Entries

SOHCエンジニアリング製ピストンにWPC+Mos2処理


ピストンへのWPC+Mos2処理について、その効果を疑問視する声もあるところです。
先日にも書きました。
ただ、
「処理したけれど焼き付いた・・・あんなの意味ないよ・・・」
という話については、異論があります。
処理と焼き付きの間には、何の因果関係もありません。
クリアランス設定をはじめ、点火時期やキャブセッティングを誤れば、たとえどのような処理をしたとしても焼き付きは発生します。
何かの後処理をすれば、それにまつわる全てのトラブルが解消するという期待そのものが間違っているのです。

ピストンとシリンダーに関連する全ての設定を適正なものにした上で、さらなる機能向上を得るためにエキストラコストを投じ、その効果を期待するというのが本来の姿なのです。

たとえば、ホンダ製四輪車であるフィットに搭載されたエンジンでは、ピストンにWPC+Mos2処理が行われています。
低燃費性を向上させる目的において、フリクションロスを低減するためにホンダが採用したのですが、この処理をしたからフィットの燃費が良いわけではないのです。
低燃費性をこの車のコンセプトとして、設計からなにから全てをその目的に向かわせた、そのひとつの手法がWPC+Mos2処理だったということです。

レーシングマシンでは、組み立てた直後にならしもそこそこに全開走行を余儀なくされます。ストリートマシンのように、1,000kmもならしをする時間も場所もないからです。
そういうケースにおいて、WPC+Mos2処理をすると、ピストンのアタリがきれいに出るというのは事実です。
では、じっくりとならしをするストリートマシンにおいて、それは無意味なのか・・・いや、決してそのようなことはありません。いきなり全開にしてもきれいにアタリが出るということは、じっくりならしをすれば、さらに良いアタリが出るということです。
価値観は人それぞれですが、そういう効果を期待してエキストラコストを負担するという選択はあって良いものと考えています。


GS1000エンジンのSTDボアは70mm、排気量は998cc、出力は90PSです。
それを、今回のエンジンでは、エンジンのキャパ一杯の77mmまでボアアウトし、圧縮比も11.5まで上げます。予想される出力は140PS程度・・・
これまでの常識では、およそ長持ちはしないというところでしょうね。たぶん、3万kmも持てばと言われるのでしょう。がしかし、それを私は10万km以上、いや、STDエンジンよりも高い耐久性を得ようと目論んでいます。
結果としてどうなるのかは走ってみないことにはわかりませんが、そういうコンセプトを掲げた以上、それに向かって全てを整合させようと考えています。


さて、処理を終えたピストン、そして、すでに完成しているシリンダーです。
こうなってくると、いよいよワクワクしてきます。

P1010163.jpg






ピストンのディティールをどうぞ・・・美しい・・・

P1010148.jpg

P1010144.jpg

P1010145.jpg

P1010146.jpg

P1010150.jpg






DLC処理のピストンピンとのコントラストも・・・

P1010159_201309251421563f9.jpg







シリンダーに落とし込んでみました。
ピストンクリアランスは100分の5mm、それも、渡辺さん渾身の精度です。
どのシリンダーに入れても、同じ速度でスゥ~ッと落ちて行きます。

P1010165.jpg

P1010166.jpg






ピストンの画像をみて気づいた方もおられるかと思いますが、気筒を指定する番号などは書いてありません。
どのピストンをどのシリンダーに入れてもいいのです。
渡辺さんは、自分の作ったピストンに合わせてボーリングをするとき、全てのシリンダーを同じサイズで仕上げます。
なぜって・・・ピストンのサイズも全て同じだからです。




Z用75mmキット、次回ロットの予約締切は本日です。
コンプリート製作も、とりあえずこれを押さえなくてはできません。
それから、GS750用キットの開発開始が決定しました。
ボア径から検討しますが、たとえば、75mmなら996cc、77mmが入れば1050cc・・・超ド級のGS750にしますよ!!







※ SOHCエンジニアリング製のカワサキZ、チューンドコンプリートエンジンをデリバリーすることとしました。
エンジン屋としてはプロ中のプロである渡辺さんが、全てをマネジメントするスペシャルなエンジンとなります。詳細はこちらをご覧ください。
1か月に1~2機しか仕上げることはできませんので、完全予約制となります。
SOHCエンジニアリング製チューンドコンプリートエンジン



SOHCエンジニアリング製、Z用75mmピストンキットについては、10月中旬から下旬をデリバリー予定としていますが、その予約締切は9月25日となります。Z2ショートストローククランク用75mmも同様ですので、検討中の方々は、お早目の確保をお願いいたします。
ピストンを確保しなければ、コンプリートエンジン製作もできませんので・・・




ローンのご相談もいただくことが少なくありませんが、この、スルガ銀行のカスタム&メンテナンスローンなどをご利用いただければと思います。
信販系よりも、金利も有利な設定になっているようです。

スルガ銀行のカスタム&メンテナンスローン





単気筒用マルチスパークアンプ(MSA)のご予約を受け付けています。
自信を持ってのデリバリーです。
詳細は、こちらをご覧ください。
単気筒用MSAの予約受付について




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事をお読みになったら、一日ワンクリックをお忘れなきようにお願いします。皆様のご支援が、記事更新の原動力となっております。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑








1回の点火タイミングに複数回の火花を飛ばすことで、点火能力を飛躍的に向上させることができる・・・ご注文は、下記をご覧ください。現在は、在庫を確保しておりますので、即納可能です。


マルチスパークアンプ(MSA)4気筒用の注文受付について



マルチスパークアンプ(MSA)については、こちらのカテゴリーにまとめていますので、ぜひお読みになってください。
マルチスパークアンプ

すでに装着された方々のインプレはこちらにまとめてあります。これは必見です!!!

マルチスパークアンプ(MSA)インプレ集


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



CRキャブレター用「Mノズル」、新型となってさらなるパフォーマンスアップを果たしました。
価格
1個 4,200円(税込)




RIMG1314.jpg



CRキャブレターのパフォーマンスを劇的に向上させることができる「Mノズル」発売以来、1年半の間に2,000個をデリバリーするほどにご支持をいただいてきましたが、今回、さらにパフォーマンス向上を実現したニューバージョンへと進化を遂げました。



インプレ集(必読です)
・新型Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1255.html
・Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

ご注文に際しては、下記の事項について記載の上、メールにてお願いいたします。
事務処理の都合上、身内も含めて、これまでにお取引のある方についても、所定事項について漏れなくご回答の上、必ずメールにてお願いします。
装着要領及びリセッティングガイダンスとともに、ご購入のご案内を返信いたします。

・郵便番号
・ご住所
・お名前
・電話番号
・CRキャブレター口径
・使用マシン(含エンジン仕様)
・Mノズルの個数




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
価格
ツインリード  1個 28,980円
クワッドリード 1個 49,980円
その他、オイルセパレーター等のオプションパーツについてはお問い合わせください。



prv02.jpg



クランクケース内圧が、いかにエンジンのパフォーマンスを阻害していたのか・・・これを装着して走り出した瞬間に実感するに違いありません。
この、圧倒的な効果を誰にでも体感させてくれる、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」についての検証と実験の経過はここにまとめてありますので、どうぞご覧ください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-1.html
すでに定評を得たこの部品ですが、まめしばならではのノウハウをもとに提供することができます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・オイル添加剤 「プロメディック」
1L~8,400円
500ml~4,725円
250ml~2,625円
・燃料添加剤 「トップルーブ1000」
1L~17,850円
150ml~3,150円

この手の添加剤、巷には様々な種類が出回っていますし、その評価も様々です。
また、そもそも、こういうものを好まない主義の方もいますよね・・・私もそうでした。
きちんと組んだエンジンに的確なセッティングを施し、優れたエンジンオイルを使用していれば、それに優るものはない・・・そう考えていたのですが、ルブロス製品にはちょっと驚かされたというのが本音です。
すでに私も中毒患者・・・

RIMG1306.jpg
RIMG1308.jpg


この、プロメディックを始めとするルブロス製品については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。費用対効果という観点からも、極めて優れたものと感じています。
ルブロス製品




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。


〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234





拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

Comment

Re: ザッパー屋の誇り! 855キット渡辺エンジン 

設計から40年近くも経過したあとに、ここまでいじり倒されるというだけでも名機の証ですよね!!
  • posted by mameshiba198 
  • URL 
  • 2013.10/05 10:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

ザッパー屋の誇り! 855キット渡辺エンジン 

ザッパーを愛し 峠を愛する ザッパー屋は
その走りに魅了されているのですが、現実としてザッパーの
特にボアアップエンジンは使い捨てエンジン!と認識していまして
Zエンジンにひけ目を感じていました。
でも!でも!でも!
855キットの渡辺エンジンは一生物の世界最高のエンジンです!
このエンジンが存在するだけでザッパー屋は誇りを持てます!
ZエンジンもZAPPERエンジンも同じ稲村さんのエンジン。
もう2013年なのにファクトリーまめしばで新しい生命を吹き込まれ、 ・・・また峠でバトルしてやがる!
きっと稲村さんも笑っておられるでしょうね。
  • posted by GS400 
  • URL 
  • 2013.09/25 21:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
13位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
3位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ