Entries

ドゥカティ900SS(ベベルツイン)にV-UP16&リレーハーネスを装着(インプレ付)


ここのところ、理屈っぽいエンジン関係ネタが続いていましたので、今日は抜けるような秋空のごとく爽やかな画像とともにお送りしましょう。

先週のことです。
東京都にお住まいのTさんという方から、愛車のドゥカティ900SSにV-UP16を装着できないかというご相談をいただきました。
ご存知のように、ファクトリーまめしばには作業を受け入れる作業場環境がありませんので、基本的には装着やセッティング作業を仕事として受け入れる体制がありません。
しかし、私自身が、このマシンに興味津々だったということもあり、箱根あたりで待ち合わせして、そこで装着作業をすることと相成ったのです。

この日の箱根は、もうこれ以上の天気はないというくらいに、爽やかに晴れ渡っていました。気持ちいい・・・

そこへ現れたのは、実に素晴らしい900SSです。
こんな、ミントコンディションのマシンですが、磨いて眺めるのではなく、ここ箱根や伊豆を走り回っているそうです。また、オーナーのTさんは、750F1モンジュイなども乗り継いだという、筋金入りのドゥカティスタですので、このマシンの酸いも甘いも知り尽くしているところです。

P1050020.jpg






早速タンクや外装を外します。
シンプルかつ高剛性のフレームワークが美しいです。
この時代、まだまだ駆け出したばかりの日本製オートバイと比較しても、このマシンは別格のスーパースポーツでした。
事実、世界中のTT-F1レースで大活躍しましたし、あの、マイクヘイルウッドがマン島TTで復活優勝を果たしたのもこのマシンでした。
そして、黎明期であったAMAスーパーバイクにおいても、パワーはあるものの、未完成な車体ゆえにウォブルやウィービングに悩まされていた日本製4気筒マシンは、この900SSに敵うことはなかったのです。
当時、世界最速レベルのスーパースポーツマシン、レーサーレプリカということです。
私の年代感覚では、こんな雲の上マシンには、触るどころか近づくことすら恐れ多いというもの・・・

P1050026.jpg







V-UP16のユニット本体はここに装着しました。

P1050024.jpg






点火コイルは前後気筒用にそれぞれ1個ずつ装備されています。
この2個のコイルに、V-UP16によって昇圧された16vがかけられることになります。
点火コイルに火花を飛ばすための二次側電圧は、一次側電圧×巻き数比にて生じますので、一次側を昇圧すれば、×巻き数比分が二次側に反映されます。

P1050025.jpg






ちなみに、STD状態では、バッテリー端子間電圧が12.5vに対し、点火コイル一次側には11.7v程度に降圧していました。各接点やハーネスによるロスが相当に大きい状態ということです。
そこで、点火系リレーハーネスを使って、バッテリーからダイレクトにV-UP16入力側に接続してやります。
これは、効率向上という効果はもちろんのこと、信頼性向上やメインハーネス、各接点への負担軽減というメリットも発揮しますので、古めのマシンでは必須のものです。

全ての装着を完了し、エンジンを始動させてみました。
Tさんによれば、
アイドリング時から音が違うし、レーシングさせた時のフィーリングも明らかに力強くなっているとのことです。

P1050022.jpg







さて、いよいよシェイクダウン走行です。
動画にてご覧ください。










ターンパイクを往復するというシェイクダウンから戻ってきたTさん、もうニコニコです。

P1050031.jpg







以下は、Tさんからいただいたインプレメールです。
なんと、翌日も伊豆箱根を走り、改めて冷静かつシビアな目で再検証するというあたりもさすがです。



先日は快晴の大観山でのV-UP16及びリレーの取り付けありがとうございました。
また、貴重な時間をいただいたことに感謝しています。
さて、取り付け後の感じはお話しましたように良好でしたが、嬉しさのあまりプラセボ効果ではないかと感じていたところ、友人からツーリングの誘いがあり、取り付けの翌日参加となりました。実はこの友人は安全運転であり絶好の確認機会となった訳です。ルートは箱根新道、伊豆スカ経由西伊豆であります。
ここで感じたことを下記に記載します。
1)始動性
いつもと変わらずキック1発 しかし、一度熱が入った後の再始動は良好と思われる。
2)ドライバビリティー
スナッチは取り付け前とほぼ同一である。別段トルクUPした感覚はなし。
しかし、高負荷となる上り坂では眼を見張るものがあります。新道、伊豆スカ入口まで車が少なかったとは言えトップで登ることが可能でした。決してエンジンに良いとは言えませんが、取り付け前では行う気持ちさえありませんでした。感覚でお伝えすると、まるで、ラバーマウントされた車体の如くです。
なんか、ハーレーのような感覚・・・・
3)安定性
デロルト直キャブそしてユルイキャブと言う感じで、今までは規則性の中に不規則性が混在するような感じで、まれに、「おっとっと」なり信号待ちで腕組みをしていると焦るときがありましたが、取り付け後には整然とアイドリングしている所を見ていると腕組みをして「うんうん」と頷いている自分がいます。

まとめとして、人間に例えるならインナーマッスルを鍛えた感じでしょうか?
以上、感覚的であり、定量的ではないかもしれませんが・・・・
ツイン用のMSAを期待しています。なにより、不安要素が払拭され信頼性が増したことが最高です。





ファクトリーまめしばの現状において、最大の懸案事項は、このようにして装着やセッティング作業の受け皿としての機能を持たないという点にあります。
現在は、この解決に向け、ひとつのプロジェクトを推進中・・・





Z用75mmキット、次回ロットの予約締切は9月25日です。
コンプリート製作も、とりあえずこれを押さえなくてはできません。
それから、GS750用キットの開発開始が決定しました。
ボア径から検討しますが、たとえば、75mmなら996cc、77mmが入れば1050cc・・・超ド級のGS750にしますよ!!







※ SOHCエンジニアリング製のカワサキZ、チューンドコンプリートエンジンをデリバリーすることとしました。
エンジン屋としてはプロ中のプロである渡辺さんが、全てをマネジメントするスペシャルなエンジンとなります。詳細はこちらをご覧ください。
1か月に1~2機しか仕上げることはできませんので、完全予約制となります。
SOHCエンジニアリング製チューンドコンプリートエンジン



SOHCエンジニアリング製、Z用75mmピストンキットについては、10月中旬から下旬をデリバリー予定としていますが、その予約締切は9月25日となります。Z2ショートストローククランク用75mmも同様ですので、検討中の方々は、お早目の確保をお願いいたします。
ピストンを確保しなければ、コンプリートエンジン製作もできませんので・・・




ローンのご相談もいただくことが少なくありませんが、この、スルガ銀行のカスタム&メンテナンスローンなどをご利用いただければと思います。
信販系よりも、金利も有利な設定になっているようです。

スルガ銀行のカスタム&メンテナンスローン





単気筒用マルチスパークアンプ(MSA)のご予約を受け付けています。
自信を持ってのデリバリーです。
詳細は、こちらをご覧ください。
単気筒用MSAの予約受付について




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
このアイコンをポチッとネ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
記事をお読みになったら、一日ワンクリックをお忘れなきようにお願いします。皆様のご支援が、記事更新の原動力となっております。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑








1回の点火タイミングに複数回の火花を飛ばすことで、点火能力を飛躍的に向上させることができる・・・ご注文は、下記をご覧ください。現在は、在庫を確保しておりますので、即納可能です。


マルチスパークアンプ(MSA)4気筒用の注文受付について



マルチスパークアンプ(MSA)については、こちらのカテゴリーにまとめていますので、ぜひお読みになってください。
マルチスパークアンプ

すでに装着された方々のインプレはこちらにまとめてあります。これは必見です!!!

マルチスパークアンプ(MSA)インプレ集


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



CRキャブレター用「Mノズル」、新型となってさらなるパフォーマンスアップを果たしました。
価格
1個 4,200円(税込)




RIMG1314.jpg



CRキャブレターのパフォーマンスを劇的に向上させることができる「Mノズル」発売以来、1年半の間に2,000個をデリバリーするほどにご支持をいただいてきましたが、今回、さらにパフォーマンス向上を実現したニューバージョンへと進化を遂げました。



インプレ集(必読です)
・新型Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-1255.html
・Mノズル
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-813.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-817.html
http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-entry-824.html

ご注文に際しては、下記の事項について記載の上、メールにてお願いいたします。
事務処理の都合上、身内も含めて、これまでにお取引のある方についても、所定事項について漏れなくご回答の上、必ずメールにてお願いします。
装着要領及びリセッティングガイダンスとともに、ご購入のご案内を返信いたします。

・郵便番号
・ご住所
・お名前
・電話番号
・CRキャブレター口径
・使用マシン(含エンジン仕様)
・Mノズルの個数




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



クランクケース減圧バルブ「レデューサー」
価格
ツインリード  1個 28,980円
クワッドリード 1個 49,980円
その他、オイルセパレーター等のオプションパーツについてはお問い合わせください。



prv02.jpg



クランクケース内圧が、いかにエンジンのパフォーマンスを阻害していたのか・・・これを装着して走り出した瞬間に実感するに違いありません。
この、圧倒的な効果を誰にでも体感させてくれる、クランクケース減圧バルブ「レデューサー」についての検証と実験の経過はここにまとめてありますので、どうぞご覧ください。

http://mameshiba198.blog129.fc2.com/blog-category-1.html
すでに定評を得たこの部品ですが、まめしばならではのノウハウをもとに提供することができます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・オイル添加剤 「プロメディック」
1L~8,400円
500ml~4,725円
250ml~2,625円
・燃料添加剤 「トップルーブ1000」
1L~17,850円
150ml~3,150円

この手の添加剤、巷には様々な種類が出回っていますし、その評価も様々です。
また、そもそも、こういうものを好まない主義の方もいますよね・・・私もそうでした。
きちんと組んだエンジンに的確なセッティングを施し、優れたエンジンオイルを使用していれば、それに優るものはない・・・そう考えていたのですが、ルブロス製品にはちょっと驚かされたというのが本音です。
すでに私も中毒患者・・・

RIMG1306.jpg
RIMG1308.jpg


この、プロメディックを始めとするルブロス製品については、こちらにまとめてありますので、どうぞご覧になってください。費用対効果という観点からも、極めて優れたものと感じています。
ルブロス製品




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファクトリーまめしばスペシャルパーツのリンクはコチラです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ファクトリーまめしばスペシャルパーツ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

これらの部品や作業等に関する各種お問い合わせは、
mameshiba198★gmail.com(★に@を入れてください)
までどうぞご遠慮なくメールをお送りいただくか、直接お電話をください。


〒253-0051
神奈川県茅ヶ崎市若松町3-16-502
ファクトリーまめしば
090-3342-1234





拍手もどうぞよろしく!!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

mameshiba198

Author:mameshiba198
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
車・バイク
6位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ