので、CRキャブレターは、そうなった場合でも速やかに追加工によってパイロットアウトレットを追加装備できるような設計をされていました。
これをご覧ください。
矢印で示したところがそれです。
ここに、機械加工によって穴開けとネジ切り加工をすることでパイロットアウトレットを設けることができます。

P1050215.jpg







加工後はこうなります。

RIMG5820.jpg






先日もまた、穴開け加工に出すべく新品CRキャブレターを分解しました。

P1050212.jpg







これは、パイロットスクリュー仕様CR-Mキャブレターとしてデリバリーする際のシリアルナンバーです。
192機目の1番ボディーということですが、2年弱の間における台数ですので、年間100機のペースです。その中には、1人で2~3機を追加注文いただいた方も複数人おられますし、すでに10機近くを販売してくださったショップさんもおられます。
私としても、ここまでのご支持をいただくことになるとは予想していませんでしたが、これも、CR-Mのパフォーマンスを端的に表している事実と考えています。
これでなくては絶対的に得られない、唯一無比のものということですし、FCRやTMRの新品価格と同レンジですので、全分解組み立てを含む追加工を要することを加味すれば、私は安いと思っています。

P1050213.jpg






さて、分解を完了しました。
ここまで完全分解するのです。

P1050216.jpg







さて、加工業者に発送しましょう。
今回の加工については、今月28日からの加工着手ですので、私方に25日必着で送っていただければ、今回ロットに入れ込むことができます。
加工上がり納期は11月中旬から下旬ころの予定です。

P1050217.jpg






パイロットスクリュー仕様の開発とセッティングについては、こちらにまとめてあります。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-43.html

加工依頼要領はこちらです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1089.html

インプレ集と新品ベースのコンプリート仕様のご案内はこちらです。
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1455.html




GS750用キットの具体的内容が固まりました。
結論は、ボア径73mmの944ccです。
そう、あの、伝説のGS944が復活するのです!!
完成予定は来年3月、詳細は追ってご案内いたします。


※ SOHCエンジニアリング製のカワサキZ、チューンドコンプリートエンジンをデリバリーすることとしました。
エンジン屋としてはプロ中のプロである渡辺さんが、全てをマネジメントするスペシャルなエンジンとなります。詳細はこちらをご覧ください。
1か月に1~2機しか仕上げることはできませんので、完全予約制となります。
SOHCエンジニアリング製チューンドコンプリートエンジン



ローンのご相談もいただくことが少なくありませんが、この、スルガ銀行のカスタム&メンテナンスローンなどをご利用いただければと思います。
信販系よりも、金利も有利な設定になっているようです。

スルガ銀行のカスタム&メンテナンスローン


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事をお読みになったら、一日ワンクリックをお忘れなきようにお願いします。皆様のご支援が、記事更新の原動力となっております。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑








1回の点火タイミングに複数回の火花を飛ばすことで、点火能力を飛躍的に向上させることができる・・・ご注文は、下記をご覧ください。現在は、在庫を確保しておりますので、即納可能です。


マルチスパークアンプ(MSA)4気筒用の注文受付について



マルチスパークアンプ(MSA)については、こちらのカテゴリーにまとめていますので、ぜひお読みになってください。
マルチスパークアンプ

すでに装着された方々のインプレはこちらにまとめてあります。これは必見です!!!

マルチスパークアンプ(MSA)インプレ集


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



CRキャブレター用「Mノズル」、新型となってさらなるパフォーマンスアップを果たしました。
価格
1個 4,200円(税込)




RIMG1314.jpg



CRキャブレターのパフォーマンスを劇的に向上させることができる「Mノズル」発売以来、1年半の間に2,000個をデリバリーするほどにご支持をいただいてきましたが、今回、さらにパフォーマンス向上を実現したニューバージョンへと進化を遂げました。



インプレ集(必読です)
・新型Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1255.html
・Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

ご注文に際しては、下記の事項について記載の上、メールにてお願いいたします。
事務処理の都合上、身内も含めて、これまでにお取引のある方についても、所定事項について漏れなくご回答の上、必ずメールにてお願いします。
装着要領及びリセッティングガイダンスとともに、ご購入のご案内を返信いたします。

・郵便番号
・ご住所
・お名前
・電話番号
・CRキャブレター口径
・使用マシン(含エンジン仕様)
・Mノズルの個数




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
価格
ツインリード  1個 28,980円
クワッドリード 1個 49,980円
その他、オイルセパレーター等のオプションパーツについてはお問い合わせください。



prv02.jpg



クランクケース内圧が、いかにエンジンのパフォーマンスを阻害していたのか・・・これを装着して走り出した瞬間に実感するに違いありません。
この、圧倒的な効果を誰にでも体感させてくれる、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」についての検証と実験の経過はここにまとめてありますので、どうぞご覧ください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-1.html
すでに定評を得たこの部品ですが、まめしばならではのノウハウをもとに提供することができます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・オイル添加剤 「プロメディック」
1L~8,400円
500ml~4,725円
250ml~2,625円
・燃料添加剤 「トップルーブ1000」
1L~17,850円
150ml~3,150円

この手の添加剤、巷には様々な種類が出回っていますし、その評価も様々です。
また、そもそも、こういうものを好まない主義の方もいますよね・・・私もそうでした。
きちんと組んだエンジンに的確なセッティングを施し、優れたエンジンオイルを使用していれば、それに優るものはない・・・そう考えていたのですが、ルブロス製品にはちょっと驚かされたというのが本音です。
すでに私も中毒患者・・・

RIMG1306.jpg
RIMG1308.jpg


この、プロメディックを始めとするルブロス製品については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。費用対効果という観点からも、極めて優れたものと感じています。
ルブロス製品




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。


〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234





拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ