Entries

シリンダーヘッドの組付けとバルブタイミングの調整


GS1207エンジンの組み立てもいよいよ佳境に突入・・・というほどのことでもありませんが・・・
エンジンの組み立て作業について、必要な加工や部品の下準備が終わってしまえば、あとは手順に従って組み立てるだけのことですので、さほど時間がかかるものではありません。
ZやGSなどのシンプルなエンジンの場合、慣れた人なら完全分解状態から組み上げるまで、慎重に丁寧にやっても一日もあればできてしまうと思います。
とにかく大変なのは下準備・・・

さて、シリンダーの挿入までが終わったら、次はシリンダーヘッドを組み付けます。
まずはヘッドガスケットを載せます。
先日の記事には書きませんでしたが、クランクケース合わせ面、シリンダー、そしてシリンダーヘッド、それぞれの間には位置決めのダウエルピンが入りますし、その他、Oリングなどの細かい部品がそれぞれ入ります。
それらについては、事前にきちんと把握した上で、都度確認するなどしないと、ついうっかり忘れてしまうということになりがちですので注意が必要です。

P1050142.jpg






途中、カムチェーンテンショナーがひっかかったりしましたが、単にカパッと載せるだけのことです。

P1050148.jpg







動画にてどうぞ・・・











さて、次はシリンダーヘッドを締め付けます。
規定トルクは3.8キロですが、数回に分けて、指定の締め付け順に行います。
動画です。










さて、完了です。
ただ、この後にエンジンを始動させてしばらく走行すると、各部に熱や振動が加わることで初期馴染みが進み、ガスケットなども痩せたりしますので、再度締め直しをするのが良いですね。

P1050150.jpg






ここで、みんなでお祈りします・・・良いエンジンになりますように・・・
こんな風に、仲間でワイワイ言いながらエンジンを組む、実に楽しい時間です。










さて、バルブリフターを入れてカムシャフトを組み付けします。
とりあえずは合わせマークを基準に、サービスマニュアル記載の要領に従って仮組みします。
今回のように、ラジカルなピストンとカムを組み付ける場合は、ピストンヘッドに粘土を盛った状態で仮組みし、クランクを回したあとに分解して、ピストンとバルブのクリアランスを確認するのがセオリーですが、今回の仕様については、すでに先行して1機組んで走っています。この、最初の1機については、仮組み確認後、バルブリセスの微調整とシリンダーヘッドの面研磨調整をしたのですが、私のこのエンジンは、この時のデータに基づいてあらかじめ調整済です。まあ、そこまでラジカルに追い込んで作っているとも言えます。

P1050158.jpg

P1050161.jpg






さて、ここが肝心、バルブタイミングの調整です。
クランクエンドに全円分度器を装着し、ダイヤルゲージを使って正確な上死点を出したあと、吸排気それぞれのカムシャフトとカムスプロケットの取り付け位相をずらすことで、任意の狙ったバルブタイミングに合わせてやります。

P1050166.jpg

P1050167.jpg







今回は、吸排気について、106.5/106.5に合わせました。
シェイクダウン後、カムチェーンの初期伸びが落ち着いたころに再度タイミングチェックをして、そこで再調整することになりますので、とりあえず無難な値でのセットということです。

P1050171.jpg






4ストロークエンジンにおけるバルブタイミングは、極めて重要なセッティング要素です。
またこれは、純正ノーマルカムであっても、アフターマーケットのいわゆるハイカムであっても同様です。それぞれ、指定の値というものが設定されていますが、これはあくまでもひとつの基準目安に過ぎません。
さらに、完全ノーマルエンジンの分解組み立てであったとしても、サービスマニュアルに作業指定がないと言っても、このようにしてバルブタイミングを測定して調整するというのは意味のあることです。
なぜなら、カムチェーンが伸びればバルブタイミングは相当に変化します。
自動式カムチェーンテンショナーによって、チェーンの張り自体は自動調整されるとしても、伸びたことによってバルブタイミングが変化することに変わりはありません。
全てにおいて、このように手間のかかるバルブタイミング調整をする必要がある、それをしないと大きな問題が起きるということではありませんが、より良い状態に仕上げるためには、有効かつ重要な作業ということです。
たとえば、ヨシムラ製のカムシャフトについて、そのままボルトオンしても良いと説明書に記載してありますが、それは、問題は起こらないというレベルの話であって、やるに越したことはないのです。
高いお金を払ってエンジンチューニングをショップに依頼したユーザーの気持ちとしては、当然そこまでやって欲しい、いや、やるべきだと考えるのが普通と思うのです。
もし貴方がショップにハイカムを含むエンジンチューニング作業を依頼したとしたら、出来上がった際には、バルブタイミングはどういう値にしたかを聞いてみるといいでしょう。
そのとき、きちんとしたところであれば、明快な答えが返ってくるはずです。
バルブタイミングを合わせるという意味は、指定のコマ数に合わせる作業ということではありません。コマ数を合わせるなんていうのは至極当たり前のことであって、調整などではありません。
良く、分解してみたらコマ数が合っていなかったからバルブタイミングを合わせたなどという話を見聞しますが、コマ数を間違えているなんていうレベルは、ただの組み間違いですから、それを直す作業は単なる修理に過ぎないのです。




GS750用キットの開発開始が決定しました。
ボア径から検討しますが、たとえば、75mmなら996cc、77mmが入れば1050cc・・・超ド級のGS750にしますよ!!



※ SOHCエンジニアリング製のカワサキZ、チューンドコンプリートエンジンをデリバリーすることとしました。
エンジン屋としてはプロ中のプロである渡辺さんが、全てをマネジメントするスペシャルなエンジンとなります。詳細はこちらをご覧ください。
1か月に1~2機しか仕上げることはできませんので、完全予約制となります。
SOHCエンジニアリング製チューンドコンプリートエンジン



ローンのご相談もいただくことが少なくありませんが、この、スルガ銀行のカスタム&メンテナンスローンなどをご利用いただければと思います。
信販系よりも、金利も有利な設定になっているようです。

スルガ銀行のカスタム&メンテナンスローン





単気筒用マルチスパークアンプ(MSA)のご予約を受け付けています。
自信を持ってのデリバリーです。
詳細は、こちらをご覧ください。
単気筒用MSAの予約受付について




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事をお読みになったら、一日ワンクリックをお忘れなきようにお願いします。皆様のご支援が、記事更新の原動力となっております。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑








1回の点火タイミングに複数回の火花を飛ばすことで、点火能力を飛躍的に向上させることができる・・・ご注文は、下記をご覧ください。現在は、在庫を確保しておりますので、即納可能です。


マルチスパークアンプ(MSA)4気筒用の注文受付について



マルチスパークアンプ(MSA)については、こちらのカテゴリーにまとめていますので、ぜひお読みになってください。
マルチスパークアンプ

すでに装着された方々のインプレはこちらにまとめてあります。これは必見です!!!

マルチスパークアンプ(MSA)インプレ集


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



CRキャブレター用「Mノズル」、新型となってさらなるパフォーマンスアップを果たしました。
価格
1個 4,200円(税込)




RIMG1314.jpg



CRキャブレターのパフォーマンスを劇的に向上させることができる「Mノズル」発売以来、1年半の間に2,000個をデリバリーするほどにご支持をいただいてきましたが、今回、さらにパフォーマンス向上を実現したニューバージョンへと進化を遂げました。



インプレ集(必読です)
・新型Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1255.html
・Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

ご注文に際しては、下記の事項について記載の上、メールにてお願いいたします。
事務処理の都合上、身内も含めて、これまでにお取引のある方についても、所定事項について漏れなくご回答の上、必ずメールにてお願いします。
装着要領及びリセッティングガイダンスとともに、ご購入のご案内を返信いたします。

・郵便番号
・ご住所
・お名前
・電話番号
・CRキャブレター口径
・使用マシン(含エンジン仕様)
・Mノズルの個数




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
価格
ツインリード  1個 28,980円
クワッドリード 1個 49,980円
その他、オイルセパレーター等のオプションパーツについてはお問い合わせください。



prv02.jpg



クランクケース内圧が、いかにエンジンのパフォーマンスを阻害していたのか・・・これを装着して走り出した瞬間に実感するに違いありません。
この、圧倒的な効果を誰にでも体感させてくれる、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」についての検証と実験の経過はここにまとめてありますので、どうぞご覧ください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-1.html
すでに定評を得たこの部品ですが、まめしばならではのノウハウをもとに提供することができます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・オイル添加剤 「プロメディック」
1L~8,400円
500ml~4,725円
250ml~2,625円
・燃料添加剤 「トップルーブ1000」
1L~17,850円
150ml~3,150円

この手の添加剤、巷には様々な種類が出回っていますし、その評価も様々です。
また、そもそも、こういうものを好まない主義の方もいますよね・・・私もそうでした。
きちんと組んだエンジンに的確なセッティングを施し、優れたエンジンオイルを使用していれば、それに優るものはない・・・そう考えていたのですが、ルブロス製品にはちょっと驚かされたというのが本音です。
すでに私も中毒患者・・・

RIMG1306.jpg
RIMG1308.jpg


この、プロメディックを始めとするルブロス製品については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。費用対効果という観点からも、極めて優れたものと感じています。
ルブロス製品




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。


〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234





拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
3位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ